INF: SQL Server クラスター ウィザードのログを有効にする方法

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:221832
概要
この資料では、SQL Server のクラスター ウィザードを使用してセットアップの問題のトラブルシューティングにログ記録を有効にする方法について説明します。
詳細
ログを有効にするには、Windows NT 環境変数のリストには、_PRINT_FILE_ 変数を配置するのには、次の手順を使用します。
  1. コントロール パネルを開きをダブルクリックして、 システム アイコン。で、 [システムのプロパティ ダイアログ ボックスをクリックして、 環境 タブします。
  2. [システム環境変数] セクションでエントリを選択します。
  3. 明確に、 変数 ボックス。
  4. で、 変数 ボックスで、次を入力します。
    _PRINT_FILE_
  5. で、 ボックスで、次を入力します。
    パス\clustwiz.log
    注: パス ドライブおよび SQL Server クラスター ウィザードのセットアップ ログ ファイル、たとえば、C:\Winnt を格納するを手動で作成するフォルダーです。
  6. クリックして、 セット ボタン クリックします。
  7. クリックしてください。 [OK].
今すぐ SQL Server クラスター ウィザードを実行すると、情報が上記の手順 5 で指定したファイルに記録されます。

SQL Server 7.0 フェールオーバー クラスター ウィザードが自動的に Sqlclstr.log という名前のログ ファイルを作成し、_PRINT_FILE_ システム変数を明示的に追加しない場合は、システム ルート ディレクトリに Windows NT を配置します。

注: このログは、SQL Server のクラスター ウィザードを実行している場合にのみ使用されます。仮想の SQL Server を作成した後は、ログ ファイルは使用されなくなります。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:221832 - 最終更新日: 07/13/2011 19:08:00 - リビジョン: 5.0

  • kbinfo kbmt KB221832 KbMtja
フィードバック