現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Windows 2000 システム ファイル チェッカー (Sfc.exe) について

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP222471
Microsoft Windows XP および Windows Server 2003 については、次の資料を参照してください。310747
概要
この資料では、Windows ファイル保護 (WFP) 機能で使用されるシステム ファイル チェッカー ツール (Sfc.exe) について説明します。
詳細
システム ファイル チェッカー ツールを使用すると、管理者は保護されたすべてのファイルを調査して、それらのバージョンを確認することができます。また、システム ファイル チェッカー ツールで、%SystemRoot%\System32\Dllcache フォルダをチェックし、内容を復元することもできます。Dllcache フォルダが破損している場合や使用できない場合、sfc /scanonce コマンドまたは sfc /scanboot コマンドを使用して、フォルダの内容を修復できます。

システム ファイル チェッカー ツールの構文

  • /scannow コマンドを使用すると、保護されたシステム ファイルがすべて調査され、誤ったバージョンがマイクロソフトの正しいバージョンに置き換えられます。また、このコマンドにより、DLLCache フォルダに最新バージョンの保護されたファイルが保存されます。このコマンドを実行するには、Windows インストール ソース ファイルおよびインストール済みの Service Pack ファイルへのアクセスが必要です。通常、スキャン操作中に、これらのファイルの場所を指定します。
  • /scanonce コマンドを使用すると、すべての保護されたシステム ファイルが一度調査されます。このコマンドを実行するには、Windows インストール ソース ファイルへのアクセスが必要です。
  • /scanboot コマンドを使用すると、コンピュータを起動するたびに、保護されたすべてのシステム ファイルが調査されます。このコマンドを実行するには、Windows インストール ソース ファイルへのアクセスが必要です。
  • /cancel コマンドを使用すると、保護されたシステム ファイルの保留中の調査がすべてキャンセルされます。
  • /enable コマンドを使用すると、通常の処理用に WFP が有効になります。
  • /purgecache コマンドを使用すると、ファイル キャッシュが削除され、その直後に、保護されたすべてのシステム ファイルが調査されます。このコマンドを実行するには、Windows インストール ソース ファイルへのアクセスが必要です。このコマンドは、/cachesize=x コマンドの実行後に必要です。
  • /cachesize=x コマンドを使用すると、ファイル キャッシュ サイズが MB 単位で設定されます。このコマンドを実行するには、再起動後、/purgecache コマンドを実行してディスク上のキャッシュのサイズを調整する必要があります。
  • /quiet コマンドを使用すると、ユーザーへの確認なしで、すべての誤ったファイルのバーションが置き換えられます。
WFP 機能の詳細を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
222193 Windows ファイル保護機能について
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 222471 (最終更新日 2003-05-14) を基に作成したものです。
compatguidechange wfp sfp switches
プロパティ

文書番号:222471 - 最終更新日: 11/17/2004 07:56:00 - リビジョン: 4.0

  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • Microsoft Windows 2000 Datacenter Server
  • Microsoft Windows 2000 Professional
  • Microsoft Windows 2000 Server
  • kbinfo KB222471
フィードバック