Windows NT 4.0 で SYSPREP : 誤ったシャットダウンでイベント ログにメッセージが残る

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP216071
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
SYSPREP ユーティリティが、システムを正常にシャットダウンせず、システム イベント ログに予期しないシャットダウン メッセージ (イベント 6008) を残します。関連情報については、Microsoft Knowledge Base の以下の資料を参照してください。
195446 How Customers Can Obtain System Preparation Tool for WinNT 4.0

イベント 6008 の詳細については、Microsoft Knowledge Base の以下の資料を参照してください。

196452[NT] イベント 6005、6006、6008、6009 がログに記録される
原因
この問題は、ミニ セットアップの完了後、SYSPREP ユーティリティがシステムを正常に終了しないことが原因です。
解決方法
この問題を解決するためのモジュールは、Windows NT 4.0 日本語版サービスパック 5 以降に含まれております。Windows NT 4.0 日本語版の最新サービスパックについては、以下 Web サイトから入手できます。
状況
弊社では、これが Windows NT 4.0 の System Preparation ツールにかかわる問題であることを認識しております。この問題は Windows NT version 4.0 Service Pack 5 で修正済みです。
詳細
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 216071 (最終更新日 2000-11-16) を基に作成したものです。

プロパティ

文書番号:216071 - 最終更新日: 01/24/2014 03:22:17 - リビジョン: 1.3

  • Microsoft Windows NT Workstation 4.0 Developer Edition
  • kbnosurvey kbarchive _ik kbqfe KB216071
フィードバック