[XL97]Excel 97 セキュリティ修正プログラムについて

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP231304
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
概要
Excel 97 では、ウイルスを含んでいる可能性のある外部ファイルを起動すると、警告が表示されます。この警告により、ファイルを開くことの危険性を判断できます。この情報は、ファイルの作成元、そのファイルが置かれたネットワーク、そのネットワークで採用されているセキュリティ機能、ユーザーのコンピュータ上にあるデータの秘密度などに基づいています。
この警告メッセージにかかわらず、ハッカーがユーザーの PC 上で安全ではないコードを実行させることも起こりえます。弊社では、コンピュータ上のデータを保護できるようにセキュリティ修正プログラムを用意しています。

この資料は、このセキュリティ修正プログラムの実行に必要な条件、修正プログラムの入手方法、そして修正プログラムのインストールの方法について説明しています。
詳細

セキュリティ修正プログラムの入手方法

この修正プログラムはマイクロソフトの Web サイトからダウンロードできます。以下のページを表示し、記載内容にしたがって修正プログラムをダウンロードしてください。

http://officeupdate.microsoft.com/japan/downloadcatalog/dldExcel.htm

セキュリティ修正プログラムのインストール方法

ご使用のコンピュータにインストールする方法

  1. ダウンロードした修正プログラム (xl8p6pkg.exe) をダブルクリックするとインストール プログラムが実行され、以下のメッセージが表示されます。
    Excel セキュリティ修正プログラム インストーラExcel セキュリティ修正プログラムをインストールしますか ?
  2. [はい] を押すと修正プログラムについての使用許諾契約の内容が表示されます。この内容に同意できる場合には [はい] を押してください。
  3. 修正プログラムが完了すると以下のメッセージが表示されます。
    Excel セキュリティ修正プログラム インストーラMicrosoft Excel への修正プログラムのインストールが完了しました。
  4. [OK] ボタンを押します。

他のコンピュータにインストールする方法

セットアップ オプションスイッチを使用することにより、手動でファイルを解凍し、任意の場所にある Excel.exe の修正を行うことができます。たとえば、この方法によりネットワーク サーバ上の Excel.exe を修正することができます。以下にこの操作の手順を示します。
  1. xl8p6pkg.exe を任意の場所に保存します。以下ではデスクトップ上 (c:\windows\デスクトップ) に保存した場合を例に記述します。
  2. [スタート] メニューから [ファイル名を指定して実行] を選択し名前ボックスに以下のようにコマンドを入力します。
    c:\windows\デスクトップ\xl8p6pkg.exe /t:c:\windows\デスクトップ /c
    注意: "デスクトップ"は半角のカタカナです。

    入力したら [OK] を押し、[はい] を押します。xl8p6pkg.exe に含まれている 3 つのファイルがデスクトップ上に展開されます。この中に xl8p6.exe が含まれています。
  3. [スタート] メニューから [ファイル名を指定して実行] を選択し、名前ボックスに以下のようにコマンドを入力します。
    c:\windows\デスクトップ\xl8p6.exe /p "<Excel.exe のパス>"
    注意: "デスクトップ"は半角のカタカナです。

    ここで <Excel.exe のパス> は Excel.exe の絶対パスです。絶対パスをダブルクォーテーションで括って入力します。たとえば以下のような記述になります。
    "D:\office\excel.exe"
    入力したら [OK] を押します。

    注意: パスは最大で 256 文字までです。
    この操作によって、指定したパスの Excel.exe が修正されます。

サイレント モードでインストールする方法

xl8p6pkg.exe を実行する場合は /q スイッチ、xl8p6.exe を実行する場合は /s スイッチを使用することによってこれらをサイレント モードで実行することができます。ただしこれらのスイッチを使用するには、コマンドライン ([スタート] - [ファイル名を指定して実行]) から修正ツールを実行する必要があります。

セキュリティ修正プログラムが正しくインストールされていることを確認する方法

セキュリティ修正プログラムを実行すると、ログ ファイル (xl8p6.log) が Excel.exe と同じフォルダ内に作成されます。このファイルに記録されている内容によって正しくインストールされているかを確認することができます。インストールが成功した場合は下記のようなメッセージがログ ファイルに記録されています。
Excel セキュリティ修正プログラム インストーラ - Patch RUP 99060801Microsoft Excel への修正プログラムのインストールが完了しました。
また、以下の手順で操作することで、修正プログラムが正しく実行されているかを確認できます。
  1. スタート メニューからエクスプローラを起動し、Excel.exe が保存されているフォルダを参照します。既定のパスでセットアップしている場合は以下のフォルダに保存されています。
    C:\Program Files\Microsoft Office\Office
    注意: Excel 97 をネットワーク サーバ上から実行している場合、Excel.exe はサーバ上に保存されています。
  2. Excel.exe を右クリックし、ショートカット メニューの [プロパティ] を選択後 [バージョン情報] タブをクリックします。
  3. [ファイル バージョン] の内容を次の表と比較します。

    [Excel.exe のプロパティ] ダイアログ ボックスに表示されるバージョンは、現在使用されている Excel 97 のバージョンを示します。ファイル バージョンが 8.0h の場合、Excel 97 セキュリティ修正プログラムが正しくインストールされています。

    Excel 97 で [ヘルプ] メニューの [バージョン情報] をクリックするか、VBA で Application.Build または Application.Version を使用し、インストールされている Excel 97 のバージョンを確認することもできます。
         バージョン       [バージョン情報] メニュー  Application   Application                      Excel.exe のプロパティ       .Version        .Build     ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~     Excel 97 SR-2    Excel 97 SR-2(h)             8.0h          6528        + Xl8p6.exe

ご注意

本修正プログラムは、Excel 97 Service Release 2 (Office 97 Service Release 2) を対象と致します。本修正プログラムをご利用になる前に、まず Office 97 Service Release 2 を入手してください。Office 97 Service Release 2 についての情報は以下のマイクロソフト Web サイトの以下のページにも記載されています。

http://www.microsoft.com/japan/Office/documents/ServiceRelease/SR2/
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 231304 (最終更新日 1999-10-12) をもとに作成したものです。

XL97 alert detection
プロパティ

文書番号:231304 - 最終更新日: 02/08/2014 04:16:02 - リビジョン: 1.2

  • Microsoft Excel 97 Standard Edition
  • kbnosurvey kbarchive excel97 kbfix kbinfo macro patch security vba KB231304
フィードバック