[OL2000] Windows NT 4.0 で WinFax SE が使用できない

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP212976
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
概要
この資料は、Windows NT 4.0 上で動作している Outlook 2000 から FAX メッセージを送信しようとすると、エラー メッセージが表示される現象について説明したものです。
現象
Windows NT 4.0 上で、Outlook 2000 から FAX 送信を行う場合に、以下のエラー メッセージが表示される場合があります。
Microsoft Outlook は、Symantec Fax Starter Edition を FAX の送受信に使用することができません。この機能は現在インストールされていません。インストールしますか?
[はい] をクリックすると Windows Installer が起動しますが、以下のエラーメッセージが表示されます。
Microsoft Outlook は、Symantec Fax Starter Edition を FAX の送受信に使用することができません。Windows インストーラエラー 1603 のため、Microsoft Outlook は必要なファイルをインストールできませんでした。ERROR_INSTALL_FAILURE
[はい] をクリックすると、以下のエラー メッセージが表示されます。
WinFax のインストールに失敗しました。FAX 機能は利用できません。
[OK] をクリックすると、FAX を送信できないまま Outlook 2000 に戻ります。
原因
Symantec Fax Starter Edition をインストールしようとしましたが、Windows NT 4.0 に管理者としてログオンしていません。この動作は仕様によるものです。
解決方法
Outlook 2000 を終了し、Windows NT 4.0 を再起動します。ワークステーションの管理者グループに所属するアカウントで Windows NT 4.0 にログオンし、Outlook 2000 で FAX を送信します。管理者権限があれば、初回 FAX 送信時に Symantec Fax Starter Edition をインストールすることができます。
詳細
Outlook 2000 セットアップでは、いくつかのアイテムを、初めて実行するときにインストールするように指示することできます。この設定で Symantec Fax StarterEdition セットアップされていると Outlook 2000 は、初回 FAX 送信時に Fax サービスをインストールしようとします。Windows NT 4.0 を使用している場合、ソフトウェアのインストールには管理者権限が必要です。

関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 212976 (最終更新日 2000-11-21) をもとに作成したものです。

OL2K
プロパティ

文書番号:212976 - 最終更新日: 02/09/2014 00:18:56 - リビジョン: 1.0

  • Microsoft Outlook 2000 Standard Edition
  • kbnosurvey kbarchive kbinfo se kbfaq outlook 2000 winfax 9.0 KB212976
フィードバック