現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Office Live Meeting 2007 ユーザーからサーバーへのコンテンツの格納形式がいくつかの使用を防ぐことはできません。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2254818
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
のいくつかの形式を使用して Microsoft Office Live Meeting 2007 では、Microsoft Office Live Meeting 2007 ユーザーを防ぐことはできません。 これらは、Office Communications サーバーに格納するコンテンツの形式は。
解決方法
この問題を解決するには、次の累積的な更新プログラムのインストール:
2029026は、Windows Live Meeting 2007 クライアント更新プログラム パッケージの説明: 2010年 7 月

状況
マイクロソフトとして認識してこれが問題をマイクロソフトの製品が一覧表示で、対象のセクション。
詳細
、更新プログラムをインストールした後は、次の形式を有効にしたりできる、会議センターの管理者によって無効になって:
  1. 出席者のコメント
  2. 配布資料
  3. 質問と解答
  4. 発表者ノートを共有
  5. テキスト ページ
  6. ホワイト ボード
  7. Web ページ
  8. 画面のスナップショット
  9. ポーリング ページ
  10. スライドをアップロードします。
  11. 記録の有効期限 (すべての以前の形式は無効にする場合にこのモードが非表示)
を有効にするか、会議センターにポリシーを適用する必要がありますが記載されているここでは、形式を無効にします。 詳細については、このポリシー、営業担当者に連絡してください。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2254818 - 最終更新日: 12/12/2015 09:25:19 - リビジョン: 2.0

Microsoft Office Live Meeting 2007

  • kbnosurvey kbarchive kbqfe kbexpertiseinter kbmt kbsurveynew KB2254818 KbMtja
フィードバック