現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Excel 2000 でマクロを実行するときに "このプロジェクトのマクロは無効に設定されています" というエラー メッセージが表示される

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP215715
現象
Samples.xls ファイルのマクロを実行するときに、次のエラー メッセージが表示されます。
このプロジェクトのマクロは無効に設定されています。マクロを有効にする方法についてはオンライン ヘルプまたはホスト アプリケーションのドキュメントを参照してください。
原因
この問題は、マクロのセキュリティ レベルを [高] に設定した状態で、Microsoft Excel または Microsoft Office に含まれている Samples.xls ファイルのいずれかのサンプル マクロを実行した場合に発生します。
解決方法
Samples.xls ブック内のサンプル マクロを実行するには、マクロのセキュリティ レベルを [中] または [低] に設定します。マクロのセキュリティ レベルを変更するには、次の手順を実行します。
  1. Samples.xls ファイルが開いている場合は、閉じます。
  2. [ツール] メニューの [マクロ] をポイントし、[セキュリティ] をクリックします。
  3. [セキュリティ] ダイアログ ボックスの [セキュリティ レベル] タブをクリックします。
  4. [中] をクリックし、[OK] をクリックします。
  5. Samples.xls を開きます。マクロを有効または無効のいずれにするかを確認するメッセージが表示されたら、[マクロを有効にする] をクリックします。
詳細
Microsoft Excel または Microsoft Office をインストールすると、セットアップ プログラムによって、サンプル ブックが以下のフォルダにインストールされます。
C:\Program Files\Microsoft Office\Office\Samples
: Office プログラムをインストールした場所によっては、上記の場所は異なる場合があります。

Excel のマクロのセキュリティを [高] に設定して、信頼できる作成元からのデジタル署名されたマクロしか実行されない (署名されていないマクロは無効にする) ようにすると、Samples.xls ブックのサンプル マクロの実行は許可されません。Microsoft Excel のアドインの中には、Excel 4.0 のマクロのコードを含むものもあります。この種のマクロ (xlm として参照されます) は、Visual Basic モジュールではなくマクロ シートに保存されます。Excel 4.0 のマクロは、デジタル署名できず、マクロのセキュリティが [高] に設定されていると開くことができません。他のアドインとの整合性のため、Samples.xls もセキュリティ確保のためにデジタル署名されていません。

詳細については、「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) の次の資料を参照してください。
225078 [XL2000] アドインの信頼のおける発行元を削除するとエラーが発生する
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 215715 (最終更新日 2004-09-23) を基に作成したものです。
XL2000 code vba
プロパティ

文書番号:215715 - 最終更新日: 08/19/2005 08:52:30 - リビジョン: 4.1

  • Microsoft Excel 2000 Standard Edition
  • Microsoft Visual Basic for Applications 6.0
  • kbmacro kbconfig kbdtacode kberrmsg kbnofix kbprb KB215715
フィードバック