グループ ポリシーのクライアント側拡張機能の動作のトラブルシューティング

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP216358
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:216358
Notice
この資料は Windows 2000 に適用されるものです。2010 年 7 月 13 日をもって Windows 2000 のサポートは終了します。を Windows 2000 のサポート終了のソリューション ・ センター Windows 2000 の移行戦略を計画するための開始点です。詳細については、 マイクロソフト サポート ライフ サイクル ポリシー.
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
概要
Windows ベースのコンピューターでグループ ポリシーが処理されている場合は、クライアント側の拡張機能は、ストアドのポリシーを解釈し、環境を適切に変更コンポーネントです。トラブルシューティングでは、拡張機能のポリシーの適用を指定すると、管理者の設定パラメーターは、拡張機能を表示できます。これらのパラメーターは、レジストリ値の形式でです。
詳細
重要: このセクション、方法、またはタスクには、レジストリの変更方法が記載されています。レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。そのため、この手順を慎重に実行するようにしてください。万一に備えて、編集の前にレジストリをバックアップしてください。そうすることで、問題が発生した場合でもレジストリを復元できます。レジストリをバックアップおよび復元する方法の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
322756 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法


各クライアント側拡張機能は、次のパスの下のサブキーによって識別されます。
HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Winlogon\GPExtensions
サブキー名は、は、グローバル一意識別子 (GUID) の形式をとります。登録されているグループ ポリシーのクライアント側の拡張子の識別の詳細については、次の資料で、マイクロソフト サポート技術情報を参照してください。
216357 グループ ポリシーのクライアント側の拡張機能を識別します。

クライアント側の拡張機能のレジストリ値

次のレジストリ値は、各クライアント側拡張機能が存在できます。これらの値の一部を表示ことがあります注意してください。ここでは、指定するデフォルト値は、クライアント拡張機能によって使用されます。

値: DllName
種類: REG_EXPAND_SZ
データ:<Client-side extension="" dll=""></Client-side>

値: ProcessGroupPolicy
型: REG_SZ
データ: グループ ポリシーの処理はこの拡張機能に渡されたときに呼び出すクライアント側拡張機能の関数です。

値: NoMachinePolicy
目的: は、コンピューターのポリシーを適用すると、クライアント拡張機能は、グループ ポリシーを処理するかどうかを決定します。
種類: REG_DWORD
データ:
  • 0 (ゼロ) または値が存在しないプロセスを =
  • 0x1 = 処理
既定値: 0 (0)

値: NoUserPolicy
目的: は、ユーザー ポリシーを適用すると、クライアント拡張機能は、グループ ポリシーを処理するかどうかを判断します。
種類: REG_DWORD
データ:
  • 0 (ゼロ) または値が存在しないプロセスを =
  • 0x1 = 処理
デフォルト値: 0x0 = 拡張プロセスは、ユーザーのグループ ポリシーは、通常は。

値: NoSlowLink
目的: は、低速リンクが検出されると、クライアント拡張機能は、グループ ポリシーを処理するかどうかを判断します。
種類: REG_DWORD
データ:
  • 0 (ゼロ) または値が存在しないプロセスを =
  • 0x1 = 処理
既定値: 0 (0)

値: NoBackgroundPolicy
目的: グループ ポリシーのバック グラウンド更新が発生すると、クライアント拡張機能は、グループ ポリシーを処理するかどうかを判断します。
種類: REG_DWORD
データ:
  • 0 (ゼロ) または値が存在しないプロセスを =
  • 0x1 = 処理
既定値: 0 (0)

値: NoGPOListChanges
目的: キャッシュされた以前処理された Gpo の一覧と、現在のリストの間で変更されていない場合、クライアント拡張機能は、グループ ポリシーを処理するかどうかを判断します。
種類: REG_DWORD
データ:
  • 0 (ゼロ) または値が存在しないプロセスを =
  • 0x1 = 処理
既定値: 0 (0)

値: PerUserLocalSettings
目的: 有効にする場合は、ユーザー ポリシー ユーザー単位およびコンピューター単位のキャッシュされます。
種類: REG_DWORD
データ:
  • 0 (ゼロ) または値が存在しない = 無効
  • 0x1 = 有効
既定値: 0 (0)

値: RequiresSuccessfulRegistry
目的: 有効に場合は、グループ ポリシーを処理する前に発生することがクライアント側の拡張機能のコンポーネントの登録の成功が必要です。
種類: REG_DWORD
データ:
  • 0 (ゼロ) または値が存在しない = 無効
  • 0x1 = 有効
デフォルト = 0 (ゼロ)

値: EnableAsynchronousProcessing
目的: グループ ポリシー クライアント拡張機能の操作を実行しているときに処理を続けますかどうかを判断します。
種類: REG_DWORD
データ:
  • 0 (ゼロ) または値が存在しない同期 =
  • 0x1 = の非同期
デフォルト = 0 (ゼロ)


トラブルシューティングへの移動

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:216358 - 最終更新日: 12/05/2015 12:45:39 - リビジョン: 4.0

Microsoft Windows 2000 Server, Microsoft Windows 2000 Advanced Server, Microsoft Windows 2000 Professional

  • kbnosurvey kbarchive kbinfo kbtshoot kbmt KB216358 KbMtja
フィードバック