Windows NT 4.0 でワトソン博士がアプリケーションに対して正確な終了コードを返さない

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP214606
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
アプリケーションは、RaiseException () を使用して実行を終了し、呼び出しアプリケーションに例外コードを渡します。呼び出しアプリケーションは、GetExitCodeProcess () を使用して、その例外コードを評価します。しかし、ワトソン博士は例外コードを渡さず、ゼロを渡します。
解決方法
この問題を解決するためのモジュールは、Windows NT 4.0 日本語版サービスパック 5 以降に含まれております。Windows NT 4.0 日本語版の最新サービスパックについては、以下 Web サイトから入手できます。
状況
弊社ではこの問題を、この資料の冒頭に記載した Microsoft 製品の問題として認識しております。この問題は Windows NT version 4.0 Service Pack 5 で修正済みです。
詳細
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 214606 (最終更新日 2000-11-16) を基に作成したものです。

プロパティ

文書番号:214606 - 最終更新日: 02/02/2014 05:08:00 - リビジョン: 1.3

  • Microsoft Windows NT Server 4.0 Standard Edition
  • Microsoft Windows NT Server 4.0 Enterprise Edition
  • Microsoft Windows NT Workstation 4.0 Developer Edition
  • kbnosurvey kbarchive _ik kbtshoot kbhowto KB214606
フィードバック