説明し、Excel でデータの入力規則の例

Office 2003 のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Office 2003 のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:211485
Microsoft Excel 97 版のこの資料には、次を参照してください。 159252.
Microsoft Excel 98 Macintosh Edition のバージョンこの資料の次を参照してください。 181323.
概要
データの入力規則は、Microsoft Excel で使用できる機能です。次の操作をすることができます。
  • セル内の valuesallowed を制限するエントリの一覧を確認します。
  • セルのデータの allowedin の種類を示すプロンプト メッセージを作成します。
  • Beenentered を不正なデータがある場合に表示されるメッセージを作成します。
  • 使用して間違ったエントリを確認します 監査 ツールバー。
  • セルに入力できる数値の範囲を設定します。
  • エントリが有効なかどうかを判断するからセルを計算に基づきます。
詳細
この資料では、この機能を実装する方法を示す例と同様に Microsoft Excel でデータの検証機能を使用する方法について説明します。

: 次の例には、新しい Microsoft Excel のブックで作業しているとする最初の例でを起動し、記載されている順序での例を続けることが前提としています。

セルに格納できるエントリの一覧を作成します。

ワークシート上のセルの [エントリのリストを作成することができます。[データ検証機能を使用して、一覧から取得されたエントリだけを受け入れるようにセルを制限できます。

」ドロップ ダウン リストを作成し、セル内の値を制限するこれらのエントリに、次の手順を実行します。

  1. セル A1 を選択します。
  2. [データ] メニューの [検証] をクリックします。
  3. [設定] タブで、許可のドロップ ダウン リストでリストをクリックします。
  4. 既定では、空白を無視してセル内のドロップダウン リストのチェック ボックスが選択されます。変更の操作を行います。
  5. [ソース] ボックスで、次のように入力します。 a、b、c.[Ok]をクリックします。

    メモ:
    値のリストが含まれている場合にも、名前付き範囲またはセル参照を入力できます。等号 (=) でどちらが前にする必要があります。
    このダイアログ ボックスに、255 文字に制限があります。
  6. その横にあるドロップ ダウン リストがセル A1 とセルに入力する値を選択するのには、この一覧を使用できます。
  7. 」ドロップ ダウン リストをクリックし、任意の項目の厳密です。
この値は、セルに入力されます。

: 手動で入力することができます"a"、"b"、または"c"(引用符は除く) のセルです。リストから選択する必要はありません。場合は他の何も、これらの値を手動で入力しようとすると、停止メッセージが表示され、このセルの値を保持できません。唯一のオプションは、再試行またはキャンセルします。

プロンプト セルに入力できるデータの種類を説明するメッセージを作成します。

セルに入力できるデータの種類を説明するメッセージを作成することができます。セルを選択すると、セルの近くにあるメッセージが表示されます。別のセルに移動するか、または esc キーを押すまで、必要に応じて、それが残っている場合、このメッセージを移動できます。Office アシスタントが表示されている場合、上、Office アシスタントのバルーン メッセージが表示されます。

前の例を続行すると、これらの手順に従います。
  1. セル A1 を選択します。
  2. [データ] メニューで、[検証] をクリックし、入力メッセージタブをクリックします。

    :セルが選択されている入力メッセージを表示する] チェック ボックスが選択されているかどうかを確認します。
  3. [タイトル] ボックスで、次のように入力します。 セル A1 のリスト.

    これは、表示されるメッセージ ボックスのタイトルです。太字のテキストになっています。
  4. 入力メッセージボックスで、次のように入力します。A、b を選択してくださいまたはドロップ ダウン リストから c.

    これは、メッセージ表示されるのです。
  5. [OK] をクリックします。

    メッセージが表示されますセル A1 が選択されています。
  6. セル A10 を選択します。

    CellA1 とセル A1 の両方のメッセージの横にあるドロップダウン リストが表示されなくなります。
  7. セル A1 を選択します。

    セル A1 の横にあるドロップ ダウン リストと答えてメッセージの両方が表示されます。

    : 場合は、Office アシスタントが表示されているプロンプト メッセージが表示されていた上、Office アシスタントのバルーンです。
  8. メッセージは、ワークシート内の別の場所に移動します。

    別のセルを選択して再度セル A1 を選択すると、新しい位置にメッセージが表示されます。

    メモ: このメッセージの書式設定を変更する方法はありません。

不正なデータが入力されたときに表示されるメッセージを作成します。

Excel の表示が正しくないデータを入力するとエラー メッセージのスタイルでは、制限が適用されるかどうかを決定します。指定されたもの以外のデータ値を入力する場合を停止するメッセージを表示することができます。説明を表示することもし、範囲外のデータを入力するための警告メッセージはデータの制限を設定できますが、すべてのメッセージは表示されません。

前の例を続行すると、これらの手順に従います。
  1. セル A1 を選択します。
  2. [データ] メニューで、[検証] をクリックし、エラー アラート] タブをクリックします。

    :無効なデータの入力する後、エラー メッセージを表示する] チェック ボックスが選択されているかどうかを確認します。

    停止通知メッセージを作成します。

    警告の停止メッセージを作成し、セルに無効なデータを入力すると場合も再試行またはキャンセルします。セルに無効なデータを入力するのには使用できません

    1. スタイル] ボックスの一覧で [停止] をクリックします。
    2. [タイトル] ボックスで、次のように入力します。 セル A1 の警告.これは、表示されるメッセージ ボックスのタイトルです。
    3. [エラー メッセージ] ボックスを入力してください。 セル A1 ののみ許容の値は、b、または c.これは、225 文字に制限し、表示されるメッセージの本文です。
    4. [OK] をクリックします。
  3. 手動で入力してください。 t、セル A1 にします。

    作成した警告の停止メッセージが表示され、唯一のオプションは、再試行またはキャンセルします。
  4. 停止の警告のメッセージ ボックスでキャンセルをクリックします。
  5. セル A1 を選択します。
  6. [データ] メニューで、[検証] をクリックし、エラー アラート] タブをクリックします。

    :無効なデータの入力する後、エラー メッセージを表示する] チェック ボックスが選択されているかどうかを確認します。

    警告の警告メッセージを作成します。

    警告メッセージを作成し、セルに無効なデータを入力する場合、オプションは警告の停止メッセージの少しより柔軟性は。AWarning の警告メッセージには次の 3 つのオプション:はい、無効なデータのエントリを許可するにはいいえ、有効なデータを入力する機会を与えるキャンセル、無効なエントリを削除します。

    1. スタイル] ボックスの一覧で警告をクリックします。
    2. [タイトル] ボックスで、次のように入力します。 セル A1 の警告.これは、表示されるメッセージ ボックスのタイトルです。
    3. エラー メッセージボックスで、次のように入力します。 セル A1 ののみ許容の値は、b、または c.これは、225 文字に制限し、表示されるメッセージの本文です。
    4. [OK] をクリックします。
  7. 手動で入力してください。 j セル A1。

    ToContinue をする場合かを確認する作成した警告メッセージが表示されます。
  8. [はい] をクリックします。

    "J"の無効な値は、セル A1 に入力されます。
  9. セル A1 を選択します。
  10. [データ] メニューで、[検証] をクリックし、エラー アラート] タブをクリックします。

    :無効なデータの入力する後、エラー メッセージを表示する] チェック ボックスが選択されているかどうかを確認します。

    情報の警告メッセージを作成します。

    情報メッセージを作成して、セルに無効なデータを入力する場合、オプションには、最も柔軟性の高いも表示できます。情報の警告メッセージが表示されます、ときに、無効な値をそのまま使用するのには[ok]をクリックすることができます。 またはキャンセルを拒否するをクリックすることができます。

    1. スタイル] ボックスの一覧で [情報] をクリックします。
    2. [タイトル] ボックスで、次のように入力します。 セル A1 の警告.これは、表示されるメッセージ ボックスのタイトルです。
    3. エラー メッセージボックスで、次のように入力します。 セル A1 ののみ許容の値は、b、または c.これは、225 文字に制限し、表示されるメッセージの本文です。
    4. [OK] をクリックします。
  11. 手動で入力してください。 p セル A1。

    メソッドが受け入れるか、入力した値を拒否する場合を確認する作成した情報の警告メッセージが表示されます。
  12. [OK] をクリックします。

    "P"の無効な値は、セル A1 に入力されます。

[ワークシート分析ツールバーを使用して、誤ったエントリを探します。

データを入力すると、設定した制限外にあるエントリを確認できます。ワークシート分析ツールバーの [無効データのマークをクリックすると、誤ったエントリが含まれているセルの周囲の円が表示されます。無効なエントリを修正する場合は、円が消えます。

前の例を続行すると、これらの手順に従います。

  1. [ツール] メニューの [カスタマイズを] をクリックします。
  2. [ユーザー設定] ダイアログ ボックスで、[ツールバー ] タブをクリックします。
  3. ツールバー ] ボックスの一覧で (選択されていない) 場合、[監査] チェック ボックスを選択する] をクリックし、し、[閉じる] をクリックします。
  4. ワークシート分析] ツールバーで円無効なデータコントロールをクリックします。セル A1 が丸で囲まれています。
  5. セル A1 を選択します。
  6. セル A1 とし、リスト内のエントリの clickone の横にあるドロップダウン矢印をクリックします。円が消えます。

セルに入力できる数値の範囲の値を設定します。

セルに入力できるデータに制限を配置することができます、最小値と最大値を設定することができます、または別のセルに有効なエントリを確認する場合があります。

  1. セル A5 を選択します。
  2. [データ] メニューで、[検証] をクリックし、[設定] タブをクリックします。
  3. 許可する] ボックスの一覧でをクリックしての整数を指定します
  4. データ] ボックスの一覧でをクリックしての間です
  5. 最小値] ボックスに 1 を入力します。
  6. 最大値] ボックスに 10 を入力します。

    : 手順 5 のセル参照を使用することができ、cellsthat を指定するのには 6 には、最小値と最大値が含まれています。
  7. [OK] をクリックします。
  8. セル A5 で値 3 を入力します。値は、入力した withouterror です。
  9. セル A5 で値 33 を入力します。

    用に作成したデータの入力規則の設定のセル A1 のため (、情報アラート) (つまり、既定値) 警告の停止メッセージが表示されます、再試行またはキャンセルをクリックする、唯一のオプションは、セル A5 の適用先ではないの操作を行います。
  10. [キャンセル] をクリックします。3 の値は、セルに表示されます。

特定のエントリが有効なかどうかは別のセルの計算に基づく

データの入力規則のダイアログ ボックスでことができます、別のセルの作成したエントリが有効であるかどうかを数式、式または計算への参照を使用します。
  1. セル B10 の値 1 を入力します。
  2. セル A10 を選択します。
  3. [データ] メニューで、[検証] をクリックし、[設定] タブをクリックします。
  4. 許可する] ボックスの一覧で [カスタム] をクリックします。
  5. [数式] ボックスには、次の数式を入力します。

    =IF(A10>B10,TRUE,FALSE)

    : 数式を入力する必要がありますを開始と等号 (=) の直後には、true または false のいずれかです。IF 関数に限定することはできません。
  6. [OK] をクリックします。
  7. セル A10 の値-1 を入力します。

    値が有効ではないことを示す aStop 警告メッセージが表示されます。
  8. [再試行] をクリックします。
  9. セル A10 の値 3 を入力します。

    操作を行う notreceive、エラー メッセージこの値はセル B10 の値 youentered より大きいためです。
関連情報
データの入力規則の詳細についてをクリックしてください。 Microsoft Excel のヘルプ で、 ヘルプ メニュー データの入力規則 で、Office アシスタントまたはアンサー ウィザードとをクリックし、 検索 返されるトピックを表示します。
9.00 [XL2000] [XL2002] XL2003 XL2007 の XL2010

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:211485 - 最終更新日: 10/29/2015 03:41:00 - リビジョン: 6.0

Microsoft Excel 2000 Standard Edition, Microsoft Excel 2002 Standard Edition, Microsoft Office Excel 2003, Microsoft Office Excel 2007, Microsoft Excel 2010, Excel 2016, Microsoft Excel 2013

  • kbhowto kbualink97 kbmt KB211485 KbMtja
フィードバック