プリンタの追加ウィザードで Windows 2000 インターネット プリント サーバーへの HTTP 接続が強制される

この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
プリンタの追加ウィザードのインターネット プリンタへ接続するオプションを使用して、Windows 2000 インターネット プリント サーバーへの接続を確立しようとすると、ポートが自動的に HTTPプリンタ ポートとしてインストールされます。 ローカル接続の速度を高める RPC 接続のテストは行われません。
原因
プリンタの追加ウィザードが、Windows 2000 に対してサードパーティ製造元のインターネット プリント サーバーを接続する機能を付与することを目的に設計されているために、この現象が発生します。 プリンタの追加ウィザード接続では、Web ポイント アンド プリントや速度の最適化チェックなど、高度なインターネット印刷機能はサポートされません。
解決方法
これら高度な機能を使用するには、Web ブラウザから次の構文を使用して、サーバーをポイントすることによって、プリンタに接続し、インストールします。
http://サーバー名/プリンタ共有
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 222078 (最終更新日 2003-05-14) を基に作成したものです。
プロパティ

文書番号:222078 - 最終更新日: 01/23/2014 04:40:08 - リビジョン: 2.0

  • Microsoft Windows 2000 Server
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • Microsoft Windows 2000 Professional
  • Microsoft Windows 2000 Datacenter Server
  • kbnosurvey kbarchive kbprint kbprb KB222078
フィードバック