ネットワーク共有に接続しようとすると、アクセス拒否エラーが発生する

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP214759
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
ネットワーク共有に接続しようとすると、次のエラー メッセージが表示されることがあります。
\\サーバー名\共有名 にアクセスできません。
アクセスは拒否されました。
信頼関係が正しく設定されている別のドメイン上の共有にアクセスしようとした場合に、このメッセージが表示されることがあります。そのような場合、[ネットワーク コンピュータ] で共有を参照できることもあります。
原因
この問題は、共有のアクセス権が正しく設定されていても、NTFS パーティションの個々のフォルダやファイルへのアクセス権が正しく割り当てられていないために発生します。また、この逆の場合にも、同じ問題が発生します。
解決方法
この問題を解決するには、共有のアクセス権と NTFS パーティションのアクセス権の両方が、ユーザーまたはグループに正しく設定されていることを確認します。
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 214759 (最終更新日 1999-12-29) をもとに作成したものです。

プロパティ

文書番号:214759 - 最終更新日: 12/05/2015 12:36:55 - リビジョン: 3.0

Microsoft Windows NT Workstation 4.0 Developer Edition, Microsoft Windows NT Server 4.0 Standard Edition, Microsoft Windows NT Server 4.0 Enterprise Edition, Microsoft Windows 2000 Advanced Server, Microsoft Windows 2000 Datacenter Server, Microsoft Windows 2000 Professional, Microsoft Windows 2000 Server

  • kbnosurvey kbarchive kberrmsg ntdomain kbnetwork kbprb KB214759
フィードバック