現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

お使いのブラウザーはサポートされていません

このサイトを利用するには、ブラウザーを更新する必要があります。

Internet Explorer を最新バージョンに更新する

Active Directory でプリンターを制御するグループ ポリシー設定を使用する方法

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:234270
概要
Active Directory にプリンターに関連する設定を有効にまたはグループ ポリシー設定を使用して無効にできます。グループ ポリシー オブジェクトの Active Directory コンテナー (サイト、組織単位、およびドメイン) に関連付けられているすべてのグループ ポリシー設定が格納されます。この構造体は、最大化し、Active Directory を拡張します。

プリンターを有効にするか、ローカル グループ ポリシー エディターを使用してプリンターの管理を無効にする方法を管理するのには、特定のポリシーを説明します。
詳細
プリンターのグループ ポリシー設定で設定可能な構成の 2 つの種類があります。
  • コンピューターの構成
  • ユーザーの構成

Active Directory 内のコンピューターのプリンター固有の設定を構成する方法

  1. [スタート] ボタン、[プログラム] をポイントし、管理ツール] をポイントおよび、[ Active Directory ユーザーとコンピューター] をクリックします。
  2. Active Directory コンテナー (組織単位、またはドメイン) を管理するドメインをクリックします。そのコンテナーを右クリックしをクリックし、プロパティ
  3. グループ ポリシー ] タブをクリックし、新しい「新しい」のグループ ポリシー設定を作成する] をクリックします。
  4. ローカル グループ ポリシー エディターで、次のフォルダーを展開します。
    • コンピューターの構成
    • 管理用テンプレート
    • プリンター
次の設定を有効にすることができます コンピューターの構成n:
  • 公開するプリンターを許可する:有効または、ディレクトリ内のプリンターの公開を無効にします。
  • クライアントの接続を受け入れるように印刷スプーラーを許可する:印刷スプーラーがクライアント接続を受け入れるかどうかを制御します。ポリシーを設定しなかった場合、スプーラーは受け付けませんクライアント接続ユーザーがローカル プリンターを共有または接続プリンターでの印刷キューが表示されるまで。この時点では、スプーラーはクライアント接続の受け入れを自動的に開始します。
  • 公開されているプリンターの排除を許可する:ドメイン コント ローラーを排除できるかどうかを決定する (つまり、Active Directory から削除) このコンピューターによって公開されているプリンター。既定では、ドメイン コント ローラー上の排除サービスが公開しているコンピューターが、要求に応答しない場合は、プリンター オブジェクトを Active Directory から取り除かれます。プリンターを公開しているコンピューターを再起動すると削除されたプリンター オブジェクトは再公開されます。
  • 自動的に新しいプリンターを Active Directory に公開:既定では、この設定をオンします。具体的には選択されている共有プリンターのみがディレクトリに格納できるように、オフにすることができます。
  • チェック発行状態:公開されたプリンターが Active Directory で発行されていることを確認する場合に使用します。既定では、公開の状態は検証されません。
  • サポート URL をカスタム [プリンター] フォルダーの左ウィンドウ:このポリシー ビットは、管理者がサーバーにカスタマイズされたサポート Url を追加する向けです。このビットが選択されていない場合は、[プリンター] フォルダーのナビゲーション ウィンドウの Url が表示されますプリンターが選択されていると、製造元のサポート URL が利用可能な場合。このビットが選択されている、カスタマイズされたサポート URL が提供されている場合は、前述の 2 つのサポート Url がカスタマイズされた URL に置き換えられます。既定値はオフです。(帽子は、カスタマイズされたサポート URL はありません) です。
  • コンピューターの場所:プリンターを検索するときに使用される既定の場所の条件を指定します。この設定は、Windows のプリンターの場所追跡機能のコンポーネントです。この設定を使用するには、事前に設定したプリンターの検索場所のテキストの設定を有効にすると場所の追跡を有効にします。場所の追跡を有効にすると、プリンターを検索する場合の条件として、指定した場所が使用されます。ここに入力した値が、検索を実行しているコンピューターの実際の場所を上書きします。

    ユーザーのコンピューターの場所を入力します。プリンターを検索する場合は、近くにあるプリンターを検索する、指定した場所 (と他の検索条件) が使用されます。この設定は特定のプリンターまたはプリンターを使用することのグループのユーザーにも使用できます。
  • ディレクトリの排除の間隔:プルーニングの間隔は、排除サービスが破棄されたPrintQueueオブジェクトをチェック間スリープする時間を決定します。サービス毎時間排除間隔値を読み取ります
  • ディレクトリの排除の再試行: 、排除サービスが破棄されたPrintQueueオブジェクトを削除する前にプリント サーバーに接続しようとする回数を設定します。
  • ディレクトリの排除の優先順位: 排除スレッドのスレッド優先度を設定します。排除スレッドはドメイン コント ローラー上でのみ実行し、古いプリンターをディレクトリから削除されます。有効な値は、-2、-1、0、1、および 2、THREAD_PRIORITY_HIGHEST を通じて THREAD_PRIORITY_LOWEST に対応します。既定値は 0 です。
  • のカーネル モード ドライバーを使用してプリンターのインストールを禁止する: 、ローカル コンピューター上のカーネル モード ドライバーを使用しているプリンターをインストールすることかどうかを決定します。カーネル モードのドライバーはシステム全体のメモリへのアクセスがあります。Stop エラーをにより、正しく記述されていないカーネル モードのドライバーです。
  • ディレクトリ排除の再試行イベントのログ:ドメイン コント ローラー上の排除サービスがコンピューターのプリンターを削除する前にコンピューターにアクセスしようとしたときに、イベント ログに記録するかどうかを指定します。

    排除サービスは、定期的にアクセスし、プリンターが使用可能になっていることを確認するにはプリンターを公開します。
    再試行されますをしようとすると、連絡先、コンピューターが応答しない場合、指定した回数だけ、指定した間隔で。ディレクトリ排除の再試行の設定は再試行回数を指定します。既定値は 2 回の再試行します。ディレクトリの排除の間隔] の設定を再試行する間隔を決定します。デフォルト値は 8 時間です。連絡先が最後の試行で、コンピューターが応答しません、する場合は、再試行のディレクトリから
  • 事前に設定したプリンターの検索場所のテキスト: Windows プリンターの物理的場所追跡を設定できます。

    場所の追跡を使用して、デザイン、企業の場所のスキームと配色パターンの場所にコンピューターとプリンターを割り当てるを。場所の追跡を検索し、コンピューターとプリンターを関連付けるに使用される標準的なメソッドをオーバーライドします。標準的な方法は、その物理的な場所と近くにコンピューターを評価するのに、プリンターの IP アドレスとサブネット マスクを使用します。この設定を有効にすると、ユーザー、プリンターの場所や場所の名前付けスキームを知らなくても場所でプリンターを参照できます。

    場所の追跡を有効にすると、プリンターのプロパティ] ダイアログ ボックスの [全般] タブに、プリンターの追加ウィザードのプリンターの名前と場所の共有画面で、[参照] ボタンを追加します。既定では、グループ ポリシーのコンピューターの場所の設定を有効にする場合は、[場所] フィールド [入力したデフォルトの場所が表示されます。
  • プリンターの参照: 、印刷サブシステムこの設定を有効にした場合は、プリンターを参照するための共有プリンターを発表します。印刷サブシステムで共有プリンターを参照一覧に追加したくない場合は、この設定を無効にする必要があります。この設定が構成されていない場合は、ディレクトリ サービスは利用できますが、ディレクトリ サービスが利用できない場合が追加する場合、参照リストに共有プリンターは追加されません。
  • は、自動的に再公開されないプリンターの排除: ディレクトリからプリンターを排除することができるかどうかを指定します。通常この設定を未構成のままにしておくことをお勧めします。ただし、プリンターは排除されているとは、発行元のコンピューターが機能している場合でも、ネットワーク上の場合は、排除サービスが断続的にのみダイヤルアップ リンクを使用する場合、またはネットワーク障害時に、公開されたプリンターを削除するを防ぐには、このポリシーを有効にできます。プリンターが Active Directory から削除されるようにするのには、このポリシーを有効にして非再公開されないプリンターの排除] ボックスの一覧でなしの既定の選択を保持します。
  • Web ベース印刷: このポリシー ビットは、インターネットを無効にする管理者向け全体を印刷します。このポリシー ビットを選択すると、サーバー上の共有プリンターの [なし] は、web に発行するとの共有プリンターが HTTP を使用して他のクライアントからの受信ジョブをそのまま使用すること。既定値はオフです。

Windows Server 2008 R2 で新しく追加されたグループ ポリシー オブジェクト


  1. ドメイン コント ローラーで、[スタート] ボタン、[管理ツール] をクリックしておよび [グループ ポリシーの管理] をクリックします。または、[スタート] ボタン、実行をクリックして型 GPMC では。MSC、し、 Enterキーを押します。
  2. フォレストとドメインを展開します。
  3. 自分のドメインでは、このポリシーを作成する OU を選択します。
  4. OU を右クリックし、[GPO を作成し、このドメインにリンクするには、ここ
  5. GPO の名前を入力し、[ OK] をクリックします。新しく作成したグループ ポリシー オブジェクトを使用してを右クリックし、[編集] をクリックします。グループ ポリシー管理エディターが開きます。
  6. グループ ポリシー管理エディターで、次のフォルダーを展開します。
    • コンピューターの構成
    • ポリシー
    • 管理用テンプレート
    • コントロール パネルの [
    • プリンター


[コンピューターの構成] の [次の追加設定を有効にすることができます。
  • プリンターの追加ウィザードでネットワークのスキャン] ページ (マネージ ネットワーク):このポリシーは、[プリンターの追加ウィザードに表示される管理されたネットワーク上のコンピューター、コンピューターがドメイン コント ローラー (たとえば、ドメインに参加しているラップトップ コンピューター企業のネットワーク上) にアクセスできる各型のプリンターの最大数を設定します。
  • プリンターの追加ウィザードでネットワークのスキャン] ページ (管理されていないネットワーク):このポリシーは、コンピューターがドメイン コント ローラー (たとえば、ドメインに参加しているラップトップをホーム ネットワーク上) にアクセスできない場合に、管理されていないネットワーク上のコンピューターで、プリンターの追加ウィザードが表示されますそれぞれの種類のプリンターの最大数を設定します。
  • サーバー上の印刷ジョブを常に表示:をプリント サーバーから印刷するときに、かどうか、クライアントでは、印刷スプーラーは印刷ジョブを処理作業を実行するサーバーに渡すを決定します。このポリシー設定では、Windows プリント サーバーのみへの印刷に影響します。
  • 分離プロセスで印刷ドライバーを実行する:このポリシー設定では、印刷スプーラーを分離または別のプロセスで印刷ドライバーを実行するかどうかを決定します。プリンター ドライバーが読み込まれるときに、独立したプロセス (または、分離されたプロセス) で、プリンター ドライバーの障害されません、印刷スプーラー サービスが停止します。
  • 拡張ポイントと印刷の接続を Windows Update の検索:このポリシー設定では、ポイント アンド プリント ドライバーのクライアント コンピューターを検索する場所を管理することができます。このポリシー設定を有効にした場合、クライアント コンピューターをサーバー ドライバーのキャッシュは、ローカルのドライバー ストアから互換性のあるドライバーを検索に失敗した後に Windows Update からポイント アンド プリントの互換性のあるドライバーを検索するには、続けます。
  • ポイントのパッケージを使用して、印刷のみ:このポリシーはクライアント コンピューター パッケージ ポイントを使用して、印刷のみに制限します。この設定が有効な場合ことができますをポイントし、パッケージに対応したドライバーを使用しているプリンターにのみ印刷します。パッケージ ポイント アンド プリントを使用して、クライアント コンピューターは、プリント サーバーからダウンロードされるすべてのドライバーのドライバーの署名を確認します。
  • 上書き印刷ドライバー実行互換性の設定が印刷ドライバーによって報告された:このポリシー設定は、印刷スプーラーは印刷ドライバーによって報告される互換性ドライバーの分離をオーバーライドするかどうかを決定します。これにより、ドライバーは互換性が報告されない場合でも分離プロセスで印刷ドライバーを実行しています。

    このポリシー設定を有効にした場合、印刷スプーラーは、印刷ドライバーによって報告された、ドライバー隔離互換フラグの値は無視されます。
  • パッケージのポイントと印刷]-[承認されたサーバー:承認されたサーバーへのパッケージのポイントと印刷を制限します。このポリシー設定は、パッケージのポイントと印刷の接続を承認されたサーバーを制限します。この設定は、パッケージのポイントと印刷の接続にのみ適用され、、「ポイントと印刷の制限」ポリシー パッケージではないポイントと印刷の接続の動作を制御するから完全に独立しました。

    Windows Vista またはそれ以降のバージョンの Windows を実行している Clinet はパッケージのポイントと印刷の接続が失敗するパッケージではないポイントと印刷の接続をいつでも作成しようとしています。このポリシーによってブロックされている試行が含まれます。管理者は、特定のプリント サーバーに印刷のすべての接続をブロックする両方のポリシーを設定する必要があります。

    この設定が有効な場合ことができますをポイントをパッケージ化し、プリント サーバーは、ネットワーク管理者によって承認されている場合にのみ印刷します。パッケージ ポイント アンド プリントを使用して、クライアント コンピューターは、プリント サーバーからダウンロードされるすべてのドライバーのドライバーの署名を確認します。
  • [ポイントと印刷の制限:このポリシー設定は、クライアントがポイントと印刷の動作は、セキュリティなど、Windows Vista コンピューターを要求します。ポリシー設定は、印刷管理者以外のクライアントにのみ、ドメインのメンバーであるコンピューターにのみ適用されます。

    ポリシー設定を有効にすると、次の条件を取得します。
    • Windows XP およびそれ以降のクライアントはプリンター ドライバー コンポーネントを明示的に名前付きのサーバーの一覧からダウンロードのみ。互換性のあるプリンター ドライバーがクライアントで使用可能な場合、プリンターが接続します。互換性のあるプリンター ドライバーがクライアントで使用できない場合、接続は行われません。
    • Windows Vista クライアントにセキュリティ警告が表示され、管理者特権のコマンド プロンプトが表示されないユーザーがポイントと印刷を構成することができます接続のプリンター ドライバーを更新する必要がある場合または。

    ポリシー設定が構成されていない、ときに、次の条件を取得します。
    • Windows Vista クライアント コンピューターをポイントし、任意のサーバーに印刷します。
    • Windows Vista のコンピューター ユーザーがポイント アンド プリントを使用して、任意のサーバーへのプリンター接続を作成するときに警告し、管理者特権のコマンド プロンプトが表示されます。
    • Windows Vista コンピューターに既存の接続のドライバーの更新が必要と警告し、管理者特権のコマンド プロンプトが表示されます。
    • Windows Server 2003 および Windows XP クライアント コンピューターは、ポイント アンド プリントを使用して、フォレスト内の任意のサーバーへのプリンター接続を作成できます。

    ポリシー設定を無効にすると、次の条件を取得します。
    • Windows Vista クライアント コンピューターは、ポイント アンド プリントを使用して、サーバーへのプリンター接続を作成できます。
    • 警告または昇格した特権でコマンド プロンプトをユーザーがポイント アンド プリントを使用して任意のサーバーへのプリンター接続を作成するときに Windows Vista コンピューターは表示されません。
    • 警告または昇格した特権でコマンド プロンプトを既存の接続のドライバーに更新するが Windows Vista コンピューターは表示されません。
    • Windows Server 2003 および Windows XP クライアント コンピューターは、ポイント アンド プリントを使用して、サーバーへのプリンター接続を作成できます。
    • Windows Server 2003 および Windows XP SP1 (およびそれ以降のサービス パック) にのみ、ユーザーはのみポイントと印刷のフォレスト内のコンピューターに設定が適用されます。

    ポイントと印刷の詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。

Active Directory 内のユーザーのプリンター固有の設定を構成する方法

  1. [スタート] ボタン、[プログラム] をポイントし、管理ツール] をポイントおよび、[ Active Directory ユーザーとコンピューター] をクリックします。
  2. Active Directory コンテナー (組織単位、またはドメイン) を管理するドメインをクリックします。そのコンテナーを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
  3. グループ ポリシー"New"を作成する新規をクリックします。
  4. グループ ポリシー エディターで、次のフォルダーを展開します:ユーザーの構成管理用テンプレートコントロール パネル、およびプリンター
次の設定を構成することができますの構成のユーザーn:
  • プリンターの削除を無効にする:ユーザーを削除するローカル プリンターおよびネットワーク プリンターをようにします。ユーザーがプリンターを削除しようとするなどして、コントロール パネルの [プリンター] ツールの [削除] コマンドを使用してが表示されます操作がポリシーによって禁止されている説明するメッセージ。ただし、このポリシーはしないようにからプリンターを削除するプログラムを実行しています。
  • プリンターの追加を無効にする:追加のローカルおよびネットワーク プリンターを一般的な方法を使用できないようにします。このポリシーでは[スタート] メニューおよびコントロール パネルの [プリンター] フォルダーからプリンターの追加ウィザードが削除されます。また、ユーザーはプリンター アイコンを [プリンター] フォルダーにドラッグしてプリンターを追加できません。このメソッドを使用すると、操作がポリシーによって無効になっている説明するメッセージが表示されます。

    このポリシーはユーザーからハードウェアの追加と削除ウィザードを使用して、プリンターを追加するできなきます。また、ユーザーによるプリンターを追加するプログラムの実行されること。このポリシーでは、ユーザーが既に追加されているプリンターは削除されません。ただし、このポリシーが適用されるときにユーザーがプリンターを追加しない、する場合は印刷できません。

    プリンターの使用を制限するポリシーを設定せずにプリンターのアクセス許可を使用することができることに注意してください。[プリンター] フォルダーで、プリンターを右クリックし、プロパティをクリックしておよび、[セキュリティ] タブをクリックし。
  • ダウン レベル ページをプリンターの追加ウィザードで表示:[プリンターの追加ウィザードで、共有プリンターのネットワークを参照することができます。ユーザーがネットワーク プリンターの追加] をクリックしますが、特定のプリンターの名前を入力しない場合、このポリシーを有効にした場合、プリンターの追加ウィザード、ネットワーク上のすべての共有プリンターの一覧が表示され、ユーザー、プリンターを選択するように求められます。このポリシーを無効にする場合は、ユーザーがネットワークを参照できません。代わりに、これらのプリンターの名前を入力してください。

    このポリシーは、[プリンターの追加ウィザードのみに影響します。共有プリンターを参照するか、ネットワーク プリンターに接続するその他のツールを使用してユーザーは防止されません。
  • プリンターを検索する場合、Active Directory の既定のパス:プリンターの検索を開始する Active Directory の場所を指定します。

    プリンターの追加ウィザードにより、ユーザーは Active Directory の共有プリンターを検索できます。このポリシーを有効にした場合は、これらの検索は、 Active Directory の既定のパス] ボックスで指定した場所から始まります。それ以外の場合は、Active Directory のルートから検索を開始します。

    このポリシーは、プリンター用の Active Directory 検索の開始点を提供します。Active Directory からのユーザーの検索は制限されません。
  • インターネット プリンターの参照を有効にする:プリンターの追加ウィザードに、インターネットまたはイントラネットの web ページへのパスを追加します。
    このポリシーを使用するには、プリンターのインストール元の web ページをユーザーに指示します。

    かどうかこのポリシーを有効にして、テキスト ボックスに、インターネットまたはイントラネットのアドレスを入力して、Windows の追加、 設定e] ボタン、[プリンターの追加ウィザードの[プリンターの検索ページにします。インターネットまたは社内のイントラネット上のプリンターに接続する] オプションの横にある [参照] ボタンが表示されます。ユーザーの参照] をクリックしてと Windows、インターネット ブラウザーが開き、利用できるプリンターを表示するのには、指定したアドレスに移動します。

    このポリシーを追加するには、プリンターを検索するユーザーが簡単になります。
関連情報
これらのポリシー設定については、各ポリシー設定の説明] タブをクリックします。
ipp AD a. d.

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:234270 - 最終更新日: 05/23/2015 11:09:00 - リビジョン: 4.0

  • Microsoft Windows 2000 Server
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Standard x64 Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition for Itanium-based Systems
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise x64 Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition for Itanium-Based Systems
  • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter x64 Edition
  • Microsoft Windows Server 2003 R2 Standard x64 Edition
  • Microsoft Windows Server 2003 R2 Enterprise Edition (32-Bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003 R2 Enterprise x64 Edition
  • Microsoft Windows Server 2003 R2 Datacenter Edition (32-Bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003 R2 Datacenter x64 Edition
  • Windows Server 2008 Standard
  • Windows Server 2008 Enterprise
  • Windows Server 2008 Datacenter
  • Windows Server 2008 R2 Standard
  • Windows Server 2008 R2 Enterprise
  • Windows Server 2008 R2 Datacenter
  • kbenv kbinfo kbprint kbmt KB234270 KbMtja
フィードバック
ript> /html>indow.location.protocol) + "//c.microsoft.com/ms.js'><\/script>");