エラーが発生したときに、ノードを使用して、エイリアス名が実行されている Windows 7 または Windows Server 2008 R2 LDAPS クライアント コンピューターからの SSL 接続を確立します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2275950
現象
次のシナリオを検討してください:
  • ライトウェイトのディレクトリ アクセス プロトコル (LDAP) ディレクトリ サービスをホストに複数のノードに置く背後にある、ネットワーク負荷分散 (NLB) のサーバー。
  • セキュア ソケット レイヤー (SSL) を使用するノードとノードを構成するのには、エイリアスの名前。
  • ノードを使用して、エイリアス名が実行されている Windows 7 または LDAP クライアント コンピューターからの SSL 接続を確立する Windows Server 2008 R2。
このシナリオでは、操作が失敗し、次のエラーが表示されます:
<Result value="800B010F"> 証明書の CN 名が一致渡された値。</result>
さらに、次のエラー イベントがシステム ログに記録されます:

イベントの種類: エラー
イベント ソース: Schannel
イベント ID: 36884
の説明: リモート サーバーから受信した証明書に必要な名前が含まれていません。 このため、正しいサーバーに接続しているかどうかを検証できません。。 サーバー名したが必要ですがserver_name。 SSL 接続の要求は失敗しました。。 サーバー証明書添付データを含む。
原因
および Windows Server 2008 R2 で Windows 7 のエラーのために発生します。 LDAP クライアント ノードの正規名を [エイリアス] フィールドに格納します。 この問題はノード ・ エイリアスとノード名が異なる場合に発生します。
解決方法

更新プログラムに関する情報

はサポートされている修正プログラムはマイクロソフトから入手可能です。 ただし、この修正プログラムは、この資料に記載されている問題のみを修正するものです。 この修正プログラムは、この資料に記載された問題が発生しているシステムのみに適用されます。 この修正プログラムは、今後さらにテストを行う場合があります。。 この問題で深刻な影響をされていない場合は、そのため、この修正プログラムが含まれている次のソフトウェア更新プログラムのリリースを待つこと推奨。

修正プログラムがダウンロード可能な場合がこの資料の先頭に「使用可能な修正プログラム ダウンロード」セクションにあります。 このセクションが表示されていない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス & サポートに問い合わせ、修正プログラムを入手します。。

メモその他に問題が発生するか、トラブルシューティングが必要な場合は、個別のサービス要求を作成する必要があります。 特定の修正プログラムの対象とならない追加の質問および問題については、通常のサポート料金が適用されます。。 マイクロソフト カスタマー サービスとサポートの完全な一覧についての電話番号または別のサービス要求を作成するのには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください:メモの修正プログラムが使用可能な言語の「使用可能な修正プログラム ダウンロード」フォームが表示されます。 お使いの言語が表示されていない場合は、修正プログラムがその言語のないため、です。

前提条件

実行するには、この修正プログラムを適用する必要がありますにして Windows 7 または Windows Server 2008 R2。

レジストリ情報

重要ですこのセクションで、メソッド、またはタスクには、レジストリを変更する方法を説明する手順が含まれています。 ただし、レジストリを誤って変更すると重大な問題が発生する可能性があります。 レジストリを変更する際には十分に注意してください。。 万一に備えて、編集の前にレジストリをバックアップしてください。。 問題が発生した場合でも、レジストリを復元できます。。 バックアップを作成し、レジストリを復元する方法の詳細については、クリックして、マイクロソフト サポート技術資料を参照するのには、次の文書番号:
322756ハウツー解説: バックアップおよび復元では、Windows レジストリ
このパッケージには、修正プログラムのいずれかを使用する 、レジストリのサブキーを作成する必要があります。 これを行うには、次の手順を実行します:
  1. レジストリ エディターを 開始します。
  2. レジストリの次のサブキーを探します:

    HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Services\LDAP
  3. 新しい REG_DWORD 値は UseHostnameAsAlias、というあり、値以外に設定を作成します。 ゼロ。
  4. レジストリ エディターを終了、および再起動、コンピューターにします。

再起動の要件

再起動する必要があります、コンピューターと、適用するこの修正プログラム。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この修正プログラムが置き換え以前にリリースされた修正プログラム。

ファイル情報

、英語 (米国) 版のこの修正プログラムは、次の表に記載されている属性を持つファイルをインストールします。 世界協定時刻 (UTC) では、日付と時刻これらのファイルに一覧表示されます。 日付および時刻これらのファイルは、ローカル コンピューターのローカル時間と、現在の夏時間 (DST) バイアスで表示されます。 ファイルの特定の操作を実行するとさらに、日付および時刻が変わる可能性があります
Windows 7 と Windows Server 2008 R2 のファイルについてのメモ
重要ですWindows 7 の の修正プログラムおよび Windows Server 2008 R2 の修正プログラムは、同じパッケージに含まれています。 ただし、修正プログラム、修正プログラムの要求] ページの両方のオペレーティング システムの下に一覧表示されます。 1 つまたは両方のオペレーティング システムに適用される修正プログラム パッケージを要求するには、「Windows 7 と Windows Server 2008 R2」ページが表示されている修正プログラムを選択します。 常に各修正プログラムを適用するのには、実際のオペレーティング システムを判断するのには記事の対象製品」を参照してください。
  • MANIFEST ファイル (マニフェスト) および MUM ファイル (.mum) それぞれの環境にインストールされているです。個別に表示「その他ファイルの情報、Windows Server 2008 R2 および Windows 7」セクション。 MUM と MANIFEST ファイルおよび関連付けられているセキュリティ カタログ (.cat) ファイルで、更新されたコンポーネントの状態を維持するのには非常に重要です。 セキュリティ カタログ ファイルの属性がないが、Microsoft デジタル署名署名されている。
をすべてサポートされている x86 ベースのバージョンの Windows 7 x
ファイル名ファイルのバージョンファイル サイズ日付時間プラットフォーム
Wldap32.dll6.1.7600.20752269,31210-7 月-201005: 09x86
サポートされているすべての x64 ベース バージョンの Windows 7 と Windows Server 2008 R2 の
ファイル名ファイルのバージョンファイル サイズ日付時間プラットフォーム
Wldap32.dll6.1.7600.20752312,83210-7 月-201005: 41x64
サポートされているすべての IA x64 ベース バージョンの Windows Server 2008 R2 の
ファイル名ファイルのバージョンファイル サイズ日付時間プラットフォーム
Wldap32.dll6.1.7600.20752601,08810-7 月-201004: 31IA-64
状況
マイクロソフトとして認識してこれが問題をマイクロソフトの製品が一覧表示で、対象のセクション。
詳細
LDAP SSL 要件を Active Directory ライトウェイト ディレクトリ サービス (AD LDS) を構成する方法の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください:ソフトウェア更新プログラムの用語についての詳細については、クリックして、マイクロソフト サポート技術資料を参照するのには、次の文書番号:
824684使用するマイクロソフトのソフトウェア更新プログラムについて説明する一般的な用語の説明
詳細については、クリックして、マイクロソフト サポート技術資料を参照するのには、次の文書番号:
2282241エラーが発生したときのノードを使用して、エイリアス名から LDAP クライアント コンピューターが実行されている Windows Vista または Windows Server 2008 への SSL 接続を確立します。

追加のファイル情報

追加のファイルの情報は、Windows 7 および Windows Server 2008 R2

他のファイルをすべてサポートされている x86 ベースのバージョンの Windows 7 x
ファイル名X86_a0495f429fe51a89440b6a9c5c7cef6d_31bf3856ad364e35_6.1.7600.20752_none_9c7195796c79e062.manifest
ファイルのバージョン適用できません。
ファイル サイズ699
日付 (UTC)10-7 月-2010
時刻 (UTC)19: 41
プラットフォーム適用できません。
ファイル名X86_microsoft ウィンドウ-LDAP client_31bf3856ad364e35_6.1.7600.20752_none_f3b9af1dd0c740b3.manifest
ファイルのバージョン適用できません。
ファイル サイズ13,956
日付 (UTC)10-7 月-2010
時刻 (UTC)05: 45
プラットフォーム適用できません。
他のファイルをすべてサポートされている x64 ベース バージョンの Windows 7 と Windows Server 2008 R2 の
ファイル名Amd64_2e76ff8bce43150a0e0bf57dad2630cd_31bf3856ad364e35_6.1.7600.20752_none_281670b19afb7db9.manifest
ファイルのバージョン適用できません。
ファイル サイズ1,046
日付 (UTC)10-7 月-2010
時刻 (UTC)19: 41
プラットフォーム適用できません。
ファイル名Amd64_3c9fa76e87d3cc1122966976b09be09c_31bf3856ad364e35_6.1.7600.20752_none_a6e28fef202b1b76.manifest
ファイルのバージョン適用できません。
ファイル サイズ703
日付 (UTC)10-7 月-2010
時刻 (UTC)19: 41
プラットフォーム適用できません。
ファイル名Amd64_microsoft ウィンドウ-LDAP client_31bf3856ad364e35_6.1.7600.20752_none_4fd84aa18924b1e9.manifest
ファイルのバージョン適用できません。
ファイル サイズ13,962
日付 (UTC)10-7 月-2010
時刻 (UTC)06: 46
プラットフォーム適用できません。
他のファイル
ファイル名Ia64_bd5de7fa9694c1a80ebb4d5b6cb5457c_31bf3856ad364e35_6.1.7600.20752_none_6373eb4165f59aed.manifest
ファイルのバージョン適用できません。
ファイル サイズ1,044
日付 (UTC)10-7 月-2010
時刻 (UTC)19: 41
プラットフォーム適用できません。
ファイル名Ia64_microsoft ウィンドウ-LDAP client_31bf3856ad364e35_6.1.7600.20752_none_f3bb5313d0c549af.manifest
ファイルのバージョン適用できません。
ファイル サイズ13,959
日付 (UTC)10-7 月-2010
時刻 (UTC)06: 30
プラットフォーム適用できません。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2275950 - 最終更新日: 08/13/2010 06:31:00 - リビジョン: 2.0

Windows 7 Enterprise, Windows 7 Professional, Windows 7 Ultimate, Windows Server 2008 R2 Enterprise, Windows Server 2008 R2 Standard, Windows Server 2008 R2 Datacenter, Windows Server 2008 R2 Standard without Hyper-V, Windows Server 2008 R2 Enterprise without Hyper-V, Windows Server 2008 R2 Datacenter without Hyper-V

  • kbfix kbqfe kbexpertiseinter kbhotfixserver kbautohotfix kbmt kbsurveynew KB2275950 KbMtja
フィードバック