自動非表示機能を有効にすると全画面表示モードでツールバーが表示されない

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:226979
サポート期間が終了した「サポート技術情報」資料に関する免責事項
この資料は、マイクロソフトでサポートされていない製品について記述したものです。そのため、この資料は現状ベースで提供されており、今後更新されることはありません。
現象
を全画面表示モードで Internet Explorer を実行しているときにできる場合がありますいないツールバーを表示します。
原因
この問題は、全画面表示モードのツールバーが自動的に非表示に構成されているし、インプレース アクティベーションを使用するドキュメントを開く場合に発生することができます。
解決方法
この問題を回避するには、元のウィンドウの表示を一時的に、Internet Explorer を復元し、現在のドキュメントは別の Web サイトします。ウィンドウ表示に Internet Explorer を復元します。
  1. Alt キーを押しながら space キーを押してシステム メニューを表示します。
  2. [ 復元.
問題の発生を防ぐには、全画面表示モードでツールバーの自動非表示機能を無効にできます。これを行うには、Internet Explorer を全画面表示モードで実行している場合は、ツールバーを右クリックし、[自動的に隠す] チェック ボックスをオフに] をクリックします。
状況
マイクロソフトはこの問題を資料の冒頭に記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
詳細
インプレース アクティブ化の詳細については、次のマイクロソフト サポート技術情報を参照してください。
162059 Internet Explorer で開いている Office ドキュメント

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:226979 - 最終更新日: 07/03/2016 14:00:00 - リビジョン: 5.0

  • kbprb kbui kbmt KB226979 KbMtja
フィードバック