パーティションが共有されていると Windows をデュアル ブートできない

Windows XP のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Windows XP のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP221061
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
Windows をインストール後に、致命的なエラーや一般エラーが発生する場合があります。エラー メッセージは、Windows XP または Windows 2000、および旧バージョンの Microsoft Windows NT 4.0、Microsoft Windows 98、Microsoft Windows 95 のいずれか (Program Files フォルダが使用されているバージョンの Windows) の両方で発生する場合があります。

Microsoft Windows 3.x、Microsoft Windows for Workgroups 3.1x、Microsoft Windows NT 3.x には影響がありません。
原因
この動作は、Windows XP または Windows 2000 と旧バージョンの Windows が同じパーティションにインストールされている場合に発生する可能性があります。これにより、一定のフォルダが、別のオペレーティング システムまたはそのオペレーティング システムにインストールされているプログラムによって共有されることになります。
解決方法
Windows XP または Windows 2000 は、Windows NT 4.0、Windows 98、Windows 95 のいずれかが含まれていないパーティションにインストールしてください。Windows XP または Windows 2000 と、Windows NT 4.0、Windows 98、Windows 95 のいずれかを、同じパーティションにインストールすることはできません。この構成はサポート対象外です。
詳細
共有ファイルが複数のオペレーティング システムで使用されると、バージョンの競合が発生することがあります。これらの問題を引き起こす共通コンポーネントは、Common Files フォルダ、Internet Explorer フォルダ、Outlook Express フォルダ、特定のプログラム フォルダ、その他のインターネット関連のコンポーネント、Accessories フォルダの下にあるファイルです。各オペレーティング システムによって、異なるバージョンのファイルが共有フォルダにインストールされる場合があります。このようなファイルは、そのバージョン以外のオペレーティング システムの下では動作しないことがあります。ほかのオペレーティング システムでは正しく動作しない、オペレーティング システム固有のファイルがプログラムによってインストールされる場合があります。
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 221061 (最終更新日 2001-10-09) をもとに作成したものです。

dual boot partition
プロパティ

文書番号:221061 - 最終更新日: 02/12/2014 05:55:58 - リビジョン: 2.1

  • Microsoft Windows XP Home Edition
  • Microsoft Windows XP Professional Edition
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • Microsoft Windows 2000 Professional Edition
  • Microsoft Windows 2000 Server
  • Microsoft Windows Millennium Edition
  • kbnosurvey kbarchive kbenv kbprb winxpnckb KB221061
フィードバック