Access 2000 ではプログラムで Schema.ini ファイルを作成する方法

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:210001
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
この資料の Microsoft Access 97 バージョンは、参照してください。 155512.
警告: 基本的なマクロを必要があります。コーディング、および相互運用性のスキルとします。

この資料にのみに適用されます、Microsoft Access データベース (.mdb) です。

概要
ここでは、プロシージャを記述する方法について説明します、データベース内の既存のテーブルに基づいて、Schema.ini ファイルを作成します。
詳細
Microsoft プログラミング例としては、明示または黙示の保証もないだけを提供します。これを含むが、商品性や特定目的への適合性の黙示的な保証に制限はありません。この資料は、例示されているプログラミング言語やを作成したりプロシージャをデバッグするために使用されるツールに精通するいると仮定します。マイクロソフト サポート エンジニアに、特定のプロシージャの機能について説明する役立ちますが追加機能を提供またはお客様固有の要件を満たすようにプロシージャを作成するこれらの例は変更されません。
メモ: Microsoft のデータ アクセスこの資料のサンプル コードを使用してください。オブジェクト。このコードを正しく実行するのには、Microsoft DAO を参照する必要があります。3.6 オブジェクト ライブラリです。これを行うをクリックしてください。 参照 で、 ツール Visual Basic エディターで] メニューしておいて、 Microsoft DAO 3.6 オブジェクト ライブラリ チェック ボックスが選択されています。

Microsoft ではAccess 2000 は、リンクまたは区切り記号付き] と [固定長テキスト ファイルを開くことができます。アクセステキスト ファイルを直接読み取ることができます。 かと呼ばれる情報ファイルを使用することができます。テキスト ファイルで、列などの特性を決定するのには、Schema.ini名、フィールド長、およびデータ型を使用します。Schema.ini ファイルが必要です、リンクまたは固定長のテキスト ファイルを開きます。区切り記号付きテキスト ファイルの場合は省略可能です。Schema.ini ファイルと同じフォルダーにテキスト ファイル (またはファイル) に存在する必要があります。説明します。

次の例では、プロシージャを受け入れる4 つのパラメーター:
   Parameter        Value   ------------------------------------------------------------------------   bIncFldNames     True/False, stating if the first row of the text file                    has column names   sPath            Full path to the folder where Schema.ini resides   sSectionName     Schema.ini section name; must be the same as the name                    of the text file it describes   sTblQryName      Name of the table or query for which you want to                    create a Schema.ini file				
注意: 次の使用例の手順を実行する場合は、このサンプルを変更します。Northwind.mdb をデータベースです。Northwind.mdb ファイルのバックアップを作成することができ、次の手順は、データベースのコピーにします。

  1. Microsoft Access を起動し、サンプル データベースを開くNorthwind.mdb。
  2. モジュールを作成し、次の行を入力、ない場合の宣言セクション:
    明示的なオプション
  3. 入力するか、次の手順を貼り付けます。
    Public Function CreateSchemaFile(bIncFldNames As Boolean, _                                 sPath As String, _                                 sSectionName As String, _                                 sTblQryName As String) As Boolean   Dim Msg As String ' For error handling.   On Local Error GoTo CreateSchemaFile_Err   Dim ws As Workspace, db As DAO.DATABASE   Dim tblDef As DAO.TableDef, fldDef As DAO.Field   Dim i As Integer, Handle As Integer   Dim fldName As String, fldDataInfo As String   ' -----------------------------------------------   ' Set DAO objects.   ' -----------------------------------------------   Set db = CurrentDB()   ' -----------------------------------------------   ' Open schema file for append.   ' -----------------------------------------------   Handle = FreeFile   Open sPath & "schema.ini" For Output Access Write As #Handle   ' -----------------------------------------------   ' Write schema header.   ' -----------------------------------------------   Print #Handle, "[" & sSectionName & "]"   Print #Handle, "ColNameHeader = " & _                   IIf(bIncFldNames, "True", "False")   Print #Handle, "CharacterSet = ANSI"   Print #Handle, "Format = TabDelimited"   ' -----------------------------------------------   ' Get data concerning schema file.   ' -----------------------------------------------   Set tblDef = db.TableDefs(sTblQryName)   With tblDef      For i = 0 To .Fields.Count - 1         Set fldDef = .Fields(i)         With fldDef            fldName = .Name            Select Case .Type               Case dbBoolean                  fldDataInfo = "Bit"               Case dbByte                  fldDataInfo = "Byte"               Case dbInteger                  fldDataInfo = "Short"               Case dbLong                  fldDataInfo = "Integer"               Case dbCurrency                  fldDataInfo = "Currency"               Case dbSingle                  fldDataInfo = "Single"               Case dbDouble                  fldDataInfo = "Double"               Case dbDate                  fldDataInfo = "Date"               Case dbText                  fldDataInfo = "Char Width " & Format$(.Size)               Case dbLongBinary                  fldDataInfo = "OLE"               Case dbMemo                  fldDataInfo = "LongChar"               Case dbGUID                  fldDataInfo = "Char Width 16"            End Select            Print #Handle, "Col" & Format$(i + 1) _                            & "=" & fldName & Space$(1) _                            & fldDataInfo         End With      Next i   End With   MsgBox sPath & "SCHEMA.INI has been created."   CreateSchemaFile = TrueCreateSchemaFile_End:   Close Handle   Exit FunctionCreateSchemaFile_Err:   Msg = "Error #: " & Format$(Err.Number) & vbCrLf   Msg = Msg & Err.Description   MsgBox Msg   Resume CreateSchemaFile_EndEnd Function					
  4. この関数をテストするには、次の行でを入力、イミディ エイト ウィンドウの正しいドライブおよびパスで、Northwind.mdb を使用して、データベース、および ENTER キーを押します。
    ?CreateSchemaFile (True、"C:\Program ただし Office\Office\Samples\"、"EMP。TXT"、「従業員」)
  5. メモ帳やワードパッドなどのテキスト エディターで開き、Schema.ini ファイルを作成します。

    ファイルが含まれています注意してください、次の情報:
    [EMP。TXT]
    ColNameHeader = True
    CharacterSet ANSI =
    形式 TabDelimited =
    Col1 ="社員コード"の整数
    Col2 = の姓の文字幅 20
    Col3 = の姓の文字幅 10
    Col4 タイトル文字幅 30 =
    Col5 TitleOfCourtesy 文字幅 25 =
    Col6 ="生年月日"
    Col7 = 日入社日」
    Col8 アドレスの文字幅 60 =
    Col9 都市の文字幅 15 =
    Col10 地域の文字幅 15 =
    Col11 = の"郵便番号"の文字幅 10
    Col12 国の文字幅 15 =
    Col13"自宅 tel"の文字幅 24 =
    Col14 拡張文字幅 4 =
    Col15 フォト OLE =
    Col16 ノート LongChar =
    Col17 = 整数の一覧
関連情報
詳細についてはSchema.ini ファイルと情報の itcontains、についてをクリックします。 Microsoft Access のヘルプ で、 ヘルプ メニューの種類 テキストと html 形式のデータ ソースを初期化します。 Office アシスタントまたはアンサー ウィザードとクリックで 検索 トピックを表示します。
テキストのインポート エクスポート スキーマ ini

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:210001 - 最終更新日: 12/05/2015 11:17:12 - リビジョン: 5.0

  • kbnosurvey kbarchive kbhowto kbprogramming kbcode kbmt KB210001 KbMtja
フィードバック