現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

VB でピボットテーブル Office Web コンポーネントを使用する方法

概要
この資料では、Visual Basic フォームの情報を表示するためにピボットテーブル Office Web コンポーネントを使用する方法について説明します。
詳細
Office Web コンポーネントは、Office データの表示を可能にするコントロールのセットです。Web コンポーネントはコントロールであるため、Visual Basic フォーム上に配置して、データ表示を自動化することができます。

オートメーション サンプル コードのビルド

  1. Visual Basic を起動して、新しい標準 EXE プロジェクトを作成します。デフォルトで Form1 が作成されます。
  2. [プロジェクト] メニューの [参照設定] をクリックし、[Microsoft ActiveX Data Objects 2.1 Library] への参照を追加して [OK] をクリックします。
  3. Ctrl + T キーを押して [コンポーネント] ダイアログ ボックスを表示します。Microsoft Office Web コンポーネントを追加して、[OK] をクリックします。

    : Office XP には、Office 2000 および Office XP の両方の Web コンポーネントが含まれています。Office 2003 Web コンポーネントを使用するには、Microsoft Office Web Components 11.0 ライブラリを追加します。Office 2000 Web コンポーネントを使用するには、Microsoft Office Web Components 9.0 ライブラリを追加します。Office XP Web コンポーネントを使用するには、Microsoft Office XP Web Components ライブラリを追加します。
  4. フォームにピボットテーブルを追加します。
  5. Form1 のコード ウィンドウに、次のコードを挿入します。
    Option ExplicitDim cnnConnection As ObjectPrivate Sub Form_Load()   Dim strProvider As String   Dim view As PivotView   Dim fsets As PivotFieldSets   Dim c As Object   Dim newtotal As PivotTotal      strProvider = "Microsoft.Jet.OLEDB.4.0"   ' Create an ADO object   Set cnnConnection = CreateObject("ADODB.Connection")   ' Set the provider and open the connection to the database   cnnConnection.Provider = strProvider   cnnConnection.Open "C:\pivottest.mdb"   ' Set the pivot table's connection string to the cnnConnection's connection string   PivotTable1.ConnectionString = cnnConnection.ConnectionString   ' SQL statement to get everything from table1   PivotTable1.CommandText = "Select * from テーブル1"      ' Get variables from the pivot table   Set view = PivotTable1.ActiveView   Set fsets = PivotTable1.ActiveView.FieldSets   Set c = PivotTable1.Constants      ' Add Category to the Row axis and Item to the Column axis   view.RowAxis.InsertFieldSet fsets("分類")   view.ColumnAxis.InsertFieldSet fsets("アイテム")      ' Add a new total - Sum of Price   Set newtotal = view.AddTotal("合計", view.FieldSets("単価").Fields(0), c.plFunctionSum)   view.DataAxis.InsertTotal newtotal   view.DataAxis.InsertFieldSet view.FieldSets("単価")         ' Set some visual properties   PivotTable1.DisplayExpandIndicator = False   PivotTable1.DisplayFieldList = False   PivotTable1.AllowDetails = FalseEnd SubPrivate Sub Form_Terminate()  ' Remove reference to the ADO object  Set cnnConnection = NothingEnd SubPrivate Sub PivotTable1_DblClick()   Dim sel As Object   Dim pivotagg As PivotAggregate   Dim sTotal As String   Dim sColName As String   Dim sRowName As String   Dim sMsg As String      ' Get the selection object you double-clicked on   Set sel = PivotTable1.Selection   ' If it is a aggregate, you can find information about it   If TypeName(sel) = "PivotAggregates" Then      ' Select the first item      Set pivotagg = sel.Item(0)      ' Display the value      MsgBox "The cell you double-clicked has a value of '" & pivotagg.Value & "'.", vbInformation, "Value of Cell"            ' Get variables from the cell      sTotal = pivotagg.Total.Caption      sColName = pivotagg.Cell.ColumnMember.Caption      sRowName = pivotagg.Cell.RowMember.Caption            ' Display the row and column name      sMsg = "The value is " & sTotal & " by " & sRowName & " by " & sColName      MsgBox sMsg, vbInformation, "Value Info"   End IfEnd Sub					
  6. 次に、Microsoft Access を使用してサンプル データベースを作成します。Access を起動し、[空のデータベース] をクリックします。c:\pivottest.mdb としてファイルを保存します。[デザイン ビューでテーブルを作成する] をダブルクリックし、次のデータを入力します。

    フィールド名データ型
    アイテムテキスト型
    分類テキスト型
    単価数値型
  7. ウィンドウを閉じて、変更をテーブル 1 として保存します。キーの作成に対して [いいえ] をクリックします。テーブル 1 をダブルクリックし、次のデータを入力します。

    アイテム分類単価
    ハードウェア5
    シャツ衣料品23
    ハンマーハードウェア16
    サンドイッチ食品5
    パンツ衣料品31
    飲み物食品2
  8. Access を閉じ、ファイルを保存します。
  9. F5 キーを押して、プロジェクトを実行します。実行後、ピボットテーブルが作成されます。データがあるセルをダブルクリックすると、そのセルの値と行および列の名前が表示されます。
関連情報
Office オートメーションの詳細については、以下の Microsoft Office Development サポート サイトを参照してください。
owc pivot table
プロパティ

文書番号:235542 - 最終更新日: 12/19/2005 07:56:00 - リビジョン: 3.3

Microsoft Office PivotTable Component 9.0, Microsoft Office Web コンポーネント, Microsoft Office Web コンポーネント

  • kbhowto kbweb kbautomation KB235542
フィードバック