FIX: マップとそのスキーマ内に別のプロジェクトである場合、BizTalk Server 2006 R2 では、BizTalk マップを検証すると、エラー メッセージ

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2148970
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
次のシナリオを検討してください:
  • Microsoft Visual Studio 2005 で Microsoft BizTalk Server 2006 R2 を実行しているコンピューターに BizTalk プロジェクトを開いた。
  • 、BizTalk プロジェクトには、BizTalk マップが含まれています。 送信元スキーマおよび送信先スキーマ、マップは、同じソリューション内に別のプロジェクトから参照されます。
  • マップを検証するかをビルドすると、BizTalk プロジェクト。
このシナリオでは、次のようなエラー メッセージが表示される場合があります:
例外がキャッチされました: マップに無効なスキーマのノードへの参照が含まれています。 おそらく、スキーマが変更されています。 BizTalk マッパーでマップを再読み込みを実行してください。 ノードの XSD の XPath です:...
メモ
  • は、BizTalk マップとして同じプロジェクト内のスキーマを入れる場合は、この問題は発生しません。
  • 問題は単純および複雑な型のさまざまなスキーマで定義するときに発生します。 さらに、またインポートまたは他のスキーマをスキーマに含める。
原因
この問題が発生したため、BizTalk マッパーない設定スキーマの種類が正しく各種単純および複雑な型がスキーマに定義されている場合
解決方法
BizTalk Server 2006 R2 SP1 用の累積的な更新プログラム パッケージ 2 は、この問題を解決する修正プログラムが含まれています。

累積的な更新プログラム パッケージの入手方法の詳細についてをクリックして、マイクロソフト サポート技術資料を参照するのには、次の文書番号:
2211420階層更新パッケージを BizTalk Server 2006 R2 の Service Pack 1 の 2
BizTalk Server 2006 R2 SP1 の修正プログラムの詳細については、クリックして、マイクロソフト サポート技術資料を参照するのには、次の文書番号:
974563リストを Microsoft BizTalk Server ホットを修正する BizTalk Server 2006 R2 の Service Pack 1 に含まれています。
BizTalk Server の修正プログラムの詳細については、クリックして、マイクロソフト サポート技術資料を参照するのには、次の文書番号:
2003907BizTalk Server の修正プログラムについて
状況
マイクロソフトとして認識してこれが問題をマイクロソフトの製品が一覧表示で、対象のセクション。
詳細
は、BizTalk マップを検証する方法の詳細については、次のマイクロソフトの開発者ネットワーク (MSDN) Web サイトを参照してください:他のスキーマを使用してスキーマを作成する方法の詳細については、次の MSDN Web サイトを参照してください:

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2148970 - 最終更新日: 12/12/2015 08:55:48 - リビジョン: 2.0

Microsoft BizTalk Server 2006 R2 Branch, Microsoft BizTalk Server 2006 R2 Developer Edition, Microsoft BizTalk Server 2006 R2 Enterprise Edition, Microsoft BizTalk Server 2006 R2 Standard Edition

  • kbnosurvey kbarchive kbfix kbqfe kbbtsmapper kbexpertiseadvanced kbautohotfix kbmt kbsurveynew kbbiztalk2006r2presp2fix KB2148970 KbMtja
フィードバック