Excel で期間内年複利を計算する方法

Office 2003 のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Office 2003 のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:213907
概要
呼ば複利の値では、金額の将来価値には、存在価値の金額を複利計算のアプリケーションが含まれます。将来の金額になります。3 種類の複合とは、年間1 年の内、および投資の複合です。内年複利計算をについて説明します。

年間複合に関する詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには以下の記事番号をクリックします。
141695 XL 複利を計算する方法
back to the top

内年複利の将来価値を計算します。

内年複合の利息は、利息が一層複雑化してより頻繁に、毎年同じです。金融機関では、月単位、週、または毎日の時間ベースの ofsemiannual、四半期ごとの利子を計算可能性があります。

Microsoft Excel には、2003年より前のバージョン用の分析ツール アドインでの効果の関数が含まれています。分析ツールが既に読み込まれています。効果関数は、年間利率と複合する年間期間の数に基づいて複利の利率を返します。

効果ワークシート関数を使用して、内年複利を計算する式は次のとおりです。
=P+(P*EFFECT(EFFECT(k,m)*n,n))
複利を計算する一般的な数式のとおりです。
=P*(1+(k/m))^(m*n)
以下は真です。
P = 初期プリンシパル
k = 支払われる年利
m = 1 期間あたりの回数、利息が一層複雑化 (通常数か月)
n = 期間の数 (通常は数年) またはローンの用語
back to the top

このセクションの例では、効果関数、generalequation、次のサンプル データを使用します。
   Intra-Year                 Number of compounding   compounding rate          periods per year   -----------------------------------------------   Semiannual                  2   Quarterly                   4   Monthly                    12   Weekly                     52   Daily                     360 or 365(actual)				
100 ドルの投資は、半年ごとに複雑化 8.00% を支払います。お金は、3 年間のアカウントのまま、どの程度 $100 なります価値があるでしょうか。

back to the top

効果ワークシート関数を使用します。

半年に 1 回複合のため、半年ごとの複利を計算するために 2 回効果関数を繰り返す必要があります。次の例では、入れ子になった関数の結果が乗算を分散するための 3 (年換算)、投資の期間の複利率。
=100+(100*EFFECT(EFFECT(.08,2)*3,3))
この例では、$126.53 を返します。

back to the top

一般的な式を使用してください。

次の例では、一般的な数式を使用します。
=100*(1+.08/2)^(2*3)
この例では、$126.53 を返します。

back to the top

1 年の間の複合の金利を計算します。

複利の利率を見つけることができます、年間の利息 rateand 円単位の金額を指定します。

効果ワークシート関数は、次の数式を使用します。
=EFFECT(EFFECT(k,m)*n,n)
一般的な数式を使用すると、複利金利、次の数式を返します。
=(1+(k/m)) ^(m*n)-1
back to the top

効果ワークシート関数を使用します。

100 ドルの投資は支払う 7.50% が四半期ごとに複雑化します。お金のままにアカウント 2 年間、たとえば。次の数式では、複利の利率を返します。
=EFFECT(EFFECT(.075,4)*2,2)
16.022% を取得します。

back to the top

一般的な数式を使用します。

次の方程式利率を返します。
=(1+(.075/4)) ^(4*2)-1
back to the top
関連情報
複利計算の詳細については、Microsoft Excel ヘルプ] をクリックして、[ヘルプ] メニュー 効果 Office アシスタントまたはアンサー ウィザードで、トピックを参照の検索] をクリックします。
back to the top
[Xl2000] [xl2002] XL2003 XL2007 XL2007 XL2010 将来値内年複利計算式の表す

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:213907 - 最終更新日: 10/29/2015 03:41:00 - リビジョン: 6.0

Microsoft Excel 2000 Standard Edition, Microsoft Excel 2002 Standard Edition, Microsoft Office Excel 2003, Microsoft Excel 2010, Microsoft Office Excel 2007, Excel 2016, Microsoft Excel 2013

  • kbformula kbinfo kbhowtomaster kbmt KB213907 KbMtja
フィードバック