[OFF2000] インストールログに常に内部エラー 2898 が含まれる

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP230879
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
概要
この資料は Office 2000 のインストール時に作成されるインストールログ内に必ず下記のようないくつかの内部エラーメッセージが記録されている件について説明したものです。
内部エラー 2898: 製品サポートまでお問い合わせください。
内部エラー 2826: 製品サポートまでお問い合わせください。
内部エラー 2726: 製品サポートまでお問い合わせください。
原因
これらのエラーはインストール中のデバッグ情報を記録しているもので特定のコンピュータあるいはソフトウェア環境によって発生するものではありません。またメッセージはインストール中画面に表示されるものではなくインストールには影響がありません。
詳細
Office 2000 はインストール中自動的に 2 種類のログファイルを作成します。ログファイルは使用しているオペレーティングシステムによってそれぞれ下記のフォルダに作成されます。

ファイルの作成場所

  • Windows 95/98
       C:\Windows\Temp
  • Windows NT
       C:\Temp

ファイル名

  • Office 2000 <edition> Setup(####).txt
  • Office 2000 <edition> Setup(####)_MsiExec.txt
<edition> の部分には Personal、Professional などの名前になります。

#### の個所は 0002 から始まりインストールを何度か行うとその数字が 2 ずつ増加します。最も大きな番号のついたログファイルが最後に行ったインストールの情報を記録しています。
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 230879(最終更新日 1999-07-30) をもとに作成したものです。

OFF2000
プロパティ

文書番号:230879 - 最終更新日: 02/23/2014 13:47:35 - リビジョン: 1.1

Microsoft Office 2000 Premium, Microsoft Office 2000 Professional, Microsoft Office 2000 Standard, Microsoft Office 2000 Small Business Edition, Microsoft Office 2000 Developer, Microsoft Access 2000 Standard Edition, Microsoft Excel 2000 Standard Edition, Microsoft FrontPage 2000 Standard Edition, Microsoft Outlook 2000 Standard Edition, Microsoft PowerPoint 2000 Standard Edition, Microsoft Word 2000 Standard Edition

  • kbnosurvey kbarchive error internal kbinfo log KB230879
フィードバック