OL2000: (CW) エラー メッセージが新しい cc:Mail プロファイルで Outlook を開始

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:216125
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
: この資料で、手順は企業/ワークグループ オプションで Outlook をインストールした場合にのみ適用します。 このオプションを使用すると、MAPI (メッセージング アプリケーション プログラミング インターフェイス) サービスを使用できます。 インストール種類を確認するには [ ヘルプ ] メニューの [ バージョン情報 </a0>] をクリックします。 企業/ワークグループのインストールを持っている場合は「企業/ワークグループ」を表示します。
現象
中に、cc:Mail ポスト オフィスを使用するプロファイルを構成すた後 Outlook を起動しようとしましたが表示がされること、次のエラー
拡張機能の構成ファイル '、Files\Microsoft Office\Office\Addins\ccmxp.ecf"をインストールすることができませんでした。 ファイルの構文または形式に誤りがあります。 構成ファイル"、Files\Microsoft Office\Office\Addins\ccmxp.ecf"のエラー Files\Common Files\System\Map の...."を読み込めません メモリまたはシステム リソースが不足しているか、あるいは必要な DLL が見つからないことが考えられます。
続けてください。
ファイルのアドイン"ccmxp.ecf"がないかが有効ではありません。 問題を解決するには [ヘルプ] メニューの [アプリケーションの自動修復] を使用してください。
ロータス cc:Mail の MS Outlook サポート」を追加すると、次のエラーが表示されます可能性があります。
アドイン"ccmxp32.dll"でしたいないインストールまたは読み込まれます。 問題を解決するには [ヘルプ] メニューの [アプリケーションの自動修復] を使用してください。 「、Files\Common Files\System\Map...」を読み込めませんでした。 メモリまたはシステム リソースが不足しているか、あるいは必要な DLL が見つからないことが考えられます。
Microsoft Office 2000 アプリケーションの自動修復 機能を実行しても、動作は影響しません。
原因
ロータス ベンダー独立メッセージ (VIM) のサポート、] も [cc:Mail 構成ファイルとユーティリティ] のどちらもがコンピューター上でインストールされます。
解決方法
一連のエラー メッセージが上記の「現象」で参照を解決するには、には取得して、ロータス最新の 32 ビットの VIM ライブラリをインストールする必要があります。 これらのファイルをロータス サポートの Web サイトからダウンロード利用できます。 さらに、EXPORT.EXE、Import.exe、および Ie.ri ファイルのコピー システム フォルダーに Microsoft Windows NT 4. 0 を使用する場合 Windows 95 または Windows 98、または System32 フォルダーを使用している場合。 これらのファイルは、cc:Mail ポスト オフィス サーバー上の Ccadmin フォルダーに通常格納されます。
状況
マイクロソフトでは、この問題を Microsoft Outlook 2000 の問題として認識しています。
詳細
上記の「現象」記載のエラー、に加えてプロファイルに、cc:Mail サービスの プロパティ を表示しようとして、次のエラーを返すことがあります。
アクションを完了できませんでした。 インフォメーション サービスの.dll ファイルを読み込めませんでした。
関連情報
Outlook では、使用するためのサポートを取得して Lotus VIM をインストールする方法についてはおよびロータス cc:Mail のトランスポートの MS Outlook サポートを構成する次の「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) の次のアーティクル参照してくださいするには。
195594 OL2000: (CW) トラブルシューティング cc:Mail Outlook での接続
この資料に記載されているサードパーティ製品は、マイクロソフトと関連のない他社の製品です。 Microsoft いかなる責任も負わないものと、黙示またはそれ以外の場合は、パフォーマンスやこれらの製品の信頼性に関するします。
ol2k

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:216125 - 最終更新日: 02/01/2014 17:17:25 - リビジョン: 3.0

Microsoft Outlook 2000

  • kbnosurvey kbarchive kbbug kbnofix kbmt KB216125 KbMtja
フィードバック
ERROR: at System.Diagnostics.Process.Kill() at Microsoft.Support.SEOInfrastructureService.PhantomJS.PhantomJSRunner.WaitForExit(Process process, Int32 waitTime, StringBuilder dataBuilder, Boolean isTotalProcessTimeout)