現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

ADO を使用して Access データベースを最適化するには、方法

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:230501
サポート期間が終了した「サポート技術情報」資料に関する免責事項
この資料は、マイクロソフトでサポートされていない製品について記述したものです。そのため、この資料は現状ベースで提供されており、今後更新されることはありません。
概要
ADO の拡張機能を使用してこの機能を実現する ADO の仕様から、Microsoft Access データベースを最適化するには、オブジェクトが提供されないのです。 Microsoft Jet OLE DB プロバイダーとレプリケーション オブジェクト (JRO)。この機能は、JET OLE DB プロバイダー 4.0 (Msjetoledb40.dll) で JRO のバージョン 2.1 (Msjro.dll)、最初に実装されています。これらの DLL ファイルは、MDAC 2.1 をインストールした後に使用できます。次の Web サイトから MDAC の最新バージョンをダウンロードできます。
詳細
ADO を使用して Access データベースを最適化して、MDAC 2.1 またはそれ以降を正しくコンピューターにインストールしなければなりません。Visual Basic および Visual C++ を使用して Access データベースを最適化する主な手順を次に示します。

Visual Basic: ADO 経由で Access データベースを最適化します。

  1. IDE では、Visual Basic の [プロジェクト] メニューの [参照] をクリックします。
  2. Microsoft Jet とレプリケーション オブジェクトのあるライブラリを追加する場所 (X.X は 2.1 以上)。
  3. Visual Basic で必要な場合は、データ ソースと変換先データベースのパスを置き換えるに次のコード行を追加します。
    Dim jro As jro.JetEngineSet jro = New jro.JetEnginejro.CompactDatabase "Provider=Microsoft.Jet.OLEDB.4.0;Data Source=d:\nwind2.mdb;Jet OLEDB:Database Password=test", _ "Provider=Microsoft.Jet.OLEDB.4.0;Data Source=d:\abbc2.mdb;Jet OLEDB:Engine Type=4;Jet OLEDB:Database Password=test"					
注:DAO の 3.60 で RepairDatabase メソッドを利用することはできません。上記のコードは、CompactDatabase メソッドを使用を示します。このメソッドは、DAO 3.5 RepairDatabase メソッドを置き換えます。

Visual C++: ADO 経由で Access データベースを最適化します。

  1. #Import、Msado15.dll (MDAC2.1) 以外を .cpp クラスに、JRO のラッパー クラスを生成するには、次の #import ステートメントを追加します (または、することができますラッパー クラスを生成より効率的に、#import プリプロセッサ ステートメントの no_implementation と implementation_only 属性を使用して)。
    #import "C:\PROGRAM FILES\COMMON FILES\System\ado\MSJRO.DLL" no_namespace 					
  2. 次の追加 (独自元と変換先データベースのパスを指定する)、データベースを最適化する .cpp ファイルに。
    ...try{   IJetEnginePtr jet(__uuidof(JetEngine));  jet->CompactDatabase( "Provider=Microsoft.Jet.OLEDB.4.0;Data Source=d:\\nwind2.mdb;Jet OLEDB:Database Password=test", "Provider=Microsoft.Jet.OLEDB.4.0;Data Source=d:\\abbc.mdb;" \ "Jet OLEDB:Engine Type=4;Jet OLEDB:Database Password=test");}catch(_com_error &e) {          ::MessageBox(NULL, (LPCTSTR)e.Description( ), "", MB_OK) ;    }					
注:Jet OLEDB:Engine タイプ = 4 は Jet 3.x 形式の MDB ファイルだけです。データベースは自動的にバージョン 4.0 にアップグレードする場合、この値が省略される、(Jet OLEDB:Engine タイプ = 5)。Jet OLEDB:Engine タイプの適切な値を次の表を参照してください。
ジェット OLEDB:Engine タイプある形式の MDB ファイルを jet
1JET10
2JET11
3JET2X
4JET3X
5JET4X
関連情報
詳細については、followingarticle のマイクロソフト サポート技術を参照してください。
230496 OLE DB を使用して Microsoft Access データベースの圧縮
CompactDatabase RepairDatabase reindex

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:230501 - 最終更新日: 07/28/2014 02:29:00 - リビジョン: 7.0

Microsoft ActiveX Data Objects 2.7

  • kbhowto kbjet kbprovider kbmt KB230501 KbMtja
フィードバック