Office 365、Azure、Intune でトップ ドメインへの変更がサブドメインに反映されない

現象 
Microsoft Office 365、Microsoft Azure、Microsoft Intune で登録済みのドメイン(トップ レベル ドメイン) に変更を加える際、サブドメインにその変更が継承されません。この問題は、以下いずれかを行った場合に生じる可能性があります。
  • ドメインをスタンダードからフェデレーションに変更 
  • ドメインをフェデレーションからスタンダードに変更
  • ドメイン認証またはフェデレーション構成を設定 
  • ドメインAD FS 証明書利用者の信頼を更新
  • ドメイン所有者を認証
解決方法 
この問題を解決するには、サブドメインを削除し、親ドメインの作成と登録を行います。その後、サブドメインを再度作成します。

注: 親ドメインを登録後にサブドメインを追加した場合は、親ドメインの設定(認証、承認、フェデレーション)が反映されるため、サブドメインを認証する必要はありません。


追加情報 
この問題は、 トップレベル ドメインを登録する前にサブドメインを登録している場合に発生する可能性があります。サブドメインを最初に登録した場合、その承認および設定は同じ組織でも親ドメインとは別途管理されます。

例えば、次のような状況で問題が発生します。corp.constoso.com というドメインを登録します。その後、contoso.com というドメインを登録します。この場合、corp.contoso.com を登録して所有権を証明すると、 Microsoft Office 365 ではcontoso.com とは全く別のドメインとして名前空間(ネーム スペース)が作成されます。そのため、後にcontoso.com を登録し、この新しく登録したドメインに変更を加えても corp.contoso.com への影響はありません。

状況によっては、Office 365 サブドメインのドメイン プロパティを、親ドメインとは別に管理することもあります。

追加情報が必要な場合は Office 365 コミュニティ Web サイト、または Azure Active Directory フォーラム Web サイトを参照してください。
プロパティ

文書番号:2174324 - 最終更新日: 12/18/2014 09:12:00 - リビジョン: 12.0

Microsoft Azure Active Directory, Microsoft Office 365, Microsoft Intune, CRM Online via Office 365 E Plans, Microsoft Azure Recovery Services, Office 365 Identity Management

  • o365 o365a o365e o365022013 o365m KB2174324
フィードバック