[NT] DS、DNS、FRS イベント ログを表示する方法

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP235427
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
概要
Windows 2000 イベント ビューアには、次の 3 つのイベント ログが含まれています。
  • Directory Service イベント ログ
  • DNS Server イベント ログ
  • ファイル複製サービス イベント ログ
ディレクトリ サービスおよびファイル複製サービス イベント ログは、Windows 2000 ドメイン コントローラ上のイベント ビューアだけに表示されます。DNS Server イベント ログは、DNS サーバーでのみ利用できます。Windows 2000 イベント ビューアは、コンピュータ上のアクティブなイベント ログを自動的に認識します。

注意: Microsoft Windows NT 4.0 イベント ビューア (およびそれ以前) では、アプリケーション、セキュリティ、システム ログ以外のログは無視されます。
詳細
ネットワーク経由でこれらのイベント ログを表示するためには、次の手順を実行します。
  1. [イベント ビューア (ローカル)] フォルダをクリックします。
  2. [操作] メニューで、[別のコンピュータへ接続] をクリックします。
  3. ドメイン コントローラまたは DNS サーバーのコンピュータ名をクリックし、それらのイベント ログを表示します。
この方法で、ドメイン コントローラまたは DNS サーバーのイベント ログが取得できない場合、以下の手順に従います。
  1. 目的のイベント ログをクリックして、イベント ログを保存し、[操作] メニューの [ログ ファイルの名前を付けて保存] をクリックします。
  2. [ログ ファイルを開く] をクリックし、保存したファイルをクリックして、別のコンピュータ上のログをロードします。この操作では、ログ ファイルの種類を指定する必要があります。既存のあらゆるログの種類を選択することができますが、イベントの分類や説明がないか、または不明確です。
この手順は、Windows 2000 でのみ動作が確認されています。Windows NT 4.0 以前ではサポートされていません。以前のバージョンでは、新しいログの種類を認識しないため、この手順は以前のバージョンでは無効です。この現象を回避するためには、次のようにします。
  1. 表示しようとしているイベント ログ ファイルの独自のコピーを持ち、Windows 2000 ドメイン コントローラ、または DNS サーバーとして実行しているコンピュータ上のアクセス可能な共有に、イベント ログ ファイルを置きます。
  2. イベント ログ ファイルの表示に使用するコンピュータの [マイ コンピュータ] を右クリックし、[管理] をクリックします。
  3. [イベント ビューア] を右クリックし、[ログ ファイルを開く] をクリックします。
  4. [ログの種類] ボックスの該当するログの種類をクリックします。
  5. [ファイル名] ボックスに、汎用名前付け規則 (UNC) パス、または論理的に割り当てられたドライブのどちらかのフル パスを入力します。このパスには、読み取らせるファイル名を含む必要があります。

関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 235427(最終更新日 2000-04-19) をもとに作成したものです。

remote administration
プロパティ

文書番号:235427 - 最終更新日: 01/24/2014 11:18:42 - リビジョン: 3.0

  • Microsoft Windows 2000 Professional
  • Microsoft Windows 2000 Server
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • Microsoft Windows 2000 Datacenter Server
  • kbnosurvey kbarchive kbhowto kbenv kbnetwork KB235427
フィードバック