Windows 7 を含むデュアルブート環境を作成する方法

はじめに
コンピューターに 2 つのオペレーティングシステム (OS) をインストールして、コンピューターを起動するたびに使用する OS を選択可能にすることができます。この状態は、デュアルブートと呼ばれます。

この資料では、既に 1 つの Windows OS がインストールされているコンピューターに、Windows 7 または Service Pack 1 (SP1) 適用済み Windows 7 を新たにインストールしてデュアルブート環境を作成する方法と、デュアルブート環境で既定で起動する Windows を指定する方法について説明します。

この資料は初級レベルから中級レベルのコンピューターユーザーを対象にしています。この手順には、コンピューターを再起動する操作が含まれます。この資料を印刷して手元に置いておくと便利です。


デュアルブート環境を作成する前に
  • Windows 7 および Windows 7 SP1 のシステム要件
    Windows 7 および Windows 7 SP1 を実行するには、以下の環境が必要です。
    お使いのコンピューターが要件を満たしているか確認してください。
    • CPU
      1 GHz 以上のプロセッサ (32 ビット版用、64 ビット版用とも)
    • メモリ
      32 ビット版用 : 1 GB RAM
      64 ビット版用 : 2 GB RAM
    • ハードディスク ドライブ
      32 ビット版用 : 最低 16GB 以上の独立した空き領域 (パーティション、または HDD)
      64 ビット版用 : 最低 20GB 以上の独立した空き領域 (パーティション、または HDD)

      独立した空き領域がない場合は、新たにパーティションを作成する、HDD を追加する、または不要なデータを削除するなどを行う必要があります。新たにパーティションを作成する方法については、以下を参照してください。

      Windows XPの場合:
      313348 Windows XP セットアップ プログラムを使用してハード ディスクのパーティションを作成しフォーマットする方法

      Windows Vista の場合 :

      Windows 7 の場合 :
    • グラフィック アクセラレータ
      Windows Display Driver Model (WDDM) 1.0 以上のドライバーを搭載した DirectX 9 グラフィック プロセッサ (32 ビット版用、64 ビット版用とも)

      ゲームやプログラムによっては、最適なパフォーマンスを得るために DirectX 10 以上に対応するグラフィックス カードが必要になる場合があります。

    お使いのコンピューターが 32 ビット版用と 64 ビット版用のどちらであるか確認する方法は、以下を参照してください。
    958406 自分のパソコンが 32 ビット版か 64 ビット版かを確認したい


  • Windows 7 または SP1 適用済み Windows 7 の通常版インストールメディア (DVD) の用意
    アップグレード版の Windows 7 および SP1 適用済み Windows 7 インストールメディアではライセンス違反になるため、新規パーティションや空の HDD へのインストールはできません。必ず、通常版のインストールメディアを用意してください。


  • データのバックアップ
    デュアルブート環境を作成する前に、必ず現在のコンピューターにあるデータのバックアップを行ってください。データのバックアップについては、以下を参照してください。
    Windows XP の場合 :
    ファイルを個別にバックアップする (Windows XP 編)
    http://www.microsoft.com/japan/windows/windows-7/guide/upgrade08.mspx

    Windows Vista
    の場合 :
    ファイルを個別にバックアップする (Windows Vista 編)
    http://www.microsoft.com/japan/windows/windows-7/guide/upgrade07.mspx

    Windows 7
    の場合 :


デュアルブート環境での注意事項
  • Windows XP と Windows 7 とのデュアルブート環境
    Windows XP と Windows 7 とのデュアルブート環境では、Windows 7 上で復元ポイントが作成できなくなります。この現象を回避するには、以下のリンクを参照して設定を変更してください。
    ただし、この設定変更を行うと Windows XP がインストールされているドライブから Windows 7 がインストールされているドライブへのアクセスができなくなりますのでご注意ください。
    926185 以前の Windows とのデュアルブート環境において Windows 7、Windows Vista での復元ポイントがない

  • 使用するプログラムとドライバーのインストール
    デュアルブート環境で使用するプログラムとドライバーは、インストールされた 2 つの OS それぞれにインストールする必要があります。
デュアルブート環境を作成する方法
既に 1 つの Windows OS がインストールされているコンピューターに、Windows 7 を新たにインストールしてデュアルブート環境を作成するには、以下の手順を実行してください。
  1. 既にインストールされている Windows を起動します。


  2. Windows 7  または SP1 適用済み Windows 7 の通常版インストールメディアを DVD ドライブに挿入します。


  3. [Windows のインストール] 画面が起動したら、 [今すぐインストール] を選択します。

    : インストール画面が自動で起動しない場合は、[スタート] ボタンをクリックして [コンピューター] をクリックします。表示された画面から DVD ドライブを参照し、インストールメディアの中にある setup.exe をダブルクリックして実行してください。

    今すぐインストール


  4. [インストールの重要な更新プログラムの取得] 画面が表示されます。 [インターネットに接続して最新のインストールの更新プログラムを取得する] を選択します。

    : 更新プログラムを取得するにはインターネットへの接続が必要です。

    インターネットに接続して最新のインストールの更新プログラムを取得する


  5. [インストールの更新プログラムの検索中] の画面が表示されます。次の手順 6 の[ライセンス条項をお読みください] の画面が表示されるまでそのままお待ちください。


  6. [ライセンス条項をお読みください] の画面が表示されます。マイクロソフト ソフトウェア ライセンス条項を読み、同意できる場合は [同意します] チェック ボックスをオンにし、 [次へ] をクリックします。

    ライセンス条項をお読みください


  7. [インストールの種類] 画面が表示されます。 [新規インストール(カスタム)] を選択します。

    新規インストール(カスタム)


  8. [Windows のインストールする場所を選択してください] の画面ではインストールしたいパーティションを選択します。クリックしてパーティションを選択し、 [次へ] ボタンをクリックします。

     :下記の画面は一例です。残したい Windows がインストールされているパーティションを選択しないように注意してください。
    Windowsのインストールする場所を選択してください


  9. [続行するために Windows を再起動する必要があります。] 画面が表示されたら、左下の [今すぐ再起動する] をクリックして再起動します。自動的に再起動が始まります。


  10. [Windows のインストール中] の画面が表示されますのでそのままお待ちください。この間にも自動で再起動がかかります。


  11. インストールが完了すると、再び再起動され、Windows 7 を使用する準備がはじまります。この後は画面に表示される指示にしたがって設定を完了させます。

    初期設定画面についての詳細は、以下を参照してください。


デュアルブート環境でのコンピューターの起動方法
デュアルブート環境では、通常の、1 つの OS のみがインストールされているコンピューターの場合と起動方法が異なります。
デュアルブート環境でのコンピューターの起動方法については、以下を参照してください。

  1. コンピューターの電源を入れます。


  2. [Windows ブートマネージャー]  画面にインストールされている Windows が一覧表示されるので、キーボードの上矢印キーまたは下矢印キーを使って起動したい Windows を選択し、[Enter] キーを押します。
    なお、インストールされている各 Windows の表示は以下のとおりです。

    Windows 7 とその他の Windows OS とのデュアルブート環境の場合
    Windows 7 : [Windows 7] と表示されます。
    Windows Vista : [Microsoft Windows Vista] と表示されます。
    Windows XP : [以前のバージョンの Windows] と表示されます。

    エディションの異なる、2 つの Windows 7 がインストールされたデュアルブート環境の場合
    どちらも [Windows 7] と表示されます。
    しかし、後からインストールした Windows 7 の方が上に表示されるので、表示の順番でどちらかを判断できます。

    キーボードの上矢印キーまたは下矢印キーを使って起動したい Windows を選択し、[Enter] キーを押します。



デュアルブート環境で既定で起動する Windows を設定する方法
Windows 7 上でデュアルブート環境で既定で起動する Windows を 設定する方法について説明します。
コンピューターに 2 つの OS がインストールされたデュアルブート環境で、既定で起動する Windows を設定することができます。2 つのうち、よく使う方の Windows OS を設定しておくと便利です。
  1. [スタート] ボタンをクリックし [コンピューター] 上で右クリックし、[プロパティ] を選択します。

    プロパティ


  2. 画面左側にある [システムの詳細設定] をクリックします。

    システムの詳細設定


  3. [システムのプロパティ] 画面が表示されます。[詳細設定] タブの [起動と回復] の [設定] ボタンをクリックします。

    システムのプロパティ


  4. [既定のオペレーティング システム]  のドロップ ダウン リストで、既定で起動したい Windows を選択します。なお [オペレーティング システムの一覧を表示する時間] の数字を変更すると、自動的に起動するまでの時間を変更することができます。 

    [既定のオペレーティング システム]  のドロップ ダウン リストで、既定で起動したい Windows を選択します。[オペレーティング システムの一覧を表示する時間] の数字を変更して、自動的に起動するまでの時間を変更することもできます。


  5. [OK] ボタンをクリックして [起動と回復] 画面を終了します。


  6. [OK] ボタンをクリックして [システムのプロパティ] 画面を終了します。
    これで設定は終了です。次回起動時より、設定が有効になります。
Proprietà

ID articolo: 2283015 - Ultima revisione: 10/04/2016 14:20:00 - Revisione: 6.0

Windows 7 Enterprise, Windows 7 Home Basic, Windows 7 Home Premium, Windows 7 Professional, Windows 7 Ultimate, Windows 7 Service Pack 1

  • kbharmony kbexpertisebeginner kbexpertiseinter kbhowto KB2283015
Feedback