[SQL]BUG: Xp_logininfo が 8198 エラーを返す

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP233161
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
BUG #: 55139 (SQLBUG_70)
現象
Microsoft Windows NT ローカルまたはグローバル グループが、ドメインまたはコンピュータと同じ名前を持っていると、そのローカルまたはグローバル グループの Windows NT ユーザーに、xp_logininfo 拡張ストアドプロシージャが実行される時、エラー 8198 が返されます。
回避策
この問題を回避するには、以下のいずれかを実行します。
  • Windows NT ローカルまたはグローバル グループ名を変更する。

    もしくは
  • ローカルまたはグローバル グループからユーザーを削除する。
状況
弊社ではこれを SQL Server version 7.0 の問題として確認しています。
詳細

問題の再現手順

注意: この例では下記であると仮定します:
  • ドメイン名 = TEST1
  • ローカル/グローバル グループ名 = test1
  • Windows NT ユーザー アカウント名 = USER1
  1. ドメイン ユーザー マネージャーを使い "USER1" という名前の新しいユーザー アカウントを作成します。
  2. 同じくドメイン ユーザー マネージャーを使い、ドメインと同じ名前を持つ、ローカルまたはグローバル グループ (この例では "test1" ) を作成します。
  3. 上記で新しく作成したグループに、ステップ 1 で作成したユーザーを追加します。
  4. 次のスクリプトを実行します:
         use master     go     xp_grantlogin 'TEST1\USER1'     go     xp_logininfo 'TEST1\USER1'     go
次のエラー メッセージを受け取るでしょう:
サーバー : メッセージ 8198、レベル 16、状態 10、プロシージャ xp_logininfo、行 58 Windows NT グループ/ユーザー "test1" に関する情報を取得できませんでした。
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 233161 (最終更新日 1999-05-28) をもとに作成したものです。

プロパティ

文書番号:233161 - 最終更新日: 01/16/2015 19:52:47 - リビジョン: 3.1

  • Microsoft SQL Server 7.0 Standard Edition
  • Microsoft SQL Server 2000 Standard Edition
  • kbnosurvey kbarchive kbbug kbpending KB233161
フィードバック