現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

お使いのブラウザーはサポートされていません

このサイトを利用するには、ブラウザーを更新する必要があります。

Internet Explorer を最新バージョンに更新する

タブを追跡する Outlook の会議は更新されません。

Office 2003 のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Office 2003 のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2215547
現象
次のような状況を考えます。
  1. 会議をスケジュールし、会議出席依頼には、Microsoft Outlook を使用します。
  2. 出席者承諾、または会議を辞退し、会議の応答を送信します。
  3. Outlook の受信トレイ フォルダー内の会議の応答が表示されます。
このシナリオでは、予定表] フォルダーからスケジュールした会議を開くときに発生する管理] ページで、返信状況] 列で、更新された値が表示されないこと。

さらに、Outlook の更新情報を追跡し応答を削除し、オプションを有効にする、会議出席依頼は期待どおりに削除されません。
原因
別によって処理されている会議出席依頼、クライアント、デバイス、またはサード ・ パーティ製のアプリケーションです。これら可能性がありますなどが、次に制限されません。
  • Outlook アドインの場合
  • メール ・ アーカイブ ・ プログラム
  • コラボレーション データ オブジェクト (CDO) を使用して、Microsoft Exchange のメールボックスやカレンダーに同期するデバイス
  • メールボックスやカレンダーと同期する Microsoft Exchange ActiveSync (EA) を使用するデバイス
注: 場合は、出席者は、会議を承諾して、応答を送信しないように選択して、その対応することによって、[追跡] タブが更新されないことが必要です。
詳細
Outlook アドインの会議の返信を処理する原因となったかどうかを決定するには、Outlook のアドインを一時的に無効にして、問題の再現を試みます。アドインが無効になっているときに問題が発生しない場合、アドインの追加調査が必要場合があります。

アドインで Microsoft Office Outlook 2007年または Microsoft Outlook 2010 でを無効にする方法の詳細については、のマイクロソフト web サイトを開くには、次のリンクをクリックします。

2007 Microsoft Office の次のようにプログラムします。Microsoft Office 2010年プログラムのモバイル デバイスが、会議の返信を処理する原因となったかどうかを決定するには、定期的に使用されているすべてのモバイル デバイスがあるかどうかを確認、Exchange 予定表を同期します。既に解決された既知の問題を避けるためにモバイル デバイスの最新のオペレーティング システムにアップグレードすることを確認します。モバイル デバイスへのアクセスを一時的に無効にし、動作の再現を試みます。動作が発生しない場合、モバイル デバイスの追加の調査が必要な可能性があります。

MFCMapi を使用して、予定表アイテムを確認するのには、問題の原因を調べることもできます。MFCMapi は、フォルダーと Exchange メールボックス内のアイテムに関する追加情報を公開する Messaging API (MAPI) クライアントです。MFCMapi をダウンロードするには、次の web サイトを参照してください。以外の Outlook で会議の返信が処理されたかどうかを確認するのには、次の手順を実行します。
  1. Outlook クライアント コンピューターに、会議を作成し、出席者に会議出席依頼を送信します。
  2. Outlook を終了します。
  3. 出席者がミーティング招待状に同意し、構成内容の変更に応答を送信することがあります。
  4. クライアント コンピューターに Outlook を終了をしてください。
  5. MFCMapi を使用して、出席者に送信される会議の返信を確認します。これを行うには、以下の手順を実行します。
    1. MFCMAPI.exe を実行します。
    2. [セッション] メニューのをクリックし、[ログオン] をクリックします。
    3. プロファイルのメッセージが表示されたら、プロファイル名を選択し、し、[ OK] をクリックします。
    4. 上部のペインでは、自分のメールボックスに対応する行を探し、ダブルクリックします。
    5. ナビゲーション ウィンドウ (左側のペイン) でルート コンテナーを展開し、 IPM_SUBTREEします。

      注意
      手順 5 の C で選択したプロファイルは、オンライン モードで Exchange のメールボックスに接続する場合は、 IPM_SUBTREEの代わりに、インフォメーション ストアの最上位を展開します。
    6. その内容を表示する新しいウィンドウを開くに [受信トレイ] フォルダーをダブルクリックします。
    7. 会議の返信を検索する項目の出席者に送信されたことと、それを選択します。開くには、ダブルクリックします。
    8. 下部ウィンドウで、検索、 PR_PROCESSED [プロパティ名] 列のプロパティです。

      注: <b>会議の返信には、PR_PROCESSED プロパティと、会議の返信を別のクライアントによって処理された場合はtrue を指定するプロパティを設定すると、デバイス、またはサード ・ パーティ製のアプリケーションです。したがって、Outlook を起動するときと見なされるこのアイテムは既に処理されて、予定表アイテムのトラッキングが更新されないことです。
回避策
メールボックスと同期するデバイスで、「現象」に記載されている動作が原因である場合は、この問題を回避しようとすることができます。このセクションに記載されている回避策は、一時的なソリューションです。最適な状態で、永続的なソリューションを検索するのにはデバイスの製造元を操作する必要があります。

注: <b>次の回避策は、Outlook 2007 および Exchange キャッシュ モードで構成されており、Microsoft Exchange Server 2003年メールボックスに接続する Outlook 2010 クライアントにのみ適用されます。Outlook 2003 でスニファーのプロセスは、受信トレイ以外のフォルダーに会議出席依頼を処理しません。Exchange Server 2007年と Exchange Server 2010年のメールボックスには、カレンダー アテンダントは、会議出席依頼を受け取った時点を処理します。

この問題を回避するには、デバイスと同期されていないフォルダーに会議出席依頼を移動するルールを作成します。これを行うには、以下の手順を実行します。
  1. 受信トレイ] フォルダーに"MeetingResponses です"というサブフォルダーを作成します。
  2. この新しいサブフォルダーは、デバイスと同期していないことを確認します。
  3. Outlook で会議出席依頼を MeetingResponses フォルダーに移動するルールを作成します。これを行うには、以下の手順を実行します。
    1. [ツール] メニューの [仕訳ルールと通知をクリックします。

      注: <b>リボン上の Outlook 2010 で、[ファイル] タブをクリックして情報管理仕訳ルールと通知] をクリックします。
    2. 仕訳ルールと通知] ダイアログ ボックスで、新しいルールをクリックします。
    3. 自動仕訳ウィザード] ダイアログ ボックスで、受信メッセージにルールを適用] をクリックし、[次へ] をクリックします。
    4. フォーム名フォームを使用して条件を有効にする] をクリックし、ダイアログ ボックスの下部にある [ステップ 2] ボックスに表示されるフォーム名ハイパーリンクをクリックします。
    5. フォームの選択] ダイアログ ボックスでは、上部のドロップ ダウン メニューをクリックし、アプリケーションのフォームを選択する] をクリックし、します。
    6. ナビゲーション ウィンドウ (左側のペイン) では、会議の返信をそのまま使用してを選択し、[追加] をクリックします。
    7. ナビゲーション ・ ペインでは、会議の辞退の返信の場合を選択し、し、[追加] をクリックします。
    8. ナビゲーション ・ ペインでは、会議の仮承諾の返信の場合を選択し、し、[追加] をクリックします。
    9. 閉じる自動仕訳ウィザード] ダイアログ ボックスに戻るをクリックします。
    10. 自動仕訳ウィザード] ダイアログ ボックスで、次へをクリックします。
    11. 指定したフォルダーへ移動の操作を有効にする] をクリックし、ダイアログ ボックスの下部にある [ステップ 2] ボックスに表示される指定したハイパーリンク] をクリックします。
    12. フォルダーの選択] の [手順 1 で作成した MeetingResponses フォルダーを選択し、[ OK] をクリックします。
    13. [次へ] を 2 回クリックします。
    14. 規則の名前を変更します。 会議出席依頼プロセス、し、[完了] をクリックします。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2215547 - 最終更新日: 04/20/2016 10:06:00 - リビジョン: 3.0

  • Microsoft Office Outlook 2003
  • Microsoft Office Outlook 2007
  • Microsoft Outlook 2010
  • kbmt KB2215547 KbMtja
フィードバック
ript> >>ow.location.protocol) + "//c.microsoft.com/ms.js'><\/script>");