現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

ビジネス アプリケーションのオンライン スイート環境で Live Meeting outlook の代理人を割り当てることはできません。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2353019
現象
次のシナリオを検討してください。[代理アクセス権、ビジネス オンライン標準的な生産性の環境や専用の Microsoft ビジネス オンライン スイート環境 Microsoft® Office Live 会議が割り当てられます。その後、ライブの会議出席依頼を他のユーザーの代理をスケジュールしようとします。このシナリオでは、次のエラー メッセージが表示されます。
Live Meeting サービスの委任がサポートされていないためこの人の代わりをスケジュールできません。Live Meeting サービスを使用して Live Meeting をスケジュールする場合は、招待状からになります。
原因
これは、既知の問題です。Microsoft Outlook 用会議アドインを使用すると、この委任シナリオの機能は Microsoft Online Services ではサポートされていません。
解決方法
この問題を回避するには、次の方法のいずれかを使用します。

方法 1

Live Meeting ポータルや会議センターを使用して Live Meeting のインスタンスを他の人の代わりを設定できます。Live Meeting ポータルや会議センターにアクセスするのにユーザーのユーザー名とパスワードを使用する必要があります。Live Meeting のミーティングをスケジュールすることができます。ただし、Live Meeting ポータルや会議センターを使用して、会議のスケジュールを設定すると、会議の予定表は表示されません。これは、既知の問題です。

満たすhod 2

エンド ・ ユーザーの資格情報を使用して、自分自身に出席者や発表者の招待状を送信して、Live Meeting マネージャーで web サイトの会議を作成できます。定期的な会議は Outlook で他の人の代理でその人の委任権限を使用して、Live Meeting の招待状からミーティング情報を貼り付ける作成できます。

方法 3

[代理アクセス権を持つユーザー、会議の作成し、ユーザーのみを招待、ミーティングのオーナーを持つことができます。デリゲートは、招待状を開き、ミーティング情報をコピーする必要があります。デリゲートする必要がありますし、Outlook で新しい予定を作成する新しい予定には、[ミーティングの情報を貼り付けるし、すべての参加者に招待状を送信します。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2353019 - 最終更新日: 08/05/2011 20:49:00 - リビジョン: 3.0

  • kbmt vkbportal221 vkbportal107 vkbportal226 vkbportal230 vkbportal238 KB2353019 KbMtja
フィードバック
lay:none;" onerror="var m=document.createElement('meta');m.name='ms.dqp0';m.content='true';document.getElementsByTagName('head')[0].appendChild(m);" onload="var m=document.createElement('meta');m.name='ms.dqp0';m.content='false';document.getElementsByTagName('head')[0].appendChild(m);" src="http://c1.microsoft.com/c.gif?">