現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

[IIS]ODBC 接続プールのパフォーマンス カウンタを有効にする方法

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP216950
概要
ODBC 接続プールを使用すると、Active Sever Pages (ASP) アプリケーション内のデータベース接続のパフォーマンスが向上します。デフォルトでは、接続プール用のパフォーマンス カウンタは無効になっています。この資料では、カウンタを有効にする方法、および、カウンタの内容について説明します。
詳細
パフォーマンス カウンタを有効にするための手順は次の通りです。
  1. コントロール パネルを開きます。
  2. [ODBC] アイコンをダブルクリックします。
  3. [接続プール] タブをクリックします。
  4. [パフォーマンス モニタ] セクションで、[有効にする] を選択します。
  5. [OK] をクリックします。
パフォーマンス モニタで、次のようなカウンタが ODBC 接続プール オブジェクトの下に表示されます。
  • Connections Currently Active (現在アクティブな接続): アプリケーションが現在使用している接続の数。
  • Connections Currently Free (現在未使用の接続): 接続要求に対して現在使用可能な接続の数。
  • Connections Sec/Hard (毎秒の接続数/ハード): 1 秒ごとにデータ ソースに対して行なわれる接続の数。
  • Connections Sec/Soft (毎秒の接続数/ソフト): 1 秒ごとのプールからの接続数。
  • Disconnections Sec/Hard (毎秒の切断数/ハード): 1 秒ごとにデータ ソースに対し行なわれる切断の数。
  • Disconnections Sec/Soft (毎秒の切断数/ソフト): 1 秒ごとのプールからの切断数。
Active Server Pages および ODBC 接続プールについての詳細は、米国 Microsoft Corporation から提供されている以下の Knowledge Base をご覧ください。
ARTICLE-ID: 169470
TITLE: INF: Frequently Asked Questions About ODBC Connection Pooling

ARTICLE-ID: 189410
TITLE: HOWTO: Enable or Disable Connection Pooling in IIS 4.0

ARTICLE-ID: 164221
TITLE: INF: How to Enable Connection Pooling in an ODBC Application

ARTICLE-ID: 166083
TITLE: INF: How to Enable Connection Pooling in an OLE DB Application

ARTICLE-ID: 176056
TITLE: INFO: ADO/ASP Scalability FAQ
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 216950 (最終更新日 1999-04-23) をもとに作成したものです。

プロパティ

文書番号:216950 - 最終更新日: 09/06/2004 04:04:00 - リビジョン: 1.0

  • Microsoft Internet Information Server 2.0
  • Microsoft Internet Information Server 3.0
  • Microsoft Internet Information Server 4.0
  • Microsoft Internet Information Services 5.0
  • kbhowto コネクション プール KB216950
フィードバック