Windows 2000 で以前に暗号化されたファイルにアクセスできない

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP221997
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
概要
ドメインに参加し、ドメイン アカウントでログオンしたときに、暗号化ファイル サービス (EFS) で以前に暗号化されたファイルにアクセスできないことがあります。

ローカル ユーザー コンテキストで暗号化されたファイルにアクセスするには、そのローカル アカウントでログオンして、ファイルを解読する必要があります。
詳細
Windows 2000 には、EFS という新しい CryptoAPI をベースとするサービスを使用したファイルおよびフォルダの暗号化機能が備わっています。EFS を使用するように構成されたファイルおよびフォルダは、最初にそれを暗号化したユーザー以外には一切判読できません。

フォルダ自体は暗号化されませんが、そのフォルダは、中に作成されるファイルを暗号化するようマークされます。ファイルを解読できるユーザーは、そのファイルの作成者だけとは限りません。すべての回復エージェントもそのファイルを解読できます。

: キーをインポートすることができます。ローカル アカウントでは、ドメイン アカウントのキーをインポートすることにより、アクセスすることができます。
プロパティ

文書番号:221997 - 最終更新日: 02/10/2014 14:09:32 - リビジョン: 4.0

  • Microsoft Windows 2000 Server
  • Microsoft Windows 2000 Professional
  • kbnosurvey kbarchive kbinfo KB221997
フィードバック