現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Windows NT 4.0 SP6 で修正されるストレス関連の問題

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP235614
概要
Microsoft で行われる Windows NT 製品のテストには、オペレーティング システムに通常の限界以上の負荷をかける自動テストが含まれます。この資料に記載されているファイルは、Windows NT 4.0 Service Pack 6 で変更されるバイナリ ファイルのうち、このようなテスト ツールを使用しなければ確実には再現できない問題を含んでいたものです。これらの問題はユーザーの環境でも発生する場合がありますが、再現することは困難です。

Windows NT 4.0 Service Pack 6 では、次のバイナリ ファイルに、上記のようなタイプの問題に対する修正が含まれています。

Cdfs.sys
Fastfat.sys
Mup.sys
Netbt.sys
Ntfs.sys
Ntkrnlmp.exe
Ntoskrnl.exe
Nwlnkrip.sys
Oleaut32.dll
Ole32.dll
Rasauto.dll
Raspppen.dll
Rdr.sys
Tapi32.dll
Wamreg.dll
Win32k.sys
Winmsd.exe


関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 235614 (最終更新日 2000-10-21) をもとに作成したものです。

sp6
プロパティ

文書番号:235614 - 最終更新日: 03/23/2006 06:29:00 - リビジョン: 2.1

  • Microsoft Windows NT Server 4.0 Terminal Server
  • Microsoft Windows NT 4.0 Service Pack 6
  • Microsoft Windows NT Workstation 4.0 Developer Edition
  • Microsoft Windows NT 4.0 Service Pack 6
  • kbinfo kbbug kbfix kbhotfixserver KB235614
フィードバック