Excel で、テキスト、文字列、および単語の出現回数をカウントする数式についての説明

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:213889
概要
この資料は、以下を計算する数式を含み、説明しています。
  • あるセル範囲における文字列の出現数。
  • 1 つのセル内の文字の出現回数。
  • セル範囲内の文字の出現回数。
  • 単語 (文字列) の数の区切り文字には、セルです。
詳細

範囲内の文字列の出現数をカウントする数式

= SUM (LEN (範囲) の LEN (代替 (範囲、"text","")))/LEN("text")
場所 範囲 対象のセル範囲を指定して「文字列」をカウントする、特定の文字列で置き換えられます。

メモ 上記の数式は、配列数式として入力する必要があります。Windows 版 Excel で配列として数式を入力するのには、ctrl キーと SHIFT キーを押しながら ENTER キーを押します。Macintosh 版 Excel で配列として数式を入力するのには、コマンド + 返すを押します。

複数の文字範囲の長さの合計が弱いため、数式のテキスト文字列の長さで分割されます。一致する文字列の文字列。以降のすべての数式のセル内のワード数をカウントする式を除き、この資料で置換することができます。

例 1: 範囲内の文字列の出現回数をカウントします。

  1. Excel を起動し、新しいブックを開きます。
  2. Sheet1 に、次のように入力します。
    A1: FruitA2: apple,appleA3: orangeA4: apple,orangeA5: grapeA6: orange,grapeA7: grape, appleA8: =SUM(LEN(A2:A7)-LEN(SUBSTITUTE(A2:A7,"apple","")))/LEN("apple")					
テキスト「アップル」4 倍の範囲で表示されるため、セル A8 の値は 4 です。

1 つのセル内の 1 つの文字の出現数をカウントする数式

= LEN (cell_ref) の LEN (代替 (cell_ref,"a",""))
場所 cell_ref セル参照では、"a"をカウントするか、文字に置き換えられます。

メモ この数式が配列数式として入力する必要はありません。

例 2: 1 つのセル内の文字の出現数をカウント

上記の例から同じデータを使用します。カウントすると仮定して、文字"p"A7 での出現回数。次の数式セル A9 に入力します。
A9: =LEN(A7)-LEN(SUBSTITUTE(A7,"p",""))
セル A9 の値 3 は、文字"p"A7 での 3 回が表示されます。

範囲内の単一の文字の出現数をカウントする数式

= SUM (LEN (範囲) の LEN (代替 (範囲,"a","")))
場所 範囲 問題のセル範囲で、"a"をカウントするか、文字に置き換えられます。

メモ 上記の数式は、配列数式として入力する必要があります。数式を配列数式として入力するのには、ctrl キーと SHIFT キーを押しながら ENTER キーを押します。

例 3: 範囲内の文字の出現回数をカウント

上記の例から同じデータを使用します。カウントすると仮定して、数出現または、文字「p」します。次の数式セル A10 に入力します。
A10: =SUM(LEN(A2:A7)-LEN(SUBSTITUTE(A2:A7,"p","")))
メモ 上記の数式は、配列数式として入力する必要があります。数式を配列数式として入力するのには、ctrl キーと SHIFT キーを押しながら ENTER キーを押します。

11 回しますでの"p"という文字が表示されるので、セル A10 の値は 11 です。

セル内の文字で区切られた単語の数をカウントする数式

= IF (LEN (TRIM (cell_ref)) = 0、0、長さ (cell_ref) の LEN (代替 (cell_ref,char 型,""))+1)
場所 cell_ref セルへの参照があると char 型 文字の単語の分離です。

メモ 上記の数式では、スペースはありません。複数行の数式この文書にのみに使用されます。セルに入力するときは、スペースを含めないでください。この数式が配列数式として入力する必要はありません。

例 4: セル内のスペースで区切られた単語の数をカウントします。

単語をスペースで区切られますセル内のワード数をカウントするのには、次の手順を実行します。
  1. Excel を起動し、新しいブックを開きます。
  2. Sheet1 に、次のように入力します。
    A1: 高速車
    A2: =IF(LEN(TRIM(A1))=0,0,LEN(TRIM(A1))-LEN (代替 (A1"、「,」")) +1)
セル A2 の数式の値が 4 の文字列を返しますスペースで区切られた 4 つの単語が含まれています。単語が区切られている場合複数のスペースや、単語の前後にスペースを終了する場合は、それは問いません。TRIM 関数は、余分なスペース文字と開始して、セルのテキスト内のスペース文字を終了削除されます。

Excel では、セル内の特定の文字の出現またはセルの範囲をカウントするのには、マクロも使用することができます。
関連情報
カウント ダウンの発生に関する追加情報をマイクロソフト サポート技術情報の資料を参照する次の資料番号をクリックします。
89794Excel で選択範囲内の文字の出現回数をカウントする Visual Basic for Applications を使用する方法
[XL2000] [XL97] [XL2002] XL2003 XL98 XL2001 XLX XL2004

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:213889 - 最終更新日: 04/07/2013 19:13:00 - リビジョン: 9.0

  • kbformula kbhowto kbinfo kbmt KB213889 KbMtja
フィードバック