現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Office 2003、Office XP Developer、および Office 2000 Developer で Visual Basic を使用して PowerPoint を自動化する方法

Office 2003 のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Office 2003 のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

概要
この資料では、Microsoft Office 2003、Microsoft Office XP Developer、および Microsoft Office 2000 Developer で Microsoft Visual Basic を使用して Microsoft PowerPoint を自動化する方法について説明します。
詳細
PowerPoint でオートメーションを使用することにより、印刷、スライドの表示、および対話的に行うことができるほとんどすべての操作をプログラムから実行できます。Visual Basic のオートメーションのサンプルを作成して実行するには、次の手順を実行します。
  1. 新しい標準 EXE プロジェクトを作成します。デフォルトで、Form1 が生成されます。
  2. CommandButton コントロールをデフォルトのフォームに追加します。
  3. [プロジェクト] メニューの [参照設定] をクリックし、[Microsoft PowerPoint 8.0 Object Library] と [Microsoft Office 8.0 Object Library] を追加します。Office 2000 の場合、タイプ ライブラリのバージョンは 9.0 です。Office 2002 の場合、バージョンは 10.0 です。Microsoft Office 2003 の場合、バージョンは 11.0 です。
  4. 次のコードをフォームのコード ウィンドウに追加します。
    Private Declare Sub Sleep Lib "kernel32" (ByVal dwMilliseconds As Long)Private Sub Command1_Click()    ' Start PowerPoint.    Dim ppApp As PowerPoint.Application    Set ppApp = CreateObject("Powerpoint.Application")     ' Make it visible.    ppApp.Visible = True     ' Add a new presentation.    Dim ppPres As PowerPoint.Presentation    Set ppPres = ppApp.Presentations.Add(msoTrue)     ' Add a new slide.    Dim ppSlide1 As PowerPoint.Slide    Set ppSlide1 = ppPres.Slides.Add(1, ppLayoutText)     ' Add some text.    ppSlide1.Shapes(1).TextFrame.TextRange.Text = "My first slide"    ppSlide1.Shapes(2).TextFrame.TextRange.Text = "Automating Powerpoint is easy" & vbCr & "Using Visual Basic is fun!"     ' Add another slide, with a chart.    Dim ppSlide2 As PowerPoint.Slide    Set ppSlide2 = ppPres.Slides.Add(2, ppLayoutTextAndChart)        ' Add some text.    ppSlide2.Shapes(1).TextFrame.TextRange.Text = "Slide 2's topic"    ppSlide2.Shapes(2).TextFrame.TextRange.Text = "You can create and use charts in your Powerpoint slides!"     ' Add a chart in the same location as the old one.    Dim cTop As Double    Dim cWidth As Double    Dim cHeight As Double    Dim cLeft As Double    With ppSlide2.Shapes(3)        cTop = .Top        cWidth = .Width        cHeight = .Height        cLeft = .Left        .Delete    End With    ppSlide2.Shapes.AddOLEObject cLeft, cTop, cWidth, cHeight, "MSGraph.Chart"     ' Add another slide, with an organization chart.    Dim ppSlide3 As PowerPoint.Slide    Set ppSlide3 = ppPres.Slides.Add(3, ppLayoutOrgchart)     ' Add some text.    ppSlide3.Shapes(1).TextFrame.TextRange.Text = "The rest is only limited by your Imagination"     ' Add an Org Chart in the same location as the old one.    With ppSlide3.Shapes(2)        cTop = .Top        cWidth = .Width        cHeight = .Height        cLeft = .Left        .Delete    End With    ppSlide3.Shapes.AddOLEObject cLeft, cTop, cWidth, cHeight, "OrgPlusWOPX.4" 'OrgPlusWOPX.4     ' is an object of the application Microsoft Organization Chart     ' Setup slide show properties.    With ppPres.Slides.Range.SlideShowTransition        .EntryEffect = ppEffectRandom        .AdvanceOnTime = msoTrue        .AdvanceTime = 5 ' 5 seconds per slide    End With     ' Prepare and run the slide show.    With ppPres.SlideShowSettings        .ShowType = ppShowTypeKiosk        .LoopUntilStopped = msoTrue        .RangeType = ppShowAll        .AdvanceMode = ppSlideShowUseSlideTimings        .Run    End With     ' Sleep so user can watch the show.    Sleep (15000)     ' Clean up.    ppApp.QuitEnd Sub					
  5. プロジェクトを実行します。
関連情報
Office オートメーションの詳細については、次の Microsoft Office Development サポート サイトを参照してください。
プロパティ

文書番号:222929 - 最終更新日: 01/30/2006 07:30:00 - リビジョン: 5.1

  • Microsoft Office Standard Edition 2003
  • Microsoft Office XP Developer Edition
  • Microsoft Office 2000 Developer
  • Microsoft Visual Basic 5.0 Professional Edition
  • Microsoft Visual Basic 6.0 Professional Edition
  • Microsoft Visual Basic 5.0 Enterprise Edition
  • Microsoft Visual Basic 6.0 Enterprise Edition
  • Microsoft Office PowerPoint 2003
  • Microsoft PowerPoint 2002 Standard Edition
  • Microsoft PowerPoint 2000 Standard Edition
  • Microsoft PowerPoint 97 Standard Edition
  • kbhowto kbautomation KB222929
フィードバック