現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

アドレス空間の特定のモジュールは、SQL Server に読み込まれている場合は、パフォーマンスと一貫性の問題

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2033238
現象
Microsoft SQL Server プロセスのアドレス空間 (Sqlservr.exe) に特定のモジュールがロードされると、次の現象が発生する可能性があります。
  • さまざまなハングに関連するエラー メッセージおよび条件 (たとえば、SQL Server スケジューラのようなメッセージ 17883、アプリケーションのタイムアウト メッセージのブロック内での SQL Server の重大な) のレポート
  • SQL Server の同時実行負荷量が異常に多い場合でも非常に低速の応答
  • 例外 (アクセス違反) など、データベースの整合性に関する重大なエラー メッセージ、アサーション メッセージまたは予期しないプロセスの終了
  • 100% の CPU 使用率とデータベースの回復時間が長く SQL Server でメモリ内の OLTP テーブルを使用する場合
原因
アプリケーションまたはその他の SQL Server を実行しているサーバーにインストールされているソフトウェアは、SQL Server プロセス (Sqlservr.exe) に特定のモジュールを読み込むことができますので、これらの問題が発生します。特定のビジネス ロジックの要件、機能強化、または侵入の監視を達成するためには、これを行うことがあります。これらのモジュールは、detouring の重要な Win32 Api および SQL Server ルーチンでは、危険な Api を呼び出すことは、サポートされていないアクティビティを実行します。さらに、これらのモジュール内でいくつかの固有の問題には、正常に機能する SQL Server プロセスに必要なさまざまなメモリ構造の破損があります。
回避策
警告 この回避策によって、コンピューターやネットワークが、悪意のあるユーザーやウイルスなどの悪質なソフトウェアからの攻撃を受けやすくなる場合があります。この資料の情報は、ユーザーが記載されている回避策を自己の判断で使用することを前提に提供されているものであり、この回避策をお勧めするものではありません。この回避策は、自己の責任において使用してください。

この問題を回避するには、以下の手順を実行します。
  1. SQL Server プロセスに読み込まれているモジュールを特定し、問題の原因となっています。
  2. 対象のモジュールには、以下の操作を実行します。
    1. SQL Server プロセスに特定のモジュールをロードしないようにアプリケーションを構成します。
    2. モジュールまたは更新をチェックするアプリケーションのベンダーに問い合わせてください。利用可能な更新プログラムを適用します。
    3. いくつかのまれな状況では、モジュールと SQL Server のプロセスとシステムの安定性を復元するのにはその関連のソフトウェアを削除する必要があります。
    注: <b> いくつかのインスタンスでは、これらの操作を実行する必要があります。
詳細
マイクロソフト製品サポート サービス (CSS) チームは、「現象」に記載されている現象の原因となる次モジュールを確認しました。新しい問題が発見されたときは、このリストが更新されます。このリストは、「解決方法」セクションに記載されているプロセスを識別するために提供されます。通常、このプロセスには、問題の診断およびトレース データの反復的なセットのコレクションが含まれます。

次のモジュールは、SQL Server プロセスに読み込まれたときのパフォーマンスと安定性の問題に発生します。
  • ENTAPI。DLL
    ENTAPI。McAfee VirusScan エンタープライズを Microsoft SQL Server を実行しているサーバーにインストールする場合、SQL Server プロセスに DLL が読み込まれ、SQL Server を監視するには、このソフトウェアを構成します。このモジュールが読み込まれると、重要な Win 32 Api は、SQL Server プロセス内も detoured します。SQL Server プロセスに、このモジュールがロードされていることを確認する場合は、さまざまな高度な監視から、バッファー オーバーフロー保護機能など、SQL Server (Sqlservr.exe) を除外するのには、McAfee VirusScan エンタープライズを構成します。
  • HIPI。DLL、HcSQL.dll、HcApi.dll、HcThe.dll
    これらの DLL ファイルは、SQL Server と同じシステムに McAfee ホスト侵入防止ソフトウェアをインストールする場合、SQL Server プロセスに読み込まれます。SQL Server プロセスに、このモジュールがロードされていることを確認する場合は、McAfee のホスト侵入防止の監視リストから SQL Server (Sqlservr.exe) を除外するを構成します。
  • SOPHOS_DETOURED。DLL と SOPHOS_DETOURED_x64。DLL では、 SWI_IFSLSP_64.dll
    これらの DLL ファイルは、SQL Server を実行しているサーバーに Sophos ウイルス対策プログラムをインストールする場合、SQL Server プロセスに読み込まれます。SQL Server プロセスに、このモジュールがロードされていることを確認することができます。 AppInit_Dlls を構成します。 SQL Server プロセスにこのモジュールが読み込まれないようにするのにはレジストリ サブキーです。
  • PIOLEDB。DLL と PISDK。DLL
    これらの DLL ファイルは、PI の OLEDB プロバイダーを使用して、PI のサーバーからデータにアクセスする場合、または PI SDK を使用する拡張ストアド プロシージャを使用する場合、SQL Server プロセスに読み込まれます。SQL Server プロセスにこれらのモジュールがロードされていることを確認する場合は、アウト プロセス プロバイダーと ole DB プロバイダーを構成するのにはこれらのモジュールのベンダーに問い合わせてください。この構成は、SQL Server プロセスにこれらのモジュールをロードする必要がないようにするのに役立ちます。
この資料に記載されているアプリケーション ・ ソフトウェアで、Sqlservr.exe の除外ポリシーを設定する方法の詳細については、製品マニュアルを参照してくださいまたはソフトウェアの製造元にお問い合わせください。

次の表は、製品または SQL Server のインスタンスでは、ルールの評価対象となる SQL Server のバージョンでは、この条件を自動的にチェックするツールの詳細を提供します。

ルールのソフトウェアルールのタイトル仕訳ルールの説明ルールの評価対象となる製品のバージョン
System Center のアドバイザーサーバーの安定性の問題を引き起こす可能性のある SQL Server に読み込まれたモジュールSystem Center のアドバイザーは、この資料に記載されている Dll のリストが SQL Server プロセスに読み込まれたかどうかを決定します。Advisor のアラートの「情報収集」セクションに記載されている情報を確認し資料に記載されている必要な構成変更を行います。SQL Server 2008
SQL Server 2008 R2
SQL Server 2012
SQL Server 2008 R2 ベスト プラクティス アナライザー (SQL Server 2008 R2 BPA)Windows API 呼び出しを傍受SQL Server 2008 R2 ベスト プラクティス アナライザー (SQL Server 2008 R2 BPA) は、SQL Server 内に読み込まれるバッファー オーバーフロー保護機能をサポートするためにモジュールを検出するルールを提供します。BPA ツールを実行して、「エンジン」の Windows API 呼び出しを傍受すると、のタイトルは、警告メッセージが表示される場合は、SQL Server の内部バッファー オーバーフロー保護機能をサポートするためにモジュールが読み込まれます。BPA では、「%entapi.dll%」として sys.dm_os_loaded_modules の動的管理ビュー (DMV) に記載のような名前を持つすべてのモジュールを検索しながら、これを検出します。SQL Server 2008
SQL Server 2008 R2
SQL Server 2012
SQL Server 2012 のベスト プラクティス アナライザー (SQL Server 2012 BPA)Windows API 呼び出しを傍受SQL Server 2012 BPA では、この資料に記載されている Dll のリストが SQL Server プロセスに読み込まれたかどうかを決定するルールを提供します。実行する場合および BPA ツール「エンジン」の Windows API 呼び出し傍受のタイトル、警告メッセージが表示される、BPA の文を「問題」に記載されている情報を確認および資料に記載されている必要な構成変更を行います。SQL Server 2012

この資料に記載されているサードパーティ製品は、マイクロソフトと関連のない他社の製品です。明示または黙示にかかわらず、これらの製品のパフォーマンスや信頼性についてマイクロソフトはいかなる責任も負わないものとします。

この資料が提供する情報と解決方法は、発行日の時点でのこれらの問題に関するマイクロソフトの見解を示すものです。この解決方法は、Microsoft またはサード パーティのプロバイダーを通じて利用可能です。マイクロソフトは、この資料に記載されているサード パーティ プロバイダーまたはサード パーティの解決方法を特に推奨していません。この資料に記載されている以外に、他のサード パーティ プロバイダーまたはサード パーティのソリューションが存在する場合もあります。マイクロソフトは変化する市場状況に対応しており、この情報はマイクロソフトが確約したものとみなされるべきではありません。マイクロソフトは、この資料で言及されたサード パーティプロバイダーまたは マイクロソフト によって提供された情報または解決方法の正確性を保証できません。

マイクロソフトは、明示的、黙示的、法定的であるかを問わず、一切の保証を行わず、すべての表現、保証、および条件を除外します。それらには、任意のサービス、ソリューション、製品、その他資料または情報に関する表現、保証、もしくは権原、非侵害、満足、商品性、特定目的との適合性の条件を含みますが、それらに限定されません。マイクロソフトは、いかなる場合においても、この資料に記載されているサード パーティ ソリューションに対する責任を負いません。
関連情報
SQL Server のサポート ポリシーの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事に移動する次の資料番号をクリックします。

SQL Server プロセスの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事に移動する次の資料番号をクリックします。

198891 SQL Server プロセス外部の DLL ベースの COM オブジェクトを実行する方法
243428 移動する方法は、プロセスの外部ストアド ・ プロシージャを拡張

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2033238 - 最終更新日: 08/31/2016 12:06:00 - リビジョン: 5.0

Microsoft SQL Server 2005 Developer Edition, Microsoft SQL Server 2005 Enterprise Edition, Microsoft SQL Server 2005 Enterprise Edition for Itanium Based Systems, Microsoft SQL Server 2005 Enterprise X64 Edition, Microsoft SQL Server 2005 Express Edition, Microsoft SQL Server 2005 Express Edition with Advanced Services, Microsoft SQL Server 2005 Standard Edition, Microsoft SQL Server 2005 Standard X64 Edition, Microsoft SQL Server 2005 Workgroup Edition, Microsoft SQL Server 2008 Developer, Microsoft SQL Server 2008 Enterprise, Microsoft SQL Server 2008 Express, Microsoft SQL Server 2008 Express with Advanced Services, Microsoft SQL Server 2008 R2 Datacenter, Microsoft SQL Server 2008 R2 Developer, Microsoft SQL Server 2008 R2 Enterprise, Microsoft SQL Server 2008 R2 Express, Microsoft SQL Server 2008 R2 Express with Advanced Services, Microsoft SQL Server 2012 Analysis Services, Microsoft SQL Server 2012 Business Intelligence, Microsoft SQL Server 2012 Developer, Microsoft SQL Server 2012 Enterprise, Microsoft SQL Server 2012 Express, Microsoft SQL Server 2012 Standard, Microsoft SQL Server 2012 Web, Microsoft SQL Server 2012 Enterprise Core

  • kbmt KB2033238 KbMtja
フィードバック