現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Stop エラー メッセージが Windows Server 2008 を実行しているコンピューター上で MSDSM.sys"0x000000D1"が発生します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2277440
わからない場合は、右か。この問題を追加しました、 メモリ ダンプの診断 ことができますを確認します。
現象
次の状況を想定します。
  • Microsoft マルチパス I/O (MPIO) と Microsoft デバイスの特定のモジュールを使用して、Windows Server 2008 を実行しているコンピューターを構成します。
  • 非対称論理ユニット ・ アクセスを使用して、コンピューターに構成されているストレージ ・ デバイスを接続します。
この場合、オペレーティング システムのクラッシュ、次の Stop エラー メッセージが表示されます。
停止: 0x000000D1 を (パラメーター 1パラメーター 2パラメーター 3パラメーター 4 )
ようになります


  • マルチパス デバイスが列挙されている Stop エラーが発生します。
  • Stop エラー メッセージ内のパラメーター、コンピューターの構成によって異なる場合があります。
  • すべてではない"0x000000D1"停止エラーこの問題が原因です。
原因
この問題は MPIO できませんからデータを取得、SCSI 照会ページ 83 の 80 と、マルチパス デバイスの列挙中にできるように、ストレージ サブシステム内の一時的なエラーが発生したために発生します。したがって、MPIO ドライバーはマイクロソフトのデバイス固有モジュール ドライバーを NULL のポインターを送信して、「現象」に記載されている Stop エラー メッセージが表示されます。
解決方法

修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムは、マイクロソフトから入手可能です。ただし、この修正プログラムは以上に記載されている問題のみを修正するものです。前述の問題が発生したシステムに対してのみ、この修正プログラムを使用してください。この修正プログラムはさらにテストを受ける可能性があります。したがって、この問題で深刻な影響を受けていない場合は、この修正プログラムを含む次のソフトウェア更新のリリースを待つことをお勧めします。

修正プログラムがダウンロード可能になると、このサポートページ上部の「修正プログラムのダウンロード」セクションが有効になります。このセクションが表示されない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス & サポートに問い合わせて修正プログラムを入手してください。

注: <b>その他の問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合は、別のサービス リクエストを作成してください。この修正プログラムの対象にならない追加のサポートには、通常のサポート料金が適用されます。完全な一覧マイクロソフト カスタマー サービス &amp; サポートの電話番号のまたは別のサービス リクエストを作成するには、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。 注: <b>「修正プログラムのダウンロード」フォームは修正プログラムを入手できる言語を表示します。修正プログラムがお使いの言語で利用可能でない場合は、その言語は表示されません。

必要条件

この修正プログラムを適用する必要があります実行している Windows Server 2008 または Windows Server 2008 Service Pack 2 (SP2)。

Windows Server 2008 サービス パックの入手方法の詳細については、次のマイクロソフト サポート技術資料の次の記事をご参照ください。
968849 Windows Server 2008 の最新の service pack の入手方法

レジストリ情報

このパッケージの修正プログラムを使用した場合にレジストリへの変更は加えません。

再起動の必要性

この修正プログラムを適用した後コンピューターを再起動する必要があります。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この修正プログラムは、以前にリリースされた修正プログラムを置き換えません。

ファイル情報

この修正プログラムのグローバル バージョンでは、次の表に記載されている属性を持つファイルがインストールされます。日付および時刻について、これらのファイルには世界協定時刻 (UTC) が表示されます。ローカル コンピューター上のこれらのファイルの日付および時刻は現在の夏時間 (DST) との差と一緒に、ローカル時刻で表示されます。また、日付および時刻は、ファイルに対して特定の操作を実行するときに変更される可能性があります。
Windows Server 2008 のファイル情報のメモ
重要な修正プログラムの Windows Vista および Windows Server 2008 の修正プログラムは、同じパッケージに含まれます。ただし、のみ「Windows Vista」が、修正プログラムの要求ページで表示されます。1 つまたは両方のオペレーティング システムに適用される修正プログラム パッケージを要求するには、ページに"Windows Vista"の下に記載されている修正プログラムをオンにします。常に各修正プログラムを適用するオペレーティング システムを決定するために記事の [適用先] セクションを参照してください。
  • 特定の製品、SR_Level (RTM、SP を適用するファイルn)、および、サービスの支社 (LDR、GDR) は、次の表に示すように、ファイルのバージョン番号を調べることによって識別できます。
    バージョン製品SR_Levelサービス区分
    6.0.600 122xxxWindows サーバー 2008SP1LDR
    6.0.600 222xxxWindows サーバー 2008SP2LDR
  • Service Pack 1 は、Windows Server 2008 のリリース バージョンに統合されます。
  • マニフェスト ファイル (.manifest) と、MUM ファイル (.mum) はインストールされているそれぞれの環境には、 別に記載 「Windows Server 2008」セクション追加のファイル情報です。MUM ファイルと MANIFEST ファイルと関連付けられているセキュリティ カタログ (.cat) ファイルは、更新されたコンポーネントの状態を維持するために非常に重要です。属性が一覧にない、セキュリティ カタログ ファイルは、Microsoft デジタル署名で署名されています。
サポートされている x86 ベース バージョンの Windows Server 2008 のすべての
ファイル名ファイル バージョンファイルのサイズ日付時刻プラットフォーム
Msdsm.sys6.0.6001.2273692,0482010-02-8 月21:53x86
Msdsm.sys6.0.6002.2245992,0482010-02-8 月21:53x86
サポートされている x64 ベース バージョンの Windows Server 2008 のすべての
ファイル名ファイル バージョンファイルのサイズ日付時刻プラットフォーム
Msdsm.sys6.0.6001.22736111,5042010-02-8 月21:47x64
Msdsm.sys6.0.6002.22459111,5042010-02-8 月21:47x64
すべてのサポートされる IA 64 ベースのバージョンの Windows Server 2008
ファイル名ファイル バージョンファイルのサイズ日付時刻プラットフォーム
Msdsm.sys6.0.6001.22736276,3682010-02-8 月21:42IA-64
Msdsm.sys6.0.6002.22459276,3682010-02-8 月21:42IA-64
状況
マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
詳細
ソフトウェア更新プログラムの用語の詳細については、次のマイクロソフト サポート技術資料の文書番号をクリックしてください。
824684 マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムを説明するのに使用される標準的な用語について
詳細については、次の文書番号をクリックしてマイクロソフト サポート技術情報 を参照してください。
978500 Windows Server 2008 R2 がクラッシュして、Stop 0xD1 エラーが発生を実行しているサーバーが発生します。

追加のファイル情報

Windows Server 2008 用の追加のファイル情報

すべてサポートされている x86 ベース バージョンの Windows Server 2008 用の追加ファイル
ファイル名Update.mum
ファイル バージョン該当なし
ファイルのサイズ3,078
日付 (UTC)2010-02-8 月
時刻 (UTC)22:02
プラットフォーム該当なし
ファイル名X86_msdsm.inf_31bf3856ad364e35_6.0.6001.22736_none_cab67cdbf4bc0c0e.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイルのサイズ1,664
日付 (UTC)2010-02-8 月
時刻 (UTC)22:02
プラットフォーム該当なし
ファイル名X86_msdsm.inf_31bf3856ad364e35_6.0.6002.22459_none_cc8a4fc9f1efe519.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイルのサイズ1,664
日付 (UTC)2010-02-8 月
時刻 (UTC)22:02
プラットフォーム該当なし
すべてサポートされている x64 ベース バージョンの Windows Server 2008 用の追加ファイル
ファイル名Amd64_msdsm.inf_31bf3856ad364e35_6.0.6001.22736_none_26d5185fad197d44.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイルのサイズ1,666
日付 (UTC)2010-02-8 月
時刻 (UTC)22:02
プラットフォーム該当なし
ファイル名Amd64_msdsm.inf_31bf3856ad364e35_6.0.6002.22459_none_28a8eb4daa4d564f.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイルのサイズ1,666
日付 (UTC)2010-02-8 月
時刻 (UTC)22:02
プラットフォーム該当なし
ファイル名Update.mum
ファイル バージョン該当なし
ファイルのサイズ3,102
日付 (UTC)2010-02-8 月
時刻 (UTC)22:02
プラットフォーム該当なし
すべてのサポートされている IA 64 ベース バージョンの Windows Server 2008 の他のファイル
ファイル名Ia64_msdsm.inf_31bf3856ad364e35_6.0.6001.22736_none_cab820d1f4ba150a.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイルのサイズ1,665
日付 (UTC)2010-02-8 月
時刻 (UTC)22:02
プラットフォーム該当なし
ファイル名Ia64_msdsm.inf_31bf3856ad364e35_6.0.6002.22459_none_cc8bf3bff1edee15.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイルのサイズ1,665
日付 (UTC)2010-02-8 月
時刻 (UTC)22:02
プラットフォーム該当なし
ファイル名Update.mum
ファイル バージョン該当なし
ファイルのサイズ2,257
日付 (UTC)2010-02-8 月
時刻 (UTC)22:02
プラットフォーム該当なし
MPIO を使用して ALUA 記憶装置を失敗します。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2277440 - 最終更新日: 10/11/2014 22:06:00 - リビジョン: 4.0

Windows Server 2008 Service Pack 2, Windows Server 2008 Datacenter without Hyper-V, Windows Server 2008 Enterprise without Hyper-V, Windows Server 2008 Foundation, Windows Server 2008 Standard without Hyper-V, Windows Server 2008 Datacenter, Windows Server 2008 Enterprise, Windows Server 2008 Standard, Windows Web Server 2008

  • kbmdd kbautohotfix kbqfe kbhotfixserver kbfix kbsurveynew kbexpertiseinter kbmt KB2277440 KbMtja
フィードバック