現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Active Directory データベースのオフライン最適化を実行する方法

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:232122
概要
Active Directory は、ガベージ コレクション プロセスの一部として一定の間隔でデータベースのオンライン最適化を自動的に実行します。(既定では、これが 12 時間ごと)オンラインでの最適化はデータベース ファイル (Ntds.dit) のサイズを削減しないが、代わりにデータベース内のデータ記憶域を最適化し、新しいオブジェクトのディレクトリ内の領域を解放します。

オフラインでの最適化を実行すると、内部の断片化のないデータベース ファイルの新しいバージョンが作成されます。再作成のすべてのインデックス。によって元のデータベース ファイルは断片化の程度、新しいファイルは非常に小さくすることはあります。
詳細
Active Directory データベースのオフライン最適化を実行します。
  1. Active Directory をバックアップします。Windows Server バックアップ中に Active Directory のバックアップをネイティブにサポート オンライン。バックアップ ウィザードで、または個別にウィザードで「システム状態」をバックアップするを選択してコンピューター上のすべてをバックアップするオプションを選択すると自動的に発生します。
  2. Windows 2000 Server および Windows Server 2003 の
    ドメイン コント ローラーを再起動して、[ブート] メニューから適切なインストールを選択して、Windows 2000 Server のオプションの詳細設定] メニューを表示するのには f8 キーを押します。選択します。ディレクトリ サービス復元モード、し、Enter キーを押します。再起動するには、enter キーを押します。

    Windows Server 2008 とそれ以降のバージョンの
    次の操作のいずれかを実行するには。
    • 「Active Directory ドメイン サービス」または LDS インスタンスを停止します。
    • 「Msconfig」を起動し、、ブート ウィンドウに移動します。OS のインストールを構成するを選択します。[ブート オプション] セクションで、セーフ ブートを選択しもActive Directory の修復の項目を選択します。[Ok]をクリックした後、ツールは再起動するように指示します。コンピューターを再起動します。
  3. ディレクトリ サービス復元モードの SAM にローカル管理者アカウント用に定義されているパスワードを使用して管理者アカウントにログオンします。オフラインの SAM データベースを使用する方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。
    223301オフライン SAM の管理者アカウントの保護
  4. [スタート] ボタン、プログラム] をポイントし、アクセサリ、および、[コマンド プロンプト] をクリックします。
  5. コマンド プロンプトで次のように入力します。 cmd、し、Enter キーを押します。
  6. NTDSUTIL では、TEMP および TMP 環境変数を使用して、最適化の実行中、一時データベースを作成します。使用される、標準的なボリューム上の空き領域が最適化されたデータベースのサイズより小さい場合は、次のエラーが表示されます。
    ファイルの保守: d:\compactDB にコンパクト
    最適化モードを開始しています.
    データベースのソース: D:\windows\NTDS\ntds.dit
    データベースを対象に: d:\compactDB\ntds.dit

    最適化の状況 (% 完了)

    0 10 20 30 40 50 60 70 80 90 100

    |----|----|----|----|----|----|----|----|----|----|

    ..........................エラー-1808 (JET_errDiskFull、ディスクの空き領域がありません) で、操作が終了しました。


    アプリケーション ログに、次のようなイベントが表示されます。

    ログ名: アプリケーション
    ソース: ESENT
    イベント ID: 482
    タスク カテゴリ: 全般
    レベル: エラー
    キーワード: クラシック
    説明: NTDS (12852) ファイルへの書き込み"C:\Users\administrator\AppData\Local\Temp\tmp.edb"のオフセット 49315536896 (0x0000000b7b6f6000) 0 (0x00000000) のバイト数に失敗しましたが、システム エラー 112 (0x00000070) 0.015 秒後:"いない十分な領域がディスク上。」です。エラー-1808 (0xfffff8f0) では、書き込み操作が失敗します。このエラーが引き続き発生するファイルは破損している可能性があり、以前のバックアップから復元する必要があります。

    この例では、タスクには十分な空き領域のあるボリュームに TMP および TEMP 環境変数を設定します。たとえば、次の設定を使用します。

    Md d:\temp

    Tmp を設定 = d:\temp

    一時セット = d:\temp

    注: <b>この問題は、データベースの整合性チェック中にも発生します。
  7. NTDSUTIL を実行します。
  8. Windows 2008 とそれ以降のバージョンの
    タイプ ntds のインスタンスをアクティブにします。Active Directory データベースのインスタンスを選択します。LDS データベースを最適化する場合は、LDS インスタンス名を使用します。
  9. タイプ ファイル、し、Enter キーを押します。
  10. タイプ 情報、し、Enter キーを押します。これには、Active Directory データベースとログ ファイルのサイズとパスの現在の情報が表示されます。パスをメモします。
  11. 最適化後のデータベースを格納するための十分な空き容量のある場所を確立します。
  12. タイプ 最適化します。 ドライブ:\ディレクトリ、し、Enter キーを押します。このコマンドで、プレース ホルダーに注意してください。ドライブディレクトリ前の手順で確立した場所のパスを表します。

    注: <b>ディレクトリ パスを指定する必要があります。パスにスペースが含まれている場合パス全体を引用符で囲む必要があります。たとえば、次のように入力します。
    "c:\new folder"に最適化します。
  13. Ntds.ditor AdamNtds.dit という新しいデータベースが指定したパスに作成されます。
  14. タイプ 終了、し、Enter キーを押します。タイプ終了 コマンド プロンプトに戻ります。
  15. エラーなしでの最適化が成功した場合は、Ntdsutil.exe 画面に表示される指示をに従ってください。次のコマンドを入力して、ログ ディレクトリ内のすべてのログ ファイルを削除します。
    del ドライブ: \ pathToLogFiles \*.log
    手順 5 でメモした現在のデータベース パスに古いデータベース ファイルに、新しい Ntds.dit ファイルまたは AdamNtds.dit ファイルをコピーします。

    注: <b> Edb.chk ファイルを削除していないの操作を行います。
  16. Windows 2000 Server および Windows Server 2003 の
    コンピューターを再起動します。

    /Fo オプションr Windows Server 2008 とそれ以降のバージョン
    Active Directory ドメイン サービスまたは LDS インスタンスを停止した場合は、今すぐ再起動できます。
  17. Windows Server 2008 とそれ以降のバージョンの
    ディレクトリ サービス復元モードで作業している場合は、msconfig を起動し、ブート ウィンドウに移動します。オペレーティング システムのインストール、構成するを選択します。ブート オプション] セクションでは、セーフ ブートをオフにする] をクリックします。[Ok]をクリックすると、このツールは再起動するように指示します。コンピューターを再起動します。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:232122 - 最終更新日: 08/24/2015 22:16:00 - リビジョン: 2.0

Windows Server 2012 R2 Standard, Windows Server 2012 R2 Essentials, Windows Server 2012 R2 Datacenter, Windows Server 2012 Standard, Windows Server 2012 Essentials, Windows Server 2012 Datacenter, Windows Server 2008 R2 Standard, Windows Server 2008 R2 Enterprise, Windows Server 2008 Standard, Windows Server 2008 Enterprise, Microsoft Windows Server 2003 Service Pack 2, Microsoft Windows 2000 Server, Microsoft Windows 2000 Advanced Server

  • kbhowto kbmt KB232122 KbMtja
フィードバック
varClickTracking = 1; var varCustomerTracking = 1; var Route = "76500"; var Ctrl = ""; document.write(" >