[XADM] インフォメーション ストア サービス固有エラー 3355443752 を返す

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

231299
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
オンライン バックアップから復元した後、インフォメーション ストア サービスがサービス固有エラー 3355443752 で起動します。 アプリケーション ログには、次のイベントが含まれます。
イベント ID: 5000
ソース : MSExchangeIS
種類: エラー
カテゴリ: 全般
Microsoft Exchange Information Store サービスを初期化できません。 エラー 0xc8000228 です。

イベント ID: 1080年
ソース : MSExchangeIS
種類: エラー
カテゴリ: 回復
データベースは復元操作後に 0xc8000228 エラーが発生したため回復できません。 パッチ ファイルはこのバックアップからは生成されていません。

イベント ID: 0
ソース: ESE97
種類: エラー
分類: ログ/回復
MSExchangeIS ((416))-552
数、最後のイベントのかっこ内が異なる場合も、-552 が存在。
原因
この問題は、実行の結果 isinteg 修正プログラム または eseutil/r/is および情報ストア サービスを開始する前に、オンライン バックアップから復元する直後後。

実行のみ isinteg 修正プログラム オフライン バックアップから復元した後です。 実行する場合は isinteg 修正プログラム 、オンライン復元に対して、データベースは矛盾しています (が常にオンライン復元後)。 この時点で Isinteg は Eseutil/r と同じ/をソフト リカバリを実行します。

オンライン復元は、両方プライベートおよびパブリック インフォメーション ストアの修正プログラム ファイルを復元します。 Priv.pat と Pub.pat、そのパッチ ファイルにはトランザクションはソフト回復時に再生しないが含まれます。 そのため、ソフト リカバリするなったパッチ ファイルに一致し、不足しているトランザクションのため、破損しているデータベースを作成することがあることもデータベースになります。 インフォメーション ストア サービスの開始、回復が、-552 Jet_errDatabasePatchFileMismatch で失敗します。
解決方法
サービスを開始する前に実行せず、オンライン バックアップの別の復元を実行 isinteg 修正プログラム
詳細
メモを Isinteg - 修正プログラムのみが場合に実行、Edb.log インフォメーション ストアのログ フォルダーにあります。 オンライン復元は、Edb.log は復元されません。 したがって、状況ここで説明が発生のみした情報ストア フォルダー内のすべての既存のログ ファイルを保持) を [なし-損失の復元"を行った後、その復元 Isinteg - ですぐに従う場合は修正プログラムとします。 これは、可能性があります、-552 エラーを生成する唯一の状況ではなく、その他の状況で、原因と解決あります別。
0xc8000228

警告: この資料は、自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:231299 - 最終更新日: 02/09/2014 13:15:44 - リビジョン: 3.2

  • Microsoft Exchange Server 5.5 Standard Edition
  • kbnosurvey kbarchive kbprb kbmt KB231299 KbMtja
フィードバック