現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

圧縮ボリューム上の SQL Server データベースのサポートの説明

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:231347
概要
Microsoft SQL Server データベースでは、NTFS ではサポートされていませんか、SQL Server 2005 の特定の状況以外の圧縮ボリュームおよびそれ以降のバージョンの FAT。圧縮ボリュームは、書き込みのセクターを整列させるを保証しませんし、これらは、いくつかの状況下でのトランザクションの回復を保証するために必要。

SQL Server 2005 およびそれ以降のバージョン、圧縮ドライブにデータベース ファイルの記憶域は次のましょう。
  • データ ファイルが読み取り専用ファイル グループに属している場合は、ファイルが許可されます。
  • データ ファイルが読み取り専用データベースに属するファイルが許可されます。
  • 読み取り専用データベース、トランザクション ・ ログ ・ ファイルが属している場合は、ファイルが許可されます。
  • 圧縮ドライブ上のファイルを読み取り/書き込みデータベースをオンラインにしようとすると、SQL Server には、次のエラーが生成されます。

    メッセージ 5118、レベル 16、状態 2、行 1
    ファイル"ファイル名>"は圧縮されていますが、読み取り専用データベースまたはファイル グループに存在しません。ファイルの圧縮を解除する必要があります。
読み取り専用データベースと SQL Server 2008 での読み取り専用ファイル グループの除外の詳細については、次の MSDN web サイトを参照してください。

注: <b>このトピックは、SQL Server 2012年およびそれ以降のバージョンにも適用されます。
詳細
圧縮ボリューム上の SQL Server データベースを追加するのには物理的にことはできますが、お勧めしませんと、ここではサポートされません。基になる理由を以下に示します。
  • パフォーマンス

    圧縮ボリューム上のデータベースが原因で、大幅なパフォーマンス オーバーヘッドが発生することがあります。容量は、ボリュームの I/O と書き込みに対する読み取りの比率によって異なります。ただし、上でいくつかの条件下で 500% の低下が確認されました。
  • データベースの回復

    信頼性の高いデータベースのトランザクションのリカバリに必要な書き込みのセクターを整列させるし、圧縮ボリュームは、このシナリオをサポートしていません。2 番目の問題では、内部のリカバリ領域の管理に関するものです。内部的に、SQL Server には、ロールバック用のデータベース ファイルでの事前に割り当てられた領域が確保されます。事前に割り当てられたファイルは、[不在時の「領域」というエラーが発生する圧縮ボリューム上と、正常な回復に影響する可能性があります。
特定のシナリオでは、ボリュームを圧縮または圧縮フォルダーに SQL Server のバックアップは成功ではありません。この問題が発生すると、次のエラー メッセージのいずれかが表示されます。

Windows Vista およびそれ以降のバージョンの Windows で

ファイル システムの制限により、STATUS_FILE_SYSTEM_LIMITATION 要求された操作を完了できませんでした。

(要求された操作を完了できませんでした、ファイル システムの制限のため) オペレーティング システム エラー 665
Windows の以前のバージョンで

STATUS_INSUFFICIENT_RESOURCES が不足しているシステム リソースが要求されたサービスを完了する存在します。

オペレーティング システム エラー 1450 (十分なシステム リソースが要求されたか (プロセス ファイルにアクセスできません、ファイルの一部を別のプロセスがロックしているためです。) 33 を完了する存在
この問題の詳細については、次の資料、マイクロソフト サポート技術情報を参照してください。
967351 NTFS ボリュームに極端に断片化されたファイルが一定のサイズまで拡張されないこと

注:
  • Windows Vista および 967351 の KB 資料に記載されている Windows の以降のバージョンの修正プログラムでは、ボリュームを圧縮または圧縮フォルダーには、成功ではない SQL Server バックアップの問題が解決しない場合があります。ただし、この修正プログラムの問題の仲介役は。
  • 967351 の KB 資料に記載されている修正プログラムを適用した後は、 /Lパラメーターを使用して圧縮を有効にするドライブをフォーマットする必要があります。/Lパラメーターを使用して圧縮を有効にするドライブをフォーマットすると、ファイル レコード セグメントあたりバイトが 1,024 バイトから 4,096 バイトに増加します。
圧縮ボリュームに SQL Server のバックアップでは、ディスク領域を節約できます。ただし、バックアップ操作中に CPU 使用率を増加、可能性があります。常に、データの整合性を保証するためには、バックアップ チェックサムの機能を使用することをお勧めします。
SQL Server で説明されている「安定したメディアは、配信保証"をサポートするシステムが必要です、SQL Server I/O の信頼性プログラムの要件.

SQL Server データベース エンジンの入力と出力の要件の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照するのには次の資料番号をクリックします。
967576 Microsoft SQL Server データベース エンジンの入力と出力の要件
ハード ディスク ドライブのディスクのディスク圧縮

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:231347 - 最終更新日: 08/13/2015 21:17:00 - リビジョン: 2.1

Microsoft SQL Server 2005 Standard Edition, Microsoft SQL Server 2005 Standard X64 Edition, Microsoft SQL Server 2005 Standard Edition for Itanium Based Systems, Microsoft SQL Server 2005 Enterprise Edition, Microsoft SQL Server 2005 Enterprise X64 Edition, Microsoft SQL Server 2005 Enterprise Edition for Itanium Based Systems, Microsoft SQL Server 2005 Developer Edition, Microsoft SQL Server 2005 Express Edition, Microsoft SQL Server 2000 Standard Edition, Microsoft SQL Server 2000 Developer Edition, Microsoft SQL Server 2000 Enterprise Edition, Microsoft SQL Server 2000 Personal Edition, Microsoft SQL Server 2000 Workgroup Edition, Microsoft SQL Server 7.0 Standard Edition, Microsoft SQL Server 6.5 Standard Edition, Microsoft SQL Server 2008 Developer, Microsoft SQL Server 2008 Enterprise, Microsoft SQL Server 2008 Express, Microsoft SQL Server 2008 Standard, Microsoft SQL Server 2008 R2 Datacenter, Microsoft SQL Server 2008 R2 Developer, Microsoft SQL Server 2008 R2 Enterprise, Microsoft SQL Server 2008 R2 Express, Microsoft SQL Server 2008 R2 Express with Advanced Services, Microsoft SQL Server 2008 R2 Standard, Microsoft SQL Server 2008 R2 Standard Edition for Small Business, Microsoft SQL Server 2008 R2 Web, Microsoft SQL Server 2008 R2 Workgroup, Microsoft SQL Server 2012 Analysis Services, Microsoft SQL Server 2012 Business Intelligence, Microsoft SQL Server 2012 Developer, Microsoft SQL Server 2012 Enterprise, Microsoft SQL Server 2012 Enterprise Core, Microsoft SQL Server 2012 Express, Microsoft SQL Server 2012 Standard, Microsoft SQL Server 2012 Web, Microsoft SQL Server 2014 Business Intelligence, Microsoft SQL Server 2014 Developer, Microsoft SQL Server 2014 Enterprise, Microsoft SQL Server 2014 Enterprise Core, Microsoft SQL Server 2014 Express, Microsoft SQL Server 2014 Standard, Microsoft SQL Server 2014 Web, SQL Server 2014 Reporting Services

  • kbsurveynew kbexpertiseadvanced kbsql2005setup kbinfo kbmt KB231347 KbMtja
フィードバック
/html> var varClickTracking = 1; var varCustomerTracking = 1; var Route = "76500"; var Ctrl = ""; document.write("