現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

[FIX] SQL Server 6.5 エラー 603 で LOAD DATABASE が失敗する

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP215458
サポート期間が終了した「サポート技術情報」資料に関する免責事項
この資料は、マイクロソフトでサポートされていない製品について記述したものです。そのため、この資料は現状ベースで提供されており、今後更新されることはありません。
BUG #: 18582 (SQLBUG_65)
現象
SQL Server 6.5 サービスパック 5 ( SP5 )が動作しているサーバー上での LOAD DATABASE がエラー 603 で失敗することがあります。これは DUMP DATABASE を実施する以前に、データベースのバックアップ/リストア コマンドが SQL エンタープライズ マネージャのツール メニューから選択された場合に発生する可能性があります。この問題が発生した場合、エラー 603 のメッセージが表示されません。エラー 603 は、"このクエリーの実行に利用できるシステムセッションディスクリプタが不足しています。プロセスが利用できる最大数は %1! です。クエリーを分割して、再実行してください。"このメッセージ内容は、このケースでは意味がありません。

この問題が発生する時には、SQL Server エラーログは下記のものを表示します。
   1999/01/22 17:16:53.72 spid10   Getpage: bstat=0x1008/0,   sstat=0x80000001, disk   1999/01/22 17:16:53.72 spid10     pageno is/should be: objid is/should   be:   1999/01/22 17:16:53.72 spid10     0(0) 0(0)   1999/01/22 17:16:53.72 spid10     0x1(1) 0x1(1)   1999/01/22 17:16:53.72 spid10   ... page header is all zeroes   ... getpage error repeated   1999/01/22 17:16:53.73 spid10   Getpage: bstat=0x100c/0, sstat=0x1,   cache   1999/01/22 17:16:53.73 spid10     pageno is/should be: objid is/should   be:   1999/01/22 17:16:53.73 spid10     0(0) 0(0)   1999/01/22 17:16:53.73 spid10     0x1(1) 0x1(1)   1999/01/22 17:16:53.73 spid10   ... page header is all zeroes   1999/01/22 17:16:53.73 spid10   Error: 603, Severity: 19, State: 1
原因
ダンプファイルのページヘッダ情報にいくつかの不正な値が含まれています。このことは、バックアップが取られる前に、T-SQL や SQL Server エンタープライズ マネージャで sp_sysbackuphistory が使用されることで発生します。
回避策
SQL エンタープライズ マネージャではなく、ISQL コマンドラインユーティリティを使用してバックアップを作成することで、この問題の発生の可能性を低くすることができます。しかしながら、注意しなくてはいけないことは、もし SQL エンタープライズ マネージャを実行しているユーザーがツール メニュー上のデータベースのバックアップ/復元を選択している場合、(ユーザーが実際にバックアップを実行していない場合でも)コマンドラインからの後続のバックアップが影響されます。SQL Server のホットフィックスがマイクロソフト製品サポートサービスより利用することができ、これによって不正なダンプファイルの生成を避けることができます。ダンプファイルが既に作成されている場合、SQL Server のホットフィックス版でトレースフラグ 3282 を使用することでデータベースのロードを可能にします。このトレースフラグの適用方法の説明は、システム管理者ガイドの「トレースフラグの使用」を参照してください。その文章には、3 種類のトレースプラグの使用方法について書かれています。Sqlservr.exe をコマンドラインから実行するか、セットアップ プログラムからの -T オプションのみを使用してください。DBCC TRACEON で間接的に -T オプションを使用しないでください。
状況
マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。この問題は Microsoft SQL Server version 6.5 Service Pack 5a で修正済みです。最新の SQL Server Service Pack のダウンロードおよびインストールの詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
この資料は、米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 215458 (最終更新日 1999-05-04) を基に作成したものです。

関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 215458 (最終更新日 1999-12-21) を基に作成したものです。

err msg backup fail crash errorlog sp sp5a ent man entman SEM
プロパティ

文書番号:215458 - 最終更新日: 04/25/2005 04:43:42 - リビジョン: 3.1

Microsoft SQL Server 6.5 Service Pack 5

  • backup kbfix kbfix load sem sp5afix sql65 KB215458
フィードバック
>