Windows 2000 でのファイルの暗号化

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP222054
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
概要
Windows 2000 には、EFS (Encrypting File Service) が用意され、ローカルまたはネットワークを介して、記憶装置メディア上のファイルやフォルダを直接暗号化することができます。

EFS は Windows 2000 シェルに直接組み込まれており、ほとんどのプログラムに完全に透過的です。
詳細
EFS 暗号化は、次の手順で設定します。
  1. 暗号化するフォルダを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
  2. [全般] タブで [詳細] をクリックします。
  3. [内容を暗号化してデータをセキュリティで保護する] チェック ボックスをクリックして、オンにし、[OK] をクリックして、さらに [OK] をクリックします。
  4. [このフォルダにのみ変更を適用する] または [このフォルダ、およびサブフォルダとファイルに変更を適用する] の該当する方をクリックします。
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 222054 (最終更新日 1999-03-13) をもとに作成したものです。

プロパティ

文書番号:222054 - 最終更新日: 12/05/2015 13:22:25 - リビジョン: 4.1

Microsoft Windows 2000 Professional Edition, Microsoft Windows 2000 Server

  • kbnosurvey kbarchive kbhowto kbtool KB222054
フィードバック