[XFOR CDONTS がスレッド セーフなストレスでクラッシュ

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

214685
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
コラボレーション データ オブジェクトの Windows NT Server (CDONTS) メールの送信関数はスレッドセーフではありません。
原因
CDONTS は毎回使われ、RTF 形式または HTML コンバーターを初期化します。 この初期化はスレッド セーフでできずが、クリティカル セクションで保護されていません。 使用して、メモリの破損の原因とアサートこの許可は 1 つのスレッドできます別のスレッドの中に、コンバーターの場所にシャットダウン競合状態、および障害 (クラッシュ) します。
解決方法
この問題を解決するには、Windows NT 4.0 の最新の Service Pack、あるいは個別修正プログラムを入手します。 最新の Service Pack の入手方法については、次の Web ページを参照してください:
  • 152734Q152734 How to Obtain the Latest Windows NT 4.0 Service Pack
個別修正プログラムの入手方法については、Microsoft Product Support Services にお問い合わせください。 Microsoft Product Support Services の電話番号リストおよびサポート料金については、次の Web ページにアクセスしてください:
状況
マイクロソフトでは、この問題を Microsoft Exchange Server 5.5 の問題として認識しています。 この問題は Windows NT version 4.0 Service Pack 5 で修正済みです。
クラッシュ ハング GPF

Warning: This article has been translated automatically

プロパティ

文書番号:214685 - 最終更新日: 02/07/2014 18:27:45 - リビジョン: 4.6

  • Microsoft Exchange Server 5.5 Standard Edition
  • kbnosurvey kbarchive kbbug kbfix kbmt KB214685 KbMtja
フィードバック