現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Excel 2007 で Excel 2003 用に作成したファイルを、Excel 2003 で開いてセル内の文字列のフォント設定を変更すると Excel 2003 が異常終了する場合がある

Office 2003 のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Office 2003 のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

現象
Microsoft Office Excel 2007 で作成したファイルの、セル内に入力した文字のフォント設定 (フォント サイズやフォント スタイルなど) を変更して [Excel 97- 2003 ブック (*.xls)] 形式で保存後、Microsoft Excel 2003 で開いて、再度セル内の文字のフォント設定を変更すると、変更した設定とは異なる書式で表示されたり、Excel 2003 が異常終了する場合があります。
原因
Excel 2007 と Excel 2003 では、セル内でフォント情報を変更した時の情報の持ち方が一部異なります。この影響を受け、Excel 2007 で文字単位の書式設定をした場合、Excel 2003 で書式設定を変更すると、設定によっては情報が破損し、予期せぬエラーが発生します。
状況
マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
詳細

問題の再現手順

  1. Excel 2007 で 1 つのセル内に文字列を入力し、文字の一部分に複数のフォント設定 (フォント サイズやフォント スタイルなど) をして、[Excel 97- 2003 ブック (*.xls)] 形式で保存します。

    たとえば、"あいうえお" と入力した場合、"う" のフォントの設定をします。
  2. 保存したファイルを Excel 2003 で開きます。
  3. セル内の文字列のフォントの設定を変更します。

結果

変更したフォント設定とは異なる状態で表示されたり、Excel 2003 が異常終了する場合があります。
プロパティ

文書番号:2286369 - 最終更新日: 10/05/2016 10:18:00 - リビジョン: 6.0

Microsoft Office Excel 2007, Microsoft Office Excel 2003

  • kbharmony kbexpertiseinter kbtshoot kbbug kbnofix KB2286369
フィードバック
document.getElementsByTagName("head")[0].appendChild(m); var varClickTracking = 1; var varCustomerTracking = 1; var Route = "76500"; var Ctrl = ""; document.write("