Pentium II または Celeron CPU を搭載した Windows NT 4.0 で誤った CPUID 値が表示される

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP219368
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
Microsoft Windows NT 4.0 Service Pack 4 をインストールした後、Intel Mobile Pentium II または Mobile Celeron CPU (オンダイ L2 キャッシュ搭載) を搭載したコンピュータで、CPUID 命令を使用するプログラムを実行すると、関数呼び出しでゼロ (0) ではなく (1) の値が返されます。
解決方法
この問題を解決するためのモジュールは、Windows NT 4.0 日本語版サービスパック 5 以降に含まれております。Windows NT 4.0 日本語版の最新サービスパックについては、以下 Web サイトから入手できます。

状況
弊社ではこの問題を、この資料の冒頭に記載した Microsoft 製品の問題として認識しております。この問題は Windows NT Version 4.0 Service Pack 5 で修正済みです。
詳細
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 219368 (最終更新日 2001-02-23) を基に作成したものです。

プロパティ

文書番号:219368 - 最終更新日: 02/13/2014 14:20:23 - リビジョン: 3.2

  • Microsoft Windows NT Workstation 4.0 Developer Edition
  • Microsoft Windows NT Server 3.51
  • Microsoft Windows NT Server 4.0 Enterprise Edition
  • kbnosurvey kbarchive _ik kbenv kbhw kbqfe KB219368
フィードバック