現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

既定のユーザー プロファイルへのすべてのカスタマイズが失われる

現象
サポート技術情報 KB973289 に記載されている手順に従って不要な .XML 応答ファイル内の CopyProfile プロパティを TRUE に設定し、sysprep.exe を実行して、現在のユーザー プロファイルのカスタマイズを Windows Vista 以降を搭載しているコンピューターの既定のユーザー プロファイルにコピーします。しかし、sysprep を実行した後に新しいユーザープロファイルを使用してログオンするとカスタマイズ (デスクトップの背景、デスクトップのショートカットは、スクリーンセーバーなど) が表示されません。
原因
この動作は、複数のをユーザー プロファイル アカウントが Windows 内に存在するときに発生することがあります。


解決方法
コントロール パネルの [ユーザー アカウント] を使用して、組み込みの管理者アカウント以外のすべてのユーザー アカウント プロファイルを削除し、組み込みのローカル管理者アカウントを使用してカスタマイズを作成します。

詳細
Sysprep の "Specialize フェーズ" 中に、Sysprep.exe は、各ユーザー プロファイルの ntuser.dat ファイルの Last Modified Date (最終変更日) を参照して、どのユーザー プロファイルを既定のユーザー プロファイルにコピーするかを決定します。しかし、sysprep.exe の早期クリーンアップ機能により、セキュリティ ID (SID) を生成するために各 Ntuser.dat ファイルが読み込まれます。複数のユーザー プロファイルが存在する場合、コピーされるユーザー プロファイルを事前に決定することはできません。

%systemroot%\panther\unattendgc\setupact.log ファイルを開いて、"specialize" パス内で以下のような行を検索することによって、どのユーザー プロファイルが既定のユーザー プロパティにコピーされたかを確認できます。

   [shell unattend] CopyProfileDirectory from c:\Users\Administrator succeeded.
   [shell unattend] CopyProfile succeeded.

この例では組み込みのローカル管理者アカウントが既定のユーザー プロファイルにコピーされました。


既定のユーザー プロファイルのカスタマイズの詳細については以下のサポート技術情報を参照してください。

Windows 7 および Windows Server 2008 R2 で既定のユーザー プロファイルをカスタマイズする方法
http://support.microsoft.com/default.aspx?scid=kb;JA-JP;973289




注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。
プロパティ

文書番号:2101557 - 最終更新日: 02/09/2012 13:19:00 - リビジョン: 4.0

Windows 7 Enterprise, Windows 7 Professional, Windows 7 Ultimate, Windows Server 2008 R2 Datacenter, Windows Server 2008 R2 Enterprise, Windows Server 2008 R2 Standard, Windows Vista Business, Windows Vista Enterprise, Windows Vista Ultimate, Windows Server 2008 Datacenter, Windows Server 2008 Enterprise, Windows Server 2008 Standard

  • KB2101557
フィードバック