Windows 7、Windows Vista および Windows XP 間でファイルやフォルダーを共有する方法

Windows XP のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Windows XP のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

はじめに
この資料では Windows 7、Windows Vista および Windows XP 間でファイルやフォルダーを共有する方法について説明します。

Windows 7 にはファイルを共有するための機能としてホームグループがありますが、この機能は Windows 7 同士で共有する場合でしか設定できません。しかし、パブリック フォルダーを利用したり、ファイルやフォルダーに対して共有の設定をすることで、同じネットワーク内にあるコンピューター同士 (たとえば、家の中や会社内など)なら、異なる Windows バージョン間でも共有できるようになります。

異なる Windows バージョン間でファイルやフォルダーを各コンピューターから閲覧できるようにするには、次の手順を実行してください。



この手順を実行すると、共有したいファイルを共有フォルダーに保存するだけで共有することができます。

注 : 共有フォルダー名は Windows のバージョンごとに異なり、以下の名前で表示されています。

Windows 名共有フォルダーの名前
Windows 7パブリックフォルダー
Windows Vistaパブリック
Windows XP共有ドキュメント


また、Windows 7 上の特定のファイルやフォルダーのみを共有する場合は、手順 1 から手順 3 までを実行した後に、「Windows 7 上の特定のファイルやフォルダーを他のコンピューターと共有する方法」を実行してください。

この資料は初級レベルから中級レベルまでのコンピューターユーザーを対象にしています。
手順1:ワークグループ名を統一する
共有するコンピューターに設定されているワークグループ名をすべて同じ名前にします。

ワークグループ名を変更するには以下の手順を実行してください。

Windows Vista および Windows 7 の場合 :

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[コンピューター] を右クリックして、[プロパティ] をクリックします。
  2. [コンピューターの基本的な情報の表示] 画面の [コンピューター名、ドメイン名およびワークグループの設定] に表示されているワークグループ名が、共有するコンピューターと同じワークグループ名かどうか確認します。違う場合は、以下の手順でワークグループ名を変更します。同じ場合 [閉じる] ボタンをクリックして画面を終了します。

    ワークグループ名を変更する方法 :
    1. ワークグループ名を変更する場合は、[設定の変更] をクリックします。ユーザーアカウント制御の画面が表示された場合は [続行] ボタンをクリックします。
    2. [システムのプロパティ] 画面の [コンピューター名] タブをクリックし、 [変更] ボタンをクリックします。
    3. [コンピューター名/ドメイン名の変更] 画面の [次のメンバもしくは所属するグループ] にある [ワークグループ] に、変更したいワークグループ名を入力し、[OK] をクリックします。
    4. "ワークグループ名へようこそ" とメッセージが表示されたら [OK] をクリックします。
    5. [システムのプロパティ] 画面の [閉じる] ボタンをクリックします。 "コンピューターの再起動が必要です" とメッセージが表示されたら、[今すぐ再起動する] ボタンをクリックして、コンピューターを再起動します。

Windows XP でワークグループ名の場合 :

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[マイコンピューター] を右クリックして、[プロパティ] をクリックします。
  2. [システムのプロパティ] 画面の [コンピューター名] タブをクリックし、ワークグループ名が、共有するコンピューターと同じワークグループ名かどうか確認します。違う場合は、以下の手順で、ワークグループ名を変更します。同じ場合 [OK] をクリックして [システムのプロパティ] 画面を終了します。

    ワークグループ名を変更する方法 :
    1. ワークグループ名を変更する場合は [変更] ボタンをクリックし、ワークグループ名を入力して [OK] をクリックします。
    2. "ワークグループ名 ワークグループへようこそ" とメッセージが表示されたら [OK] をクリックします。
    3. "変更を有効にするには、コンピューターを再起動してください" とメッセージ表示されたら、[OK] をクリックします。
    4. [システムのプロパティ] 画面の [OK] をクリックします。
    5. "新しい設定を有効にするには、コンピューターを再起動する必要があります。今すぐ再起動しますか?" とメッセージが表示されたら、[はい] ボタンをクリックして、コンピューターを再起動します。
手順2:共有オプションを有効にする
共有するすべてのコンピューターの共有オプションの設定をします。

共有オプションを有効にするには、以下の手順を実行してください。

Windows 7 の場合 :

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[コントロールパネル] をクリックします。
  2. [表示方法] の [カテゴリ] をクリックします。
  3. [ホームグループと共有に関するオプションの選択] をクリックします。
  4. [共有の詳細設定の変更] をクリックします。

    注 : ここで [ホームグループ設定の変更] 画面が表示される場合は、[ホームグループへの参加を終了する] をクリックして、次に、[ホームグループへの参加を終了します] をクリックし、 [完了] ボタンをクリックして、ホームグループへの参加を終了します。その後、[共有の詳細設定の変更] をクリックします。
  5. [ホームまたは社内] の設定を、以下のように変更し、[変更の保存] ボタンをクリックします。
    • [ネットワーク探索] の [ネットワーク探索を有効にする] をクリックします。
    • [ファイルとプリンターの共有] の [ファイルとプリンターの共有を有効にする] をクリックします。
    • [パブリックフォルダーの共有] の [共有を有効にしてネットワークアクセスがある場合はパブリックフォルダー内のファイルを読み書きできるようにする] をクリックします。
    • [パスワード保護共有] の [パスワード保護の共有を無効にする] をクリックします。

      注 : セキュリティを高めたい場合は有効にしてください。パスワード保護共有を有効にする場合は、共有フォルダーがあるコンピューターにアクセスするためのユーザー名とパスワードを登録し、共有フォルダーを開くときに入力する必要があります。

      ユーザー アカウントの登録については、次のサポート技術情報を参照してください。
      980325 家族で使っているパソコンに自分用のユーザー アカウントを作成したい
    • [ファイル共有の接続] の [40 ビット暗号化または 56 ビット暗号化を使用するデバイスのためのファイル共有を有効にする] をクリックします。
  6. [OK] ボタンをクリックします。
  7. [コントロールパネル] 画面の [ファイル] メニューの [閉じる] をクリックします。

Windows Vista の場合 :

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[コントロールパネル] をクリックします。
  2. [ファイルの共有の設定] をクリックします。
  3. [共有と探索] の各項目を、▼ ボタンをクリックして、以下のように変更し、[適用] ボタンをクリックします。
    • [ネットワーク探索] の [ネットワーク探索を有効にする] をクリックします。
    • [ファイル共有] の [ファイル共有を有効にする] をクリックします。
    • [パブリック フォルダー共有] の [共有を有効にしてネットワーク アクセスがある場合はファイルを開くことができるようにする] または [共有を有効にしてネットワーク アクセスがある場合はファイルを開く、変更する、作成することができるようにする] をクリックします。
    • [パスワード保護共有] の [パスワード保護の共有を無効にする] をクリックします。

      注 : セキュリティを高めたい場合は有効にしてください。パスワード保護共有を有効にする場合は、共有フォルダーがあるコンピューターにアクセスするためのユーザー名とパスワードを登録し、共有フォルダーを開くときに入力する必要があります。

      ユーザー アカウントの登録については、次のサポート技術情報を参照してください。
      980325 家族で使っているパソコンに自分用のユーザー アカウントを作成したい
  4. 変更と確認が終了したら、[コントロールパネル] 画面の [ファイル] メニューの [閉じる] をクリックします。

Windows XP の場合

  1. 共有するフォルダー上で右クリックします。
  2. メニューから [共有とセキュリティ] をクリックします。
  3. [プロパティ] 画面の [共有タブ] をクリックします。
  4. 各項目を以下のように変更し、[適用] ボタンをクリックします。
    • [このフォルダーをプライベートにする] のチェック ボックスをオフにします。
    • [ネットワーク上でこのフォルダーを共有する] のチェック ボックスをオンにします。
    • フォルダーやファイルの編集を他のユーザーにも許可する場合は、[ネットワーク ユーザーによるファイルの変更を許可する] のチェック ボックスをオンにします。
  5. [プロパティ] 画面の [OK] をクリックします。
手順3:ネットワークの場所を確認する
Windows Vista と Windows 7 の場合は、ネットワークの場所を [ホームネットワーク] または [プライベート] に設定します。

ネットワークの場所の設定をするには、以下の手順を実行してください。

Windows 7 の場合

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[コントロールパネル] をクリックします。
  2. [表示方法] の [カテゴリ] をクリックします。
  3. [ネットワークの状態とタスクの表示] をクリックします。
  4. [基本ネットワーク情報の表示と接続のセットアップ] 画面が表示されます。[アクティブなネットワークの表示] に [ホーム ネットワーク] と表示されているかを確認します。 [ホーム ネットワーク] および [ドメイン] 以外の場合は、 [社内ネットワーク] または [パブリック ネットワーク] をクリックし、ネットワークの場所の設定で [ホーム ネットワーク] をクリックし、 [閉じる] ボタンをクリックします。

    注 : ネットワークの場所が [ドメイン] の場合は、変更する前にネットワーク管理者に相談する必要があります。また、ネットワークの場所を変更する時は、現在つながっているネットワークが公共の場所でないことを確認した上で [ホーム ネットワーク]に変更してください。

Windows Vista の場合

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[コントロールパネル] をクリックします。
  2. [ネットワークの状態とタスクの表示] をクリックします。
  3. ネットワーク名のかっこ内に表示されているネットワークの場所の種類を確認します。 [プライベート] および [ドメイン] 以外の場合は、[カスタマイズ] をクリックし、 [ネットワークの場所の設定] 画面の [場所の種類] の [プライベート] をクリックし、 [次へ] ボタンをクリックして、次に [閉じる] ボタンをクリックします。

    注 : ネットワークの場所が [ドメイン] の場合は、変更する前にネットワーク管理者に相談する必要があります。また、ネットワークの場所を変更する時は、現在つながっているネットワークが公共の場所でないことを確認したうえで [プライベート] に変更してください。
異なる Windows バージョン間でファイルやフォルダーを共有する設定はこれで終了です。さらに、Windows 7 上のコンピューターにある特定のファイルやフォルダーのみ共有したい場合は、「Windows 7 上の特定のファイルやフォルダーを他のコンピューターと共有する方法」を実行してください。
Windows 7 上の特定のファイルやフォルダーを他のコンピューターと共有する方法
Windows 7 の上の特定のファイルやフォルダーのみを共有するには以下の手順を実行してください。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[すべてのプログラム]、[アクセサリー]、[エクスプローラー] の順にクリックします。
  2. 共有するファイルもしくはフォルダー上で右クリックし、[共有] をポイントして、[特定のユーザー] をクリックします。
  3. [ファイルの共有] 画面のグレーの表示になっている [追加] ボタンの左横にある ▼ ボタンをクリックし、 [Everyone] をクリックして、[追加] ボタンをクリックします。

    注 : [Everyone] に設定した場合、同じネットワーク内のすべてのコンピューターから閲覧できます。限られたユーザーのみ閲覧を許可する場合は、先に共有フォルダーのあるコンピューターにアクセスさせたいユーザー ID を登録し、 [Everyone] ではなく [ユーザーID] として設定する必要があります。

    ユーザー アカウントの登録については、次のサポート技術情報を参照してください。
    980325 家族で使っているパソコンに自分用のユーザー アカウントを作成したい
  4. リスト ボックスに [Everyone] が追加されます。初期値のアクセス許可のレベルは [読み取り] 専用なので、ファイルやフォルダーに対して編集や保存も許可する場合は、[Everyone] を右クリックし、[読み取り/書き込み] をクリックします。
  5. [共有] ボタンをクリックします。
  6. "ユーザーのフォルダーは共有されています" とメッセージが表示されたら設定は終了です。共有したい相手に、ファイルやフォルダーのアドレスを、[電子メールで送信] をクリックしてメールで送信するか、 [コピー] をクリックしてコピーし、Messenger などのメッセージ欄に貼り付けて送信します。
  7. 共有の設定を有効にした相手が、対象のファイルやフォルダーにアクセスできるかどうかを確認します。
Proprietà

ID articolo: 2263404 - Ultima revisione: 10/04/2016 14:17:00 - Revisione: 4.0

Windows 7 Home Premium, Windows 7 Enterprise, Windows 7 Professional, Windows 7 Starter, Windows 7 Ultimate, Windows Vista Business, Windows Vista Enterprise, Windows Vista Home Basic, Windows Vista Home Premium, Windows Vista Ultimate, Microsoft Windows XP Home Edition, Microsoft Windows XP Professional

  • kbharmony kbexpertisebeginner kbdeployment kbsetup kbhowto kbexpertiseinter KB2263404
Feedback