Windows 2000 または Windows Server 2003 のクラスタ サーバーにおけるイベント ログ複製の構成方法

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響します。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP224969
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
概要
Microsoft Windows 2000 Advanced Server、Windows 2000 Datacenter Server、Windows Server 2003 Datacenter Edition、Windows Server 2003 Enterprise Edition にクラスタリングをインストールすると、既定では、クラスタ内の 1 つのノードのイベント ログに記録されているイベントが、他のノードのイベント ログにも記録されてしまいます。これは、イベント ログの複製と呼ばれる機能ですが、必要に応じて、この機能をクラスタ全体またはノード単位で無効化することができます。
詳細
EnableEventLogReplication プロパティを構成するには、コマンドラインの Cluster.exe を使用します。

クラスタ全体でイベント ログの複製を無効にするには、次の構文を使用します。
cluster /prop EnableEventLogReplication=0
イベント ログの複製を有効にするには、次のコマンドを使用します。
cluster /prop EnableEventLogReplication=1
クラスタの単一ノードでイベント ログの複製を無効にするには、次の構文を使用します。
clustername of node/prop EnableEventLogReplication=0
name of node には、該当するノードのコンピュータ名を代入します。

特定のノードからの複製を有効にするには、次の構文を使用します。
clustername of node/prop EnableEventLogReplication=1
name of node には、該当するノードのコンピュータ名を代入します。

あるノードでの複製を無効にすると、そのノードから他のノードへのイベントの複製も無効になることに注意してください。EnableEventLogReplication プロパティがオンになっているノードからそのノードへの複製は可能です。ここでは、システム、アプリケーション、およびセキュリティのイベント ログのみが複製されることに注意してください。
プロパティ

文書番号:224969 - 最終更新日: 02/23/2014 13:46:44 - リビジョン: 2.5

Microsoft Windows 2000 Advanced Server, Microsoft Windows 2000 Datacenter Server, Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition (32-bit x86), Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86), Microsoft Windows Server 2003, Datacenter x64 Edition, Microsoft Windows Server 2003, Enterprise x64 Edition

  • kbnosurvey kbarchive kbhowto kbtool kbenv kbexpertiseinter kbproductlink KB224969
フィードバック