現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

TCP/IP を介する SMB のダイレクト ホスト

Windows XP のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Windows XP のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP204279
概要
Windows は、TCP 上でダイレクト ホストされるサーバー メッセージ ブロック (SMB) プロトコルを使用して、ファイルとプリンタの共有トラフィックをサポートします。これは、SMB トラフィックに TCP/IP トランスポート上で機能する NetBIOS over TCP (NBT) プロトコルを必要とする以前のオペレーティング システムとは異なります。NetBIOS トランスポートを除去することには、次のようないくつかの利点があります。
  • SMB トラフィックの伝送が簡単になる。
  • 名前解決の手段としての WINS および NetBIOS ブロードキャストが不要になる。
  • DNS によるファイルとプリンタの共有の名前解決が標準化される。
ダイレクト ホストと NBT インターフェイスの両方を有効にした場合、両方の方法が同時に試行され、最初に応答した方が使用されます。これにより、Windows は、SMB トラフィックのダイレクト ホストをサポートしないオペレーティング システムと共に正しく機能します。
詳細
NetBIOS over TCP は従来、次のポートを使用します。
   nbname            137/UDP   nbname            137/TCP   nbdatagram        138/UDP   nbsession         139/TCP				
ダイレクト ホストの "NetBIOS なし" SMB トラフィックはポート 445 (TCP および UDP) を使用します。この場合、SMB トラフィックの先頭に 4 バイト ヘッダーが付きます。このヘッダーの先頭バイトは、常に 0x00 であり、次の 3 バイトは、残りのデータの長さです。

以下の手順を使用して、NetBIOS over TCP/IP を無効にします。この手順では、すべての SMB トラフィックをダイレクト ホストさせることができます。この設定を行うと、Windows ベースのコンピュータが、SMB トラフィックを使用する初期のオペレーティング システムと通信できなくなるため、注意してください。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[設定] をポイントし、[ネットワークとダイヤルアップ接続] をクリックします。
  2. [ローカル エリア接続] を右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
  3. [インターネット プロトコル (TCP/IP)] をクリックして、[プロパティ] をクリックします。
  4. [詳細設定] をクリックします。
  5. [WINS] タブをクリックし、[NetBIOS over TCP/IP を無効にする] をクリックします。
また、マイクロソフトのベンダ固有のオプションのコード 1 (NetBIOS over TCP/IP を無効にする) と共に DHCP サーバーを使用することにより、NetBIOS over TCP/IP を無効にすることもできます。このオプション コードの値を 2 にすると、NBT が無効になります。この方法の詳細については、Windows の DHCP サーバーのヘルプ ファイルを参照してください。

Windows ベースのコンピュータ上で、NetBIOS over TCP/IP が有効かどうかを確認するには、コマンド プロンプトで net config redirector コマンドまたは net config server コマンドを入力します。これらのコマンドの出力には、NetbiosSmb デバイス ("NetBIOS なし" トランスポート) と NetBT_Tcpip デバイス (NetBIOS over TCP トランスポート) のバインドが示されます。たとえば次の出力例には、アダプタへのダイレクト ホストと NBT トランスポートの両方のバインドが示されています。
   アクティブなネットワーク (ワークステーション)      NetbiosSmb (000000000000)      NetBT_Tcpip_{610E2A3A-16C7-4E66-A11D-A483A5468C10} (02004C4F4F50)      NetBT_Tcpip_{CAF8956D-99FB-46E3-B04B-D4BB1AE93982} (009027CED4C2)				
NetBT_Tcpip は、各アダプタに個別にバインドされます。NetBT_Tcpip のインスタンスは、それがバインドされているネットワーク アダプタごとに示されます。NetbiosSmb はグローバル デバイスであり、アダプタ単位でバインドされません。つまり、Windows では Microsoft ネットワーク用のファイルとプリンタの共有サービスを完全に無効にしないと、ダイレクト ホストされる SMB を無効にできません。
プロパティ

文書番号:204279 - 最終更新日: 05/19/2006 08:22:00 - リビジョン: 4.1

Microsoft Windows 2000 Server, Microsoft Windows 2000 Advanced Server, Microsoft Windows 2000 Professional, Microsoft Windows XP Home Edition, Microsoft Windows XP Professional, Microsoft Windows XP Professional x64 Edition, Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86), Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86), Microsoft Windows XP 64-Bit Edition Version 2003

  • kbinfo kbenv kbnetwork KB204279
フィードバック
amp;t=">