数値を Excel で英単語に変換する方法

Office 2003 のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Office 2003 のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:213360
概要
この資料には、英語の単語では、それと同等に Microsoft Excel ワークシートのセル内の数値を変換するために使用できる Applicationsfunctions の Microsoft Visual Basic のサンプルが含まれています。
詳細
マイクロソフトは、明示または黙示の保証もなくするだけでプログラミングの例を提供します。これには、市場性または特定目的への適合性その他に対する暗黙的な保証についても含まれます。この資料は、例示されているプログラミング言語を作成したり、プロシージャをデバッグするために使用されるツールに精通しているユーザーを想定して作成されています。マイクロソフトのサポート エンジニアは、特定のプロシージャの機能についての説明をお手伝いすることができます。ただし、機能の追加、または個別案件への対応を目的としたプロシージャ作成のためにこれらの例を修正することはありません。

先の SpellNumber 関数のサンプルを作成する方法

  1. Microsoft Excel を起動します。
  2. Visual Basic エディターを起動するのには alt キーを押しながら f11 キーを押します。
  3. [挿入] メニューの [モジュール] をクリックします。
  4. モジュール シートに次のコードを入力します。
    Option Explicit'Main FunctionFunction SpellNumber(ByVal MyNumber)    Dim Dollars, Cents, Temp    Dim DecimalPlace, Count    ReDim Place(9) As String    Place(2) = " Thousand "    Place(3) = " Million "    Place(4) = " Billion "    Place(5) = " Trillion "    ' String representation of amount.    MyNumber = Trim(Str(MyNumber))    ' Position of decimal place 0 if none.    DecimalPlace = InStr(MyNumber, ".")    ' Convert cents and set MyNumber to dollar amount.    If DecimalPlace > 0 Then        Cents = GetTens(Left(Mid(MyNumber, DecimalPlace + 1) & _                  "00", 2))        MyNumber = Trim(Left(MyNumber, DecimalPlace - 1))    End If    Count = 1    Do While MyNumber <> ""        Temp = GetHundreds(Right(MyNumber, 3))        If Temp <> "" Then Dollars = Temp & Place(Count) & Dollars        If Len(MyNumber) > 3 Then            MyNumber = Left(MyNumber, Len(MyNumber) - 3)        Else            MyNumber = ""        End If        Count = Count + 1    Loop    Select Case Dollars        Case ""            Dollars = "No Dollars"        Case "One"            Dollars = "One Dollar"         Case Else            Dollars = Dollars & " Dollars"    End Select    Select Case Cents        Case ""            Cents = " and No Cents"        Case "One"            Cents = " and One Cent"              Case Else            Cents = " and " & Cents & " Cents"    End Select    SpellNumber = Dollars & CentsEnd Function      ' Converts a number from 100-999 into text Function GetHundreds(ByVal MyNumber)    Dim Result As String    If Val(MyNumber) = 0 Then Exit Function    MyNumber = Right("000" & MyNumber, 3)    ' Convert the hundreds place.    If Mid(MyNumber, 1, 1) <> "0" Then        Result = GetDigit(Mid(MyNumber, 1, 1)) & " Hundred "    End If    ' Convert the tens and ones place.    If Mid(MyNumber, 2, 1) <> "0" Then        Result = Result & GetTens(Mid(MyNumber, 2))    Else        Result = Result & GetDigit(Mid(MyNumber, 3))    End If    GetHundreds = ResultEnd Function      ' Converts a number from 10 to 99 into text. Function GetTens(TensText)    Dim Result As String    Result = ""           ' Null out the temporary function value.    If Val(Left(TensText, 1)) = 1 Then   ' If value between 10-19...        Select Case Val(TensText)            Case 10: Result = "Ten"            Case 11: Result = "Eleven"            Case 12: Result = "Twelve"            Case 13: Result = "Thirteen"            Case 14: Result = "Fourteen"            Case 15: Result = "Fifteen"            Case 16: Result = "Sixteen"            Case 17: Result = "Seventeen"            Case 18: Result = "Eighteen"            Case 19: Result = "Nineteen"            Case Else        End Select    Else                                 ' If value between 20-99...        Select Case Val(Left(TensText, 1))            Case 2: Result = "Twenty "            Case 3: Result = "Thirty "            Case 4: Result = "Forty "            Case 5: Result = "Fifty "            Case 6: Result = "Sixty "            Case 7: Result = "Seventy "            Case 8: Result = "Eighty "            Case 9: Result = "Ninety "            Case Else        End Select        Result = Result & GetDigit _            (Right(TensText, 1))  ' Retrieve ones place.    End If    GetTens = ResultEnd Function     ' Converts a number from 1 to 9 into text. Function GetDigit(Digit)    Select Case Val(Digit)        Case 1: GetDigit = "One"        Case 2: GetDigit = "Two"        Case 3: GetDigit = "Three"        Case 4: GetDigit = "Four"        Case 5: GetDigit = "Five"        Case 6: GetDigit = "Six"        Case 7: GetDigit = "Seven"        Case 8: GetDigit = "Eight"        Case 9: GetDigit = "Nine"        Case Else: GetDigit = ""    End SelectEnd Function					

SpellNumber サンプル関数を使用する方法

サンプル関数を使用して書かれたテキストに、番号を変更するのには、次の例に示す方法のいずれかを使用します。

方法 1: 直接入力

「30 2 ドル 50 セントを表します」に 32.50 を変更するには、次の数式をセルに入力します。
=SpellNumber(32.50)

方法 2: セル参照

ブックの他のセルに参照することができます。たとえば、セル A1 に数値 32.50 を入力し、別のセルに次の数式を入力します。
=SpellNumber(A1)

方法 3: [関数を挿入します。

使用するには [関数を挿入します。、これらの手順に従います。


Excel 2003 の場合:
  1. 表示するセルを選択します。
  2. [続行] をクリックします。 [関数を挿入します。 で、 標準 ツールバー。
  3. またはカテゴリを選択[ ユーザー定義.
  4. で、 関数を選択します。 リスト] をクリックしてください SpellNumberプロパティ ].
  5. 選択してをクリックし、数値やセル参照を入力してください。 ].

Excel 2007、2010年の場合:
  1. 表示するセルを選択します。
  2. [続行] をクリックします。[関数を挿入します。数式リボンです。
  3. またはカテゴリを選択[ユーザー定義.
  4. で、関数を選択します。リスト] をクリックしてくださいSpellNumberプロパティ].
  5. 選択してをクリックし、数値やセル参照を入力してください。].



XL2003 XL2007 XL2010 数の数値の通貨のスペル

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:213360 - 最終更新日: 09/23/2015 16:50:00 - リビジョン: 9.0

Microsoft Office Excel 2003, Microsoft Office Excel 2007, Microsoft Excel 2010, Excel 2016, Microsoft Excel 2013

  • kbdtacode kbhowto kbprogramming kbmt KB213360 KbMtja
フィードバック