[NT]SPX 使用時の STOP 0xA

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP214624
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
NDIS 4.0 互換のアダプタ ドライバで SPX プロトコルが使用されるとき、Ndis.sys で STOP 0xA が発生することがあります。
原因
Nwlnkspx.sys ドライバは、自分自身の NDIS パケットを割り当てます。このドライバは、プロトコル ドライバに NDIS パケットを割り当てる NDIS ライブラリ ルーチンを呼び出しません。Nwlnkspx.sys は自分自身のパケットを割り当てるので、このドライバは、主に NDIS 4.0 互換のアダプタ ドライバが使用する NDIS パケット構造内の予約フィールドを初期化しません。
状況
この問題は Windows NT 4.0 日本語版のサービスパック 5 で修正されております。
なお、サービスパック 5 にて修正された問題の一覧は、以下の関連文書に記載されております。
文書番号 : 413592
タイトル : [NT]Windows NT 4.0 Service Pack 5 修正一覧



関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 214624 (最終更新日 1999-05-10) をもとに作成したものです。

n100nt.sys, hptxnt.sys, stop 0x0000000a, 4.0, e100b.sys, ndis, intel etherexpress IRQL_NOT_LESS_OR_EQUAL
プロパティ

文書番号:214624 - 最終更新日: 02/04/2014 17:53:34 - リビジョン: 1.0

Microsoft Windows NT Server 4.0 Standard Edition, Microsoft Windows NT Server 4.0 Enterprise Edition, Microsoft Windows NT Workstation 4.0 Developer Edition

  • kbnosurvey kbarchive kbbug kbfix kbbug4.00 kbfix4.00 KB214624
フィードバック